★★ブログ引っ越しいたしました★★ 移転先→ A little something to say from California

10ちゃん、病院へ行く
あれはたしか1月の半ばを過ぎたころだったと思うけど...
我が家の黒モル、10(テン)ちゃんの顔に、5ミリ×5ミリくらいのハゲがあるのに気づいた。

10ちゃんの毛は黒くても地肌は白っぽい。
その部分だけ毛が抜け落ちてしまっているようで、白っぽいハゲが目立つのである。
自分で引っ掻いちゃったのか? と最初は思ったので、とりあえず様子を見ることに。
以前、9(キュウ)ちゃんの鼻先に小さなハゲができたことがあって、それはすぐに治ったしね。

ところが、時間が経つにつれ、治るどころかハゲが大きくなってきてしまった...(焦)
ありゃりゃ、こりゃ自然に治るようなものじゃないみたいだし、病院に連れて行かなきゃだなあ。

というわけで、我が家のモルとしては初めての動物病院体験である。

f0027944_0415942.jpg


猫たちが過去にお世話になった動物病院はローカルなエリアに2軒ある。
しかし、どちらも俗にいうエキゾチック(ウサギやモルモットや鳥や爬虫類など、犬猫以外のペット)の専門ではない。メインはやっぱり犬猫のようである。

ネットで見つけた別の一軒に電話をしてみたものの、モルモットなども小動物も診るけれど
そういった生き物を頻繁に診るような動物病院ではない...と、これまた正直にいわれた。
(お金欲しさに『よく診ますよ』...と、ウソをつかれるよりはいいけど)


さらにネットで探していたところ、地元のモルモット保護シェルター(あるのよ、そういうのが)がサイト上で、モルモットを診てくれる病院というのをリストアップしているのを知った。
それほど遠くないところに一つある。
さっそく電話をしてみると、モルモットよく診ますよ~とのこと。ここに決まり!

f0027944_0475373.jpg


看板文字のところに『エキゾチック』ってあるのが見えるでしょ♪
こういう病院なら安心して10ちゃんを連れて行ける。^^v

f0027944_049817.jpg


さて...かくして10ちゃんの、初めての動物病院体験となるわけである。

顔のところ、目と鼻先の中間点に、ハゲがあるのが見えるでしょ~。
毛が抜けてしまった部分の皮膚は、なんだかボコボコしてて、フケっぽい感じ。

f0027944_0512083.jpg


動物病院の中は...院名にコテージとあるせいか、手作り+アットホームな雰囲気。
使ってないみたいだけど暖炉がある。
もともとは普通の民家だったのを動物病院にしたのかな?

f0027944_2524955.jpg


この猫ベッド、いいなー。欲しい♪ ^^

f0027944_253586.jpg


待合室には鳥かごが二つ吊り下げられていて、チチチチチと小鳥がさえずる声が聞こえてくる。
右手に見えるのがフロントデスクね。

f0027944_2563150.jpg


さて、診察室に呼ばれましたよ~。

f0027944_34487.jpg


「実際の治療が行われる前に、料金については遠慮なく聞いてください」との張り紙が。
f0027944_37134.jpg



小柄な女医さんは確かに小動物の扱いに慣れている風だった。
ハゲ部分を見て、ちょっとサンプル採って顕微鏡で見てみましょうとのこと。
10ちゃんは暴れたりはしなかったけど、私も体を両手で持って、10ちゃんが動かないようにする。
ほんのちょっとだけど、ハゲ部分の皮膚の表面をこそげとるようにしてサンプル採取。

ちょっと待っててねといわれたとおり待っていると、数分して先生が診察室に戻ってきた。

これはRingworm(皮膚糸状菌症)というカビ系の皮膚疾患だろうとのこと。
ただ、ダニの卵らしきものも見えたので、ダニ予防の薬もつけときましょう...と。
採ったサンプルは、まさかと思うけれどバクテリア系の疾患ではないことを確認するために
専門のラボにも送りますからね...といわれた。

f0027944_3374863.jpg


処方されたのはトロっとした液体の飲み薬。
針のない注射器で、一日一回規定の量を10ちゃんの口に流し込む。
モルモットに投薬したことがないので、やり方がどうもわからん...

イケメン看護師君に聞くと、じゃあ今日の分はここでやろうか...と実際にやってみてくれた。
こうして体を後ろから抱えて、あごを上げさせて、口の端っこから容器の先を差し込んで...
苦いとか不味いとかいうものでもないのか、流し込まれた少量の薬は問題なく飲んでくれた10ちゃん。

f0027944_51671.jpg


この日、初診料の44ドルに皮膚疾患の薬、そしてダニよけの薬で、合計160ドルかかった。


さて、おとなしい性質もあってか、翌日からも投薬が楽勝だった10ちゃん。
経過はというと...

最初の3日間くらいはあまり変化が見られなかった。
もらった薬、効いてるハズだよねえ?
f0027944_349434.jpg


でも、4日目くらいから、ん? ちょっとハゲが小さくなってきた?という感じに。
その部分の皮膚がカサカサ、バリバリしてたのも消えてきたかなー。

初めて病院に行った日から1週間後に再診。
少しだけど、ハゲ部分にポヤポヤと毛が生えてきたかな?
あら~だいぶ治ってきたわね♪ その調子~♪と先生にいわれる。^^v
f0027944_3501491.jpg

投薬開始から11日。
ハゲはかなり目立たなくなってきた♪
あと少しだ、ガンバレ、10ちゃん! 
f0027944_421745.jpg

前から見るとほとんどわからないくらいにまで治った。
この日は3度目の通院。
ほぼ治ってるわね、このまま薬は空っぽになるまで与えちゃってね。
来週はもう来なくていいわ。
もう大丈夫だろうけど、もしまた悪くなったりしたらそのときにいらっしゃい♪ といわれる。
f0027944_4165987.jpg

投薬開始から2週間と2日。
もう毛をかき分けないと、そこにハゲがあったとはわからない。
気のせいか、10ちゃんものんびりした雰囲気♪ 
f0027944_418394.jpg


イケメンに戻ってよかったね~、10ちゃん♪ ^^
薬は最初にもらったのが、まだ4分の1くらい残ってるから、最後まで与えるけどね。
f0027944_420441.jpg


結局3回通院したんだけど...
なんと2度目と3度目の診療は無料だったのである。
経過を見たかっただけだからタダね~♪といわれてこっちがびっくり。

動物病院といえば、ぼったくり?とも思えるほどの診療費を要求されたこともこれまでにあったし
やはり世間一般での動物病院のイメージといえば、「お金がかかる」なのではないか。

可愛いペットの具合が悪くなったときに動物病院に連れて行くのは今では普通のことだし
お金がかかってもそれは仕方がない...と考えるのが一般的な飼い主であろう。
だからこそ、こうして「経過を見るだけなので無料」といわれると、軽く感動してしまう。
そこには、ペットを心配する飼い主から取れるだけ取ってやろうという黒い気持ちは皆無だからだ。

ここは鳥や小動物、爬虫類まで診ているということで、そういった患畜は実際多いらしかった。
初めてここを訪れた日、診察を終えてフロントデスクの前でお金を払おうと待っていたとき
受付の女の子は、ちょっと待ってね...と私に目配せして、かかってきた電話の応対をしていた。

電話をしてきたのはハツカネズミの飼い主で、湿疹ができたので診て欲しいらしかった。
受付の女の子は、マウスなのね? 性別は? 名前はなんていうの?と聞いている。

f0027944_583627.jpg


ペットのハツカネズミを可愛がっている人には大変恐縮であるが
世間ではやっぱり「たかがネズミ」と考える人も少なくないのだろうと、正直いって思う。
(まあモルモットだって、興味のない人には「デカいネズミ」なのであろうが...)
けれど、こうしてその小さい命にお金をかけて、病気を治してやろうとする飼い主がいる。
上手くいえないのだけれど、ちょっと、じーんとしてしまうではないか、そういうのって。


10ちゃんの3度目の診察日では、急患ということでセキセイインコを連れた女性がいた。
その日の最初の診察が10ちゃんのハズだったんだけど...ま、急患なら仕方ない。

待合室で一緒に待っている間に言葉を交わしたインコの飼い主の女性がいうには
前の晩、なんと救急動物病院に駆け込んだのだそう。
可愛い鳥かごの中には、頭を後ろに向け、くちばしの先を肩あたりの羽毛の中に入れたまま
じっと目を瞑って止まり木に止まったままの、キレイな水色のセキセイインコがいる。

「ブルーベリーっていう名前なのよ。私のベイビーなの」女性はいう。
「今までこんな風に寝ることはなかったの。食欲もないし、もう心配で心配で...」と目を潤ませる。
駆け込んだ先の救急動物病院から、ここのクリニックを紹介され、朝一でやってきたのだという。


待合室に吊るされた鳥かごの中の小鳥たちは、今日も元気にピピピピとさえずっているのに
ブルーベリーちゃんはやっぱり目を瞑ったままじっと動かない。








救急動物病院って、高いんだよね...

そこはおそらく、以前J母が飼い猫のトリッピーを連れて駆け込んだところと同じだと思うのだが
尿道結石症でオシッコがまったくでなくなってしまったトリッピー君の
そのときの救急診療費+治療費は、日本円にして10万円ほどだったと聞いた。
もちろん私は、インコのブルーベリー君にいくらかかったのかなんて聞かなかったけれど
やっぱり高かったんだろうなあ...と思わざるを得なかった。

ブルーベリー君、早くよくなって人間のママを安心させてあげてね...

f0027944_5325246.jpg


ところで、10ちゃんの皮膚疾患は、免疫力が低いときなどに発症しやすいと聞いた。
免疫力の低下って、なんでまたそんなことに??

先生に聞くと、環境の変化からストレスがたまり、免疫力の低下が見られることもあるという。
これまでの患畜モルモットの例だと...隣家の犬がワンワンワンワン吠え続けたせいとか
飼い主が新たなペットとしてラットを飼い出し、そのラットが回し車を一晩中回していたのがストレスの原因になったケースもあったとか。

10ちゃんのハゲが出来るちょっと前に環境変化なんてあったかなあ...???

...

...

...

...ひょっとして...



オマエか?!

f0027944_525247.jpg


無口で滅多に鳴かないタイプの10ちゃんと違い、新顔しーちゃんは連日絶叫型である。
今は少し落ち着いてきたものの、我が家にやってきたばかりの頃はびっくりするようなキンキン声だった。
しかも、人一倍、もとい、モル一倍ピーピーピーピーと大騒ぎしていたのである。

10ちゃんに「ストレスの原因はあのチビですかい?」と聞けないので
しーちゃんが原因かどうかは確定できないけどね...^^;


ま、何はともあれ10ちゃんがよくなってくれてホントによかった。
いい動物病院にめぐり合えてホントによかった。

やっぱり、みんな健康なのが一番だもんね♪
f0027944_6114011.jpg



今回10ちゃんがお世話になった動物病院はこちらAll Creatures Care Cottage
1912 Harbor Boulevard Costa Mesa, CA 92627
(949) 642-7151
⇒Map
⇒HP:http://www.allcreaturescarecottage.com/
魚や爬虫類なども含むエキゾチックアニマルを診療し続けて30年。
獣医さんも看護師さんらも、親身になってケアしてくれ、とってもいい人達でした。
受付の女の子に、これまでにやってきたペットの中で一番珍しいと思った生き物は?
と聞いてみたところ「Sugarglider(フクロモモンガ)かな~」だって!
エキゾチックだけではなく、もちろん犬猫も診てくれます。







ポチありがとでしゅ♪
頑張って毎日お薬飲んだ10ちゃんにポチっと応援ありがとう♥










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-02-27 07:18 | モルモット

<< お持ち帰り専用、ミニ・猫カレン... | ページトップ | ユキヒョウ若夫婦 >>

Copyright © 2005-2010 A little something to say from California. all rights reserved.
Any use of these images on this site without permission is STRICTLY PROHIBITED.
当ブログ記事内の写真及びにイラスト(配布しているアイコンは除く)の無断複写・転載は固く禁じます。



Happy Shooting!
by mari_CA
By: TwitterButtons.com

★ごあいさつ★

 

どれか一つ↑
ポチっと応援
ありがとうございます♪


「白背景+トップ画像」だけの、シンプルなオトナ向けスキンばかりです。初心者にも簡単にできる詳しい解説つき!
エキブロスキン配布中♪

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★NEWS...kinda★
★PROFILE★
★Rest in Peace★
★More to check out★
★猫アイコン製作★
Memo and such...

Click for Orange, California Forecast

無料カウンター





California Time

最新の記事
★★ブログ引っ越しのお知らせ★★
at 2012-05-13 04:18
はだかんぼ
at 2012-01-23 15:49
死の谷の奥でひっそりと動く岩
at 2012-01-07 14:56
八割れ仔ハム
at 2011-12-26 15:40
アリクイ・ベイビー...?
at 2011-10-26 16:58
モルショー初体験!
at 2011-10-14 16:47
お持ち帰り専用、ミニ・猫カレ..
at 2011-10-08 15:05
カテゴリ
全体
動物


海獣
大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
Nature
お持ち帰り用カレンダー
ART
アメリカ人って...
ライフスタイル
日常
異国文化
グルメ的 in California
小旅行
ちょっとびっくりな話
ねこマンガ
猫動画
Hamster
モルモット
Viva! めりけんらいふ
アタシ様倶楽部
Grave Hunting
家族がらみ
音楽がらみ
San Diego
仕事
Breaking News
その他
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
★猫LINKS★
★写真&MISC. LINKS★
★SKIN編集LINKS★
★Font Links★
★会員登録しています★

おサカナさん♪