★★ブログ引っ越しいたしました★★ 移転先→ A little something to say from California

9-11
今日はあのNYのテロ事件からちょうど5年目にあたるということで、朝からTVやラジオで追悼の意を表した構成が多くみられた。

あれから5年も経つのかあ...

世界貿易センタービルに飛行機が突っ込んだあの日、私は仕事を休んで10日間ほどのバカンスに入ったばかりだった。 ちょうど日本から母親が一人でこちらに遊びに来ていて、サンディエゴから車で4時間半ほどのサンタバーバラという小奇麗な街に泊りがけで出かける予定になっていたのだ。

赤い屋根と白い壁の家々が続く、まるでヨーロッパのようなサンタバーバラ
f0027944_1436429.jpg

前夜に用意してあった荷物を車に積み込み、エンジンをかけ、さあ出発しましょうか...とFMラジオのスイッチを入れた瞬間、流れてくるはずの明るい音楽の代わりに、切羽詰った様子で臨時ニュースを伝える男の声が聞こえてきた。

「お母さん、なんか飛行機が落ちたとか言ってる」
「え~なにそれ、自分が飛行機に乗る予定があるときにそんなのやだ~」

車を発車させるのはちょっと待って、とりあえずニュースに耳を傾けてみる。
どうやら単なる飛行機墜落事故ではないらしい。

「...ニューヨークの世界貿易センタービル? あれに飛行機が突っ込んだって...テロの仕業だって言ってる...」
「...え?!」

この時点では、まだ最初の一機が激突しただけだった。

予定通り小旅行を決行していいものかと母親と一緒に悩んだのだが、NYなら遠いし...という安易な考えでそのままサンタバーバラに向かうことにした。

何十局もあるすべてのラジオ局がこのテロ事件の臨時ニュースを流していたので、それを聞きながら不安に思いつつも車を走らせる。

しかしやがて二機目が墜落、そしてペンタゴンにも墜落...
フリーウェイで「LAX空港閉鎖」との表示を見たのは、私がアメリカに住むようになって初めてのことだった。 道は思ったよりも混んでいる。 誰もが家に閉じこもってTVの臨時ニュース番組を見続けているのではないらしい。

4時間半後、サンタバーバラのホテルに到着。
部屋にチェックインしてから、ようやく事故の映像をTVで見ることができた。

「うわっ...何これ?!?!?!」
「...映画のワンシーンみたい...ちょっとこれホントに怖いよ...」
「世界貿易センタービルって日本の企業も入ってるよね?」
「これじゃ助からないよ...だってあっという間に崩れちゃったんだもの...逃げる時間なんてないじゃん」

普段はおそらく観光客や地元の人で賑わっているであろう、サンタバーバラのメインの通りも、この日ばかりは閉まっている店がほとんどだ。
母親が一人でこっちに来ていたので、日本にいる家族や親戚が心配しているのでは?とも思ったのだが、とりあえずサンディエゴに戻ってから連絡することにする。

翌日日帰りで行った「小デンマーク」のソルバングは、テロのニュースによる影響もそれほどなかったように思えた。 観光客もいたし、店もやっている。 可愛い建物が印象的な、山の中の小さな小さな街で、そのあまりののどかさに、NYでテロがあったことなど信じられない気分だ。
おとぎ話に出てきそうな街並みのソルバング
f0027944_14383022.jpg

無事にサンディエゴに着き、日本の父に電話を入れて、テロの影響は飛行機が飛ばないことだけだと伝える。案の定、母親がこちらに来ていることを知っている親戚や母の友人たちから、心配する電話がかかってきていたそうだ。

飛行機が飛ばないため、結局母はその後2週間も私のところに滞在を続けることになった。
テロがあった当日、そしてその後2~3日は緊迫した空気が漂うアメリカではあったが、人々はゆっくりではあるが落ち着きを取り戻し始め、なんとか普段の生活を再び始めたようだった。とはいえ、国民全体がショック状態にあったことはどうしたって隠せない事実だろう。

母は2週間後無事に帰国したが、その後しばらくは「もう海外はこりごり」と言っていた。
まあその5年後にまたこっちに遊びに来てくれたので、プチ・トラウマとでも呼ぶべき経験は、なんとか克服したのだろう。

それにしてもあの時、例えば母の旅行の日程がほんの少しずれていて、しかも二人でサンタバーバラではなくNY旅行を計画・実行していたら...と思うと今更ながら恐ろしい。 サンタバーバラにしたのは、サンディエゴから近くだったことと、あの時は父親が一緒に来なかったので、遠出は両親が二人揃って来たときにすればいいか、と考えたからだけなのだ。

あれからもう5年が過ぎたとは信じがたい気持ちである。
車のシートに腰を下ろしたまま、発車するでもなく呆然とテロのニュースを聞いていた時の気持ちは、まるでつい数ヶ月前のことのようにはっきりと覚えている。

一年前に仕事で行ったNYは、テロの爪あとなどまるでないかのように人で溢れていた。
仕事で忙しく、グラウンド・ゼロなど見ることなど出来なかったが、見なくてよかったのかもしれない。

本当に本当にもう、あんな酷い事件は起こって欲しくない...5年目を迎えた今日、心からそう願う。
f0027944_15292871.jpg

新宿にしか見えなかったマンハッタン。でも新宿よりも汚いよ、きっと

[PR]
Top▲ | by mari_CA | 2006-09-11 23:56 | その他

<< $34のステージ衣装 | ページトップ | Primal Twang: T... >>

Copyright © 2005-2010 A little something to say from California. all rights reserved.
Any use of these images on this site without permission is STRICTLY PROHIBITED.
当ブログ記事内の写真及びにイラスト(配布しているアイコンは除く)の無断複写・転載は固く禁じます。



Happy Shooting!
by mari_CA
By: TwitterButtons.com

★ごあいさつ★

 

どれか一つ↑
ポチっと応援
ありがとうございます♪


「白背景+トップ画像」だけの、シンプルなオトナ向けスキンばかりです。初心者にも簡単にできる詳しい解説つき!
エキブロスキン配布中♪

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
★NEWS...kinda★
★PROFILE★
★Rest in Peace★
★More to check out★
★猫アイコン製作★
Memo and such...

Click for Orange, California Forecast

無料カウンター





California Time

最新の記事
★★ブログ引っ越しのお知らせ★★
at 2012-05-13 04:18
はだかんぼ
at 2012-01-23 15:49
死の谷の奥でひっそりと動く岩
at 2012-01-07 14:56
八割れ仔ハム
at 2011-12-26 15:40
アリクイ・ベイビー...?
at 2011-10-26 16:58
モルショー初体験!
at 2011-10-14 16:47
お持ち帰り専用、ミニ・猫カレ..
at 2011-10-08 15:05
カテゴリ
全体
動物


海獣
大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
Nature
お持ち帰り用カレンダー
ART
アメリカ人って...
ライフスタイル
日常
異国文化
グルメ的 in California
小旅行
ちょっとびっくりな話
ねこマンガ
猫動画
Hamster
モルモット
Viva! めりけんらいふ
アタシ様倶楽部
Grave Hunting
家族がらみ
音楽がらみ
San Diego
仕事
Breaking News
その他
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
★猫LINKS★
★写真&MISC. LINKS★
★SKIN編集LINKS★
★Font Links★
★会員登録しています★

おサカナさん♪