★★ブログ引っ越しいたしました★★ 移転先→ A little something to say from California

2009年 09月 05日 ( 1 )
Top▲ |
おねだりアシカの眉毛太郎
可愛い女の子が、「わ~お!」と覗き込んでいる光景は
f0027944_172178.jpg


こんな感じ。

f0027944_182997.jpg


ここ、Avila Beachの桟橋の下は、見事にアシカたちに占拠されてる。

f0027944_110843.jpg


押し合い、へし合い...もう「アシカ団子」状態なのね。(笑)

f0027944_1144693.jpg


野生のアシカが見られることで有名なのは、サンフランシスコの桟橋だけど、
ここはかなり近距離で見られるので、隠れ「アシカ見物にオイシイ場所」だと私たちは思っている。 ^^

f0027944_1164460.jpg


↑で女の子が覗き込んでいるような場所には、一応警告看板が出ていることは出ている。

でも、ゲートに鍵がかかってるわけでもないし...要するに、自己責任で見物しなさいよってことなのね。
f0027944_1112862.jpg

階段部分までアシカがやってこれないようになってるところもあったので、
そんなところでちょっぴりドキドキしながら撮ってみた、
アシカとネズミ男...じゃなくて、アシカとJのツーショット。

f0027944_1185022.jpg


ゾウアザラシほどには巨大ではないものの、やっぱりアシカもデカイよ~。
カリフォルニアアシカの場合、オスは体長2.4メートルにもなるっていうからね。

f0027944_1222451.jpg


上から撮ってみた。この鉄製の足場みたいなのがいきなり壊れたりしたら...
うっひゃ~、アシカオヤジの真上にボテっと落っこちちゃうわけね...と想像したりして。
f0027944_1233631.jpg


アシカというのは、野生でも飼育下にある個体でも、そりゃもう人懐っこい。

ここも、釣り人からの魚のおすそ分けを待っているらしいアシカが多くて...

ひょいと桟橋の縁から海を覗き込んでみると、「お?」と思ったらしいアシカ君と目があった。

ハ~イ♪ と手を振ると、まだ若いらしいこのアシカ君、タイヤをつなげた浮きに飛び乗ってきたよ。^^

f0027944_1252161.jpg


ほら、犬にオヤツを見せて、「オヤツ欲しいかな~?」とかやると、
欲しくて欲しくて、ワンコってば体を軽く揺らして、ウズウズし出すでしょ。

あれと同じような仕草を見せるのよ、こういう場所にいるアシカっていうは。
別に私は魚なんて持ってなかったんだけどね。^^


それにしても...きゃ~ん、可愛い~♪ と思って写真撮ってたんだけど、
こうしてPCにアップしてよく見ると、顔自体は結構微妙かも...(笑)

しかも眉毛のような模様が入ってるぞ、こいつ。^^
「眉毛太郎」とか名前つけたくなっちゃう...うはは。
f0027944_1294297.jpg


英語でアシカはSea Lion。
Sea(海)のLion(ライオン)なんだよね~。

どうしてライオンなの?鳴き声が大きいから?(でも別にライオンって大声ではないけど)と思ったら
成獣のオスは首の周りにやや長めの毛が生え、たてがみのように見えるから、という説を知った。
でも、私もJも、そんなことになってるオスのアシカなんて見たことないよ...
カリフォルニアアシカでは、そうはならないんだろうか?
⇒鳴き声はこちらで聞いてね。^^



その性格から、どっちかっていうと「Sea Dog(海の犬)」とか呼びたくなっちゃうけどね。^^
野生のアシカのくせに、釣り人に向かってアオアオ鳴きながら、魚をねだってるんだもん。


日本語の「アシカ」の語源は、いったい何なのだ?というと...いくつか説があるらしい。


・「アシカ」の語源は「葦鹿」で「葦(アシ)の生えているところにいる鹿」からという説。

・「海に住む鹿」、つまり「海鹿(アマシカ)」が転じて、「アシカ」となった」という説。
(この説を唱える人たちは、アシカという生き物は葦の群生している場所で生きるような動物ではないため、「葦の生えているところにいる鹿」というのはおかしいと主張)

どちらの説も、アシカのシカが鹿というのは、頭部が(トナカイを除く)鹿のメスと似ているため...だという。


ちなみに漢字で書くと「海驢」になるのだけれど、これはなんと「海の驢馬(ロバ)」なんだそう。^^;


鹿とかロバとか...うーん、似てる...のかなあ???

f0027944_13143220.jpg


また、昔は「うみうそ(海獺)(うみおそ)」「みち」「うみかぶろ」などとも呼ばれたという。
うそ」っていうのは、「かわうそ(川獺)」の「うそ」だよね。

でも「うみうそ」となると、「ラッコ」のことだとも聞くし...
なんとなくわかるような気もするけど、イマイチはっきりわからないような気もする。
なんていうか、きちんと定義づけられるほどに詳しく知られてなかったのかも。

みち」というのは、

「古事記の天孫降臨の件に、トヨタマビメ(豊玉毘売=海の神ワタツミの娘)の家にホヲリ(山幸彦)が訪れ、アシカの皮の敷物を敷かれて饗応を受けたとある。
 「口語訳 古事記 神代篇」(文春文庫)の中で、訳者の三浦佑之さんは、原文の表記は「美知皮」であり、日本書紀には「海驢(あしか)」とあって「ミチ」と訓注が付けられている。近世までは日本近海に生息していたという。毛皮として珍重されたという。」

(⇒古代史エッセイ「道君はアシカの君?」 から引用させていただきました)

ふーん、そうなんだ~。


では、「うみかぶろ」とは?

漢字で書くと「海禿」。
つまり、「海にいる禿」の意、なんだそう。

え?禿?ハゲ???

...

...

わはは、なんだかそれってよくわかる~♪ ^^

だって私、以前、ヨットハーバーで、いきなり海中からモワ~ンと浮いてきたアシカを、
色黒のハゲオヤジが泳いで来たのかと思って、一瞬ギョッとしたことがあるんだもん!

f0027944_13304858.jpg


それにしても、実は古い時代より日本人に馴染みが深かったのか?と思わせる複数の呼び名。

それもそのはず、日本にもかつてはニホンアシカと呼ばれるアシカがいたのである。
1900年ごろまでは、相模湾や東京湾でも姿が見られたというこのニホンアシカ、
残念なことに、現在では絶滅したと考えられている。

絶滅の原因は「魚を捕食するために駆除されたことと、皮と脂をとるために乱獲されたため」らしい。

確かに漁業への被害は深刻なものだったのだろうし、駆除も理解できなくもないけれど...
1975年に確認されたのを最後に、すでに姿を見ることがなくなってしまったと聞くと、
海獣ファンとしてはやっぱりちょっぴり残念かな~。

もしニホンアシカが絶滅してなかったとしたら...今でも東京近県の沿岸部で、
「野生のアシカ見物」ツアーなんてものもあったのかもしれないのに...ねえ?




Thank you for voting!
ハゲオヤジ風だけど可愛い眉毛太郎にポチっと応援ありがとう♥



★撮影場所★
Avila Beach
San Luis Obispo, CA
⇒Map
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-09-05 14:26 | 海獣

| ページトップ |

Copyright © 2005-2010 A little something to say from California. all rights reserved.
Any use of these images on this site without permission is STRICTLY PROHIBITED.
当ブログ記事内の写真及びにイラスト(配布しているアイコンは除く)の無断複写・転載は固く禁じます。



Happy Shooting!
by mari_CA
By: TwitterButtons.com

★ごあいさつ★

 

どれか一つ↑
ポチっと応援
ありがとうございます♪


「白背景+トップ画像」だけの、シンプルなオトナ向けスキンばかりです。初心者にも簡単にできる詳しい解説つき!
エキブロスキン配布中♪

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
★NEWS...kinda★
★PROFILE★
★Rest in Peace★
★More to check out★
★猫アイコン製作★
Memo and such...

Click for Orange, California Forecast

無料カウンター





California Time

最新の記事
★★ブログ引っ越しのお知らせ★★
at 2012-05-13 04:18
はだかんぼ
at 2012-01-23 15:49
死の谷の奥でひっそりと動く岩
at 2012-01-07 14:56
八割れ仔ハム
at 2011-12-26 15:40
アリクイ・ベイビー...?
at 2011-10-26 16:58
モルショー初体験!
at 2011-10-14 16:47
お持ち帰り専用、ミニ・猫カレ..
at 2011-10-08 15:05
カテゴリ
全体
動物


海獣
大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
Nature
お持ち帰り用カレンダー
ART
アメリカ人って...
ライフスタイル
日常
異国文化
グルメ的 in California
小旅行
ちょっとびっくりな話
ねこマンガ
猫動画
Hamster
モルモット
Viva! めりけんらいふ
アタシ様倶楽部
Grave Hunting
家族がらみ
音楽がらみ
San Diego
仕事
Breaking News
その他
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
★猫LINKS★
★写真&MISC. LINKS★
★SKIN編集LINKS★
★Font Links★
★会員登録しています★

おサカナさん♪