★★ブログ引っ越しいたしました★★ 移転先→ A little something to say from California

カテゴリ:日常( 45 )
Top▲ |
頑張る動物好きさんへ、頑張る待ち受け画像
ツイッターのほうでパラパラと出していたのですが、こちらにも載せます。

ガンバル動物好きのみなさんのための、携帯の待ち受けに使えるサイズの画像です。
ご自由にお持ち帰りください。

※随時新作を付け加えていきます。

「お持ち帰りの方法」
ウィンドウズ:
1.画像の上にカーソルをおき、
2.画像の上で右クリックするとポップアップメニューが表示されるので、
3.そこから「名前をつけて画像を保存」を選択し、任意の場所に保存。

Mac:
1.画像の上にカーソルをおき、
2.マウスボタンを押したままにするとポップアップメニューが表示されるので、
3.そこから「画像をディスクにダウンロード」を選択し、任意の場所に保存。



f0027944_16532636.jpgf0027944_1653436.jpg


f0027944_1654245.jpgf0027944_1655571.jpg


f0027944_16555164.jpgf0027944_1659598.jpg


f0027944_16571296.jpgf0027944_16575041.jpg


f0027944_1835544.jpgf0027944_1841257.jpg


f0027944_915739.jpgf0027944_922274.jpg


f0027944_4411076.jpgf0027944_4413168.jpg




みんな、諦めずにガンバろう!!!!
メンタルにヤバい感じになってきちゃったら、心の中で「負けるもんかー!!!!」って叫んじゃえ!
あ、実際に声に出して叫べる環境にいる人は、大声でホントに叫んじゃえ! ^^



[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-03-17 17:06 | 日常
イブのひとりごと
これを書いているのはクリスマスイブの夜...
とはいってみたものの、何も特別なことはナシ...である。^^;

少し前からJ母が訪れていて、私がこうしてブログを更新中、彼らはJ叔父の家に行っている。

日本と違ってロマンチックのロの字もなく、クリスマスは家族で過ごす日なので
クリスマスイブとクリスマス当日は、こうして家族で集まってプレゼント交換したりする家庭がほとんど。

f0027944_1314212.jpg


私は...Jの家族に誘われるのだが、こういった彼らの集まりに参加することは滅多にない。
Jの家族や親戚とは面識はあるものの、長い時間彼らと接することは私の望むところではない。
(私たちは事実婚なので私は法的にJの妻ではない)

ましてやクリスマスである。
ちょっと立ち寄ってすぐに帰る...というわけにはいかないだろう。
下手すれば深夜までワイワイガヤガヤ(死語)と親族内の団欒を楽しむかもしれない。

若い頃の私は...
特に結婚していた頃、20代の私は、こういった夫家族の集まりには嫌々でも参加していたように思う。

歳を重ねて図々しくなったのか、態度が大きくなったのか
最近では自分を殺してまで無理矢理参加するなどということはしなくなった。
彼らとは共通の話題もないし、はっきりいってつまんないんだもん。

ここんとこ仕事が超多忙で、ブログの更新もあまりできないくらいだったんだから
仕事納めをした日の夜くらい、自分の家で自分の好きなモノに囲まれて、まったりしていたいの。
やっとゆっくりできるんだから、猫やモルたちとイチャイチャしていたいの。

f0027944_1340698.jpg


それに加えて...Jにはいわないけれど、このJ叔父の家というのはいわゆる汚宅ではないものの
家全体が散らかっていて、薄汚れていてホコリっぽく、正直いって私は嫌いなのである。

ソファの上に、もうずっと洗っていないような古ぼけた毛布(のようなもの)がかけられていたり
部屋の隅に積み重ねられた数か月分の新聞やチラシが崩れてきていたり
ダイニングテーブルの上に数週間分の郵便物やら何やらがグチャグチャに散らばっていたり...

一応自分なりにインテリアに懲り、ペットがいる家は汚いといわれたくないということもあり
マメに掃除をしている(と思っている)私は、そういう汚れた家に長居するのはイヤなのだ。
(Jの親族らは気にしてないよう。とはいえ私自身は決して潔癖症ではない)

だから、仕事で疲れてるから...などと適当な言い訳をして、私は参加しない。^^;



面と向かっていわれたことはないものの、「非社交的」な人間だと思われているに違いない。



でも別にいいの。

私がやりたいこと以外はやらない。
それだけ、だ。

他人にどう思われようと気にならない。
そんな私をJがどうしても不満に思うなら、いつだって別れてあげるわよ。(←強気)

f0027944_1342711.jpg


J母と一つ屋根の下でしばらく暮らすことに関しては、特に大きな問題はない。

彼女のことは以前にも書いたが、アメリカ人としては非常に小心者で控え目な初老の女性であり
一般的な「イジワルな姑」とは正反対なキャラクターであるといっていい。
怖がりで、気を遣いすぎるほど遣い、繊細で、一人では何もできないような人。



私の周囲にいる人たちを「好き」と「嫌い」に分けた場合
J母は「好き」に分類されるのは間違いない。



けれど、自分の城の中に普段はいない誰かが寝泊りしているというのは、私にとって非日常である。

だから、ちょっとばかり疲れる。
ま、それは当たり前だよね。

それに...これはおそらく私がイジメっ子体質なのだろうと思うのだけど
「一人では何もできないタイプ」のJ母を見ていると、実はイライラすることがたまにある。

f0027944_1465656.jpg


私自身の実母は、どんなことがあっても図太く生き延びるようなタイプである。
いい意味でも悪い意味でも自我が強く、強気でたくましい、女王様タイプ。

そんな母親を見て育ったせいか、私もかなり強気なヤツで
だからこそ、「私って何にもできないの」とケロっとしていうJ母を見ていると
「そんな弱気でこの世界で生き延びられると思っとんのか!!」と活を入れたくなってくる。

彼女の子供たち(特にJ)は、そんなかよわい母親にずっとアレコレを手も足も出し続け
おかげで彼女はいつまでたっても「私って何もできないの」の殻から抜けだすことがない。

いい人であるゆえ、若干攻撃的かもしれない性格の私もそんな彼女の手助けをすることもあるが
私の母親だったらここまであれこれ世話を焼かなくても大丈夫だろうに...と思うことが少なくない。

f0027944_1413773.jpg


まあ、一年に一度、多くて二度やってくるくらいだからいいけどね。^^;

それに私は前もってJにいってある。
あなたの家族と行動をともにすることはあるだろうけど
私が他にやりたいことや行きたい場所があったときは、そちらを優先する...と。

Jはそんな私のやり方に100%満足ではないかもしれない。
けれど、私がそうしたいのだから、そうするのであり、パートナーとはいえ私を束縛できないのである。




なんて、2010年、クリスマスイブの独り言...^^




アメリカのクリスマスって、家族で過ごす日なんだけれど
いろいろと面倒くさいんだよね~、ホント。(笑)

ああ、日本の年末年始もそうなのかも。
夫の実家に「行かなくちゃならない」奥様方って多いはず。

大変なんだろうな~...

f0027944_14175674.jpg



9(キュウ)ちゃんのサンタコスプレ、似合うでしょ~~♪
色白で小デブだから、サンタっぽいことこの上なしだし♪





Thank you for voting!
↑9ちゃん、アンタ、似合いすぎや...と笑っちゃったらポチっと応援ありがとう♥

















..... Ads by Excite .....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-12-25 15:15 | 日常
猫と海獣とシーフード
週末にサンディエゴに遊びに行ったときのこと。

よく行くシーフードレストラン(というよりチープなカフェ)で昼ゴハン♪ ヽ(*´∀`*)ノ

日本と違って「とても美味しい魚が良心的な値段で食べられる店」が少ないので
こういう穴場的なところを見つけると、しつこく何度も何度も通うのである。(笑)
f0027944_13565616.jpg


お腹いっぱいになったあとは、腹ごなしに近くをウロウロ...

f0027944_13421743.jpg


こういうところにつないであるヨット?セールボート?って、個人の持ち物だよねえ?
そんなお高いモノには縁がないのでよくわかんないけど。

まあ、車なんかよりもずっと高いんだろうな~というのは私にも想像がつく。
それに、維持費なんかも加えたら、かなりお高い趣味になるんだろうと思うわ。

世の中にはそれなりのお金持ちが結構いるのね~...なんて、貧乏人的意見を持ったりして。^^;

f0027944_144295.jpg


以前の会社の上司がセールボートの所有者だったっけ。
外国で開催されるセールボートの競技にも参化するほどの人だった。

そんなに高い給料貰ってんの?と思っていたら、実はかなりのお坊っちゃんらしいことが判明。
やっぱりこういう趣味はお金がないとダメなんだろうな~。

ま、私には無縁の世界だけどね。(笑)

f0027944_14101841.jpg


ヨットハーバーにはこんなサビサビの船もあった。
周囲に停めてあるのは、磨かれてピカピカの船ばかりだというのに。

これはいったい何?? 船に詳しい人がいたら教えてくださいませ。

f0027944_1411141.jpg


レストランのすぐ前がこのようなヨットハーバーになっているわけ。

そういえば以前、レストランの店員が魚の切れ端をポーンと海に投げているのを見たことがあった。
何してるの?と思ったら、なんと野生のアシカがそれを見事にキャッチ。^^;

一応野生動物なので、給餌に対しては賛否両論あるだろうけど
釣った魚の残りを海鳥や海獣に与えるなんてことは、大昔から行われていたことなんだろうなあ。

この日はそんな光景を見ることはなかったけれど、おそらくいつも残り物を貰っているらしい一頭が
レストランのすぐ前の海の中をウロウロしてる。(笑)

「ママ! 見て見て! あそこ!」

可愛い男の子が指差す先にいるアシカくんが見える? ^^

f0027944_14185626.jpg


海辺で見かけたのは海獣だけではないよ♪





のんびりまったりしている猫さんも発見~。^^

f0027944_14245757.jpg


野良猫? いや、毛並みもキレイだからお散歩中の飼い猫さんかな。

f0027944_1425507.jpg


外出先で猫を見かけると、どうしてもカメラを向けちゃうんだよね~。

f0027944_1427146.jpg


「変なかあちゃん。猫なんて自分のうちにたくさんいるのに」

ティーニーはきっとそう思ってるに違いない... ^^;

f0027944_14284751.jpg







Thank you for voting!
好きなモノを見るとカメラを向けちゃうのは普通!と思ったらポチっと応援ありがとう♥








★記事に登場したSan Diegoの美味しくてチープなシーフードレストラン★
Point Loma Seafood
2805 Emerson St.
San Diego, CA 92106
http://www.pointlomaseafoods.com/
海の近くにシーフードレストランは数多くあるけれど...
料金ばかり高くて味は普通かそれ以下のところばかり。
ここはファストフード的な小さな店だけど、味は抜群♪











.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-10-09 15:31 | 日常
海際散歩と鳥オジさん
海のない埼玉県で生まれ育ったこともあって、いまだに海を見ると興奮してしまう私。^^;

今住んでいるところは、車で20分くらいで海なんだけど
それでも、実際に海を見ることって実はそんなに頻繁にはないかも。

だって、朝は仕事に行かなきゃならないし、帰宅すると、おなかが減って疲れてるだけ。
週末も、さあ、海に行こう!と気合い入れないと、実際に海を見ることは少ないんだよね。

少し前の日曜日、海のそばのカフェでブランチを取ることにしたので
美味しく料理をいただいたあと、コンデジをポケットに入れて、腹ごなしの海際散歩♪

f0027944_16355269.jpg


ああ、潮のニオイは気持ちいいな~。^^
でも、ちょっと肌寒い。
ジャケットの前を閉めないと、ちょっと風が冷たく当たりすぎなのよね。



なーんて、オバちゃんの私がそう思っているというのに、砂浜には海パン姿の子供が...
寒くないのか~、そこの子供!?

あ、でも靴履いてるってことは、別に水の中に入っていってるわけではないのかな。
...とはいっても、やっぱり海風は冷たいのに~!若いってスゴイのね。^^;
f0027944_1637092.jpg


小さなワンコが波と戯れながら走っている。
私が犬だったら、やっぱりここでは嬉しくて走り回っちゃうんだろうなあ。^^

犬はNGといったビーチも実は少なくないのだけれど、ここはOKらしい。
f0027944_1641119.jpg


最初の一枚を撮ってから、海を見ながら左から右にぐるっと回ってみたのがわかります?

f0027944_16452391.jpg


芝生の上では、なんと「鳥オジさん」が営業中。

f0027944_16473315.jpg


こういう鳥って高いんでしょ~?
オジさん、特にお金持ちという感じの風貌でもなかったけど(失礼!)
カラフルで美しく可愛い鳥を、こんなにたくさん連れてるの。

営業中と書いたのは、鳥たちを並べている前に、お金を入れる箱を置いていたから。(笑)
そういう箱を置いてるってことは、やっぱり撮影するならお金を入れるべきだよねえ...
そう思ったので、まずはドル札を数枚箱に押し込みながら、撮っていいか聞いてみた。

f0027944_16503168.jpg


コンデジでパチパチ撮っていると、オジさん、カメラを連れに渡してこっちへ来い、という。

そして、こうしてまっすぐ立って、腕組みをしてごらん...と。

えっへんポーズのように腕組みをすると、オジさん、
赤い大きなインコ(マカウ)を、私の肩にひょいっと乗せてくれた。^^

f0027944_1774510.jpg

こんなに大きいから重いのかと思ってたら...ものすごく軽~い!
鳥って飛ぶために軽くできてるって、ホントなんだな~と納得。

「この種類は80年から100年くらい生きるんだよ」鳥オジさんはいう。

100年!それって飼い主が先に死んじゃうじゃん!(笑)

f0027944_1711194.jpg


海風が冷たく、鼻水が出そうになってきたので、車へと戻ることにした。^^;
やっぱりオバちゃんだからさ~、冷えには弱いのよ。(笑)


車を停めておいた目の前にも、ブランチを取る人で賑わうレストランがある。
店の前には、食事をする飼い主を待っている犬用の水が用意されていた。

f0027944_17134029.jpg


なんだかいいよね、こういうのって。^^





Thank you for voting!
キレイで可愛く、おまけに長生きな鳥さんたちにポチっと応援ありがとう♥






★撮影場所★
Laguna Beach, California
Map
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-02-11 17:22 | 日常
ヘリウム気球+気の長~い話
月曜日から5日間たっぷりと続いた暴風雨は...
土曜日にはいきなり止んで、カラッと乾いたいいお天気の週末となった。

日曜日はさらに晴れ上がり、なんと22℃までも気温が上がり、日なたにずっと立っていると暑いほど。^^;
青空が微笑みかけるこんないいお天気の日は、どこかに行かなくちゃもったいない♪
(来週はまた雨が降るみたいだし...)

でもね、もう日曜日だし、小旅行をする時間はないし、ローカルな範囲で車でグルグルと...

オレンジカウンティで一番大きな公園、Orange County Great Park...とはいっても、まだ完成していないんだけど、そこの公園プレビューエリアで、気球ライドをやっているので、試しに乗ってみることにした。

f0027944_12505137.jpg


こういうのって意外と高い料金取るのでは?と思ったら、無料だって。

f0027944_12514278.jpg


とはいっても、順番に並べばすぐに乗れるというものではなかった。
40分くらい待つことになったかな。^^;
ちなみに気球そのものは30人乗りで、なんとコレ、作るのに百万ドル(約一億円)かかっているのだそう。

f0027944_1315591.jpg


遠目に見たとき、熱気球なのか?と思ったのだけれど、これはヘリウムで上昇するのだそう。
そう、子供が好きな、糸がついてプカプカ浮いている風船と同じね。

f0027944_13163299.jpg


それほど高く上がったとは思えなかったけど、高所恐怖症の人には結構ツラい高さなのかなあ。
後で調べてみたら、500フィート=152.4 メートルの高さまで上がるらしい。

f0027944_1325073.jpg


オレンジカウンティは、ロサンゼルスの南に位置している。

南カリフォルニアと聞いて、東京や大阪のような都会を想像する人も多いのかもしれないけど
こうして見ると山ばっかりだし、実はかなりの田舎なのがバレバレ(?)~。(笑)

黄色×青のテントは、来週末は私たちも見にくるんだけど、カナダのサーカス団、
シルク・ドゥ・ソレイユ(Koozaというショーで巡業中)のもの。

f0027944_14273667.jpg


現在まだ建設途中にあるこの公園、かつては米軍海兵隊飛行場であった。

2002年に売却され、その後、市営の巨大な公園として再開発されることが決定。

f0027944_13113888.jpg


どのくらい大きいかというと、最終的には545ヘクタール = 5.45k㎡になる予定で、
その中には長さ4kmの渓谷、ボート遊びができる湖、美術館や図書館、280㎡の植物園、
スポーツパーク、野鳥や野生動物を呼び込むためのエリア、ゴルフコースなども含まれるとか。


完成したら、きっと野鳥などもたくさんやってきて、撮影スポットとしても楽しそう~♪ 



...と思うものの、今はまだなーんにもない...



フェンスの隙間から覗いてみたけれど、これって滑走路だよね?
あれこれここに作る前に、まずこれを壊す必要があるわけだよねえ?

f0027944_1411142.jpg


今の時点で、ヘリウム気球と屋内スケートリンク(1/30~2/28)があり、
現在はシルク・ドゥ・ソレイユの巡業組が来ているだけ。


最終的にはこの↓ 写真みたいになる予定らしいんだけど、いったい完成はいつなわけ???

f0027944_142339.jpg


と思っていたら、スタッフが教えてくれた。

この公園、完成までにはあと20年くらいかかるのだそう!!! Σ(・ω・;)

なんじゃ、その気の長~~~~~い話は~~?!

この公園のことは少し前から聞いてたんだけど、シルク・ドゥ・ソレイユがここにやってくるくらいだから
公園そのものはすでに完成に近づいているものとばかり思ってたのに~。

完成する頃には私、バァさんになっちゃうじゃんよ~~!(´-ω-`)


これって、アメリカだからこんなに時間がかかるの? それともこの規模の工事だと、普通?
日本だったらもっとテキパキ仕上げちゃいそうな気がするんだけど、どうなのかなあ。


...それにしても、なんとかあと10年くらいで完成させてもらえないものだろうか... ^^;








Thank you for voting!
いくらなんでも20年は長すぎだろう!と同感してくれたらポチっとありがとう♥



★Orange County Great Park(オレンジカウンティグレートパーク)★
⇒HP(英語)
⇒Map
かつての「Marine Corps Air Station El Toro」が巨大公園になる予定。
ヘリウム気球のライドは現在無料。
500フィート上がって、しばらくそこで景色を観察、その後でまた下がるだけ...なので、
ものすごく楽しい経験というわけではないだろうけど、ま、タダだし、ヒマつぶしにはいいかも...^^;
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-01-25 15:37 | 日常
新年のご挨拶&09年を振り返って
f0027944_19542189.jpg


というわけで、今年も昨年に引き続きお付き合いいただければ...と願っております。^^

しか~し...いきなりPCの調子が悪いですっ!

あ~あ、修理に出してもいいけど、やっぱりそろそろ新しいの買い時かなあ。

普通に動くときもあるので、なんていうか、機嫌のいいときを見計らって、騙し騙し使ってるって感じ?

そのうちいきなりぶっ壊れる日が来てもおかしくないかな~と思うので、
現在はファイルやデータを外付けHDDに移動してますが...さて、いつまで持つか、このPC?




ところで、今さらながら...ではありますが、09年の出来事を振り返ってみました。
え?そういうのは年末にやるものでは...って?

いや~あれこれ忙しくてねえ...^^;

イラストで発表する、我が家の、09年の「忘れられない出来事」とは...



(順不同...どれが一番とか、決められなかったので)


まずは...


ランディお兄ちゃん、虹の橋へ!
f0027944_20164610.jpg



我が家の一代目ハム、シューマイちゃん、天寿をまっとう!
f0027944_20171360.jpg



二代目ハム、モチちゃん登場!
f0027944_20172920.jpg



衝動買いされて、伏線なしに登場した、9ちゃん!
f0027944_2019061.jpg





いや~、振り返ってみると、命のバトンタッチが激しい一年だったのね~。^^;


動物たち以外だと...



mari_ca、人生最悪の食中毒を経験!(今は完治してます)
f0027944_20225814.jpg

いや~イタかったです~~。(涙)
あれは絶対、近所の中華料理屋のエビに当たったに違いない。
もうあそこには行かないけどね...^^;




そしてさらに...mari_ca、ウィルス性胃腸炎を初体験!(今は完治してます)
f0027944_2025142.jpg

これは、発熱するのです。
数年ぶりにとんでもない高熱に見舞われて、ビックリした~!
どこでこんなものに感染したのかは...不明。




そして...Jがなんと、生まれて初めてのぎっくり腰を体験。^^;(今は完治してます)
f0027944_20271543.jpg



この、Jの初ぎっくり腰にはちょっと笑えるエピソードがありまして...

f0027944_2030324.jpg


男は女よりも痛みに弱いってのはホントかも?と思わせるくらい、ギャーギャー騒ぐJ...

f0027944_20313038.jpg


それにしても、日本語の「ぎっくり腰」って、スゴイ名前だよね~。
名前聞くだけで痛そうだもの。^^;
英語だと、そんな素晴らしい名前はないからね、この腰痛には。

で、看病の仕様がないのが腰痛なんだけど...一応看病らしきものをするワタクシ...と、
その辺をウロウロするピーチ様。



しかし...周囲をウロついていたピーチ様が、いきなり飛んだ!!

f0027944_20342898.jpg


しかも、痛みに苦しむとうちゃんの額を踏み台にして...




そのとき、世界が一瞬凍りついた。

f0027944_20373971.jpg




...が、次の瞬間、笑いがこみ上げてきて止まらなくなっちゃったのよ...^^;

f0027944_20383224.jpg


許せ、Jよ、キミが苦しんでいたのはわかっていたのだが...
(でもJもどうしても笑っちゃって、さらに痛みに襲われて泣いてたけどね)




アメリカでは保険があってもなくても、医者に見てもらうには時間がかかるものなので...
本人の勤め先でもある病院のERに急患として連れて行った。

Jはね、自分が病院勤めのくせして、そこの病院に患者として行くことを非常に嫌がるのです。
知り合いにバッタリ出会う可能性があるから恥ずかしいっていうの。

でも、そんなこといってる場合じゃないっつーの!

結局、実際には家でぎっくり来たと思うんだけど、仕事中になった...ということにしてくれて
お金も一切かからないようにしてくれたのは、やっぱりここの従業員だったからだと思う。^^

それにしても、看護婦さん...

f0027944_20434133.jpg


い、いや...すべての人に同じくらい最善の治療をしてくださいませ。



そんなわけで、去年もいろいろありました。
痛み関係が多かったのは困っちゃったけど、こうして無事に新年を迎えられたし
そう考えると、09年もまあいい年であったといえましょう♪

我が家も、みなさんのおうちも、2010年もまた、無事に一年過ごせますように!



1月のカレンダーは、次回に配布できると思います。
PCの調子が悪くて、ちょっと製作が遅れてるってことで...^^;

ブロ友さんちへの訪問も、PC不調&冬休みで、のんびりペースになってますが、ご理解くださいませ。




Thank you for voting!
今年もいい年でありますように!ってことでポチっと応援ありがとう♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-01-01 20:53 | 日常
究極の生命体とは
新型インフルエンザが日本国内でも牙をむき出したようで...
早く収まって欲しいものです、ホントに。

日本では駅員やバスの運転手までもがマスクをしているそうだけど、
街を歩く一般の人も、やっぱりマスクをしている人が大多数なの?
f0027944_3522422.jpg

アメリカ人が呑気なだけなのか。
こちらでは、実際にマスクをして外を歩いている人はいまのところ見かけないのである。
Jの勤務先の病院でも、マスクをしている人はまず見ないとか。
メキシコだって近いのにな~。

そもそも、日本人が風邪のときに使うようなごく普通の(?)マスクというのは、こちらにはない。
外科医がつけるような、後ろで2組の紐を結ぶようなタイプや、煙などを吸わないようにするときの、
丸くて鼻の上に当たる部分の薄い金属の小さなプレートを曲げて、
フィット具合を調節するようなタイプしかないように思う。
f0027944_3532684.jpg

いつだったか、風邪を引いた日本人がアメリカで日本のマスクをしていたら、
それを見たアメリカ人に「それはいったい何だ?」と聞かれた...なんて話も耳にしたことがある。

でも、日本人がマスクをするのは、もともとは「自分の風邪が他人に感染らないように」だよね。
そういうきめ細かい気配り・気遣いというのは、やっぱり日本人らしいなあ、エライなあと感心したりして。^^
f0027944_354483.jpg

ところで私の本棚には、2006年7月に第一刷発行された書き下ろし文庫本「感染症列島」がある。
購入したのは2年以上だったと思う。

買ったばかりのときは、ふ~ん...と普通の好奇心と共に読んだだけだったけど...
新型インフル云々で世間が慌てているので、今回再び読んでみた。
f0027944_3554786.jpg

この本の中には、新型ウイルスの登場についても詳しく述べられている。

「人間社会で流行したことがない鳥インフルエンザウイルスは、どれもが新型インフルエンザに変貌する可能性を秘めている。
ニワトリやブタの体内に密かに潜んでいるウイルスが、突然牙をむいて人類に襲いかかるかもしれない」


この↑部分は、今になって読み返してみるとかなり怖い!
f0027944_3574689.jpg

「インフルエンザウイルスには現在考えられているだけで約140種類ある。
北海道大学獣医学部の冷凍庫にはおよそ30年かけて世界各地から集めた天然ウイルスのほかに、
ウイルス同士を掛け合わせて作ったものも含め、約9割がそろう。
インフルエンザは人間にも動物にもうつる人獣共通感染症。
ウイルスはもともとシベリアなどの湖沼に漂い、そのままなら牙をむくことはない。
しかし夏に水辺を訪れたカモに入り込むと、冬の渡りで世界のいろいろな地域に運ばれていく。
ニワトリやブタに感染し、少しずつ姿を変えて、人間を襲うようになる」


...ともある。

f0027944_4321740.jpg


それにしても、ウイルスとは不思議な物体だとつくづく思う。

病気の原因が細菌という小さな生き物であるとわかったのは、それほど昔のことではない。
1674年にレーウェンフックが顕微鏡観察によって細菌を発見し、その後1860年代になってから、
ドイツ人のコッホや、日本の北里柴三郎によって、結核菌やコレラ菌が発見される。

肺炎、赤痢、腸チフス、破傷風など、そういった病気を引き起こすのが、
小さな小さな生物である細菌であることはそれまで誰も知らなかった。

f0027944_4335647.jpg


ウイルスは細菌よりもさらに後になって発見された病原体である。
細菌よりもさらに小さく、細菌が自動車くらいの大きさだとしたら、ウイルスはオモチャのミニカー程度らしい。
このあまりの小ささから、普通の顕微鏡では観察さえもできず
細菌とは異なる存在であるとわかったのは、なんと1930年代以降だという。


そして、これは私自身もよくわかっていなかったのであるが...

細菌との一番の違いは、

細菌が、生存し増殖するための道具を一通り備えた独立独歩の存在であるのに対し、
ウイルスは子孫を作るための遺伝子情報こそ必ず備えているものの、
自活していくために必要な道具を全部備えていない。

であるらしい。
f0027944_4353739.jpg

遺伝子情報の設計図に基いて、タンパク質などの部品を生産して、子孫の体を作り出す能力や、生きていくための必要なエネルギーを生み出す機能などは持たない。
ウイルスは生物の体の外に出ると、きわめて弱く、ほかの生物の細胞に感染しないことには、自力で増えることもできない。

ただ、ひとたび感染すると、猛烈な増殖力を示す。
ウイルスは体に侵入すると、それぞれが標的にする細胞にとりつき内部に潜り込む。
エイズウイルズ(HIV)なら血液中の免疫細胞が標的になるし、インフルエンザウイルスなら、のどや鼻の上皮細胞に侵入する。
そこで細胞内にある材料を無断利用して子孫を複製し増殖するのだが、数時間のうちに1個のウイルスから10万個もの子ウイルスが生まれてくるという爆発的な増え方をする。

ウイルス学が専門である山内一也・東京大学名誉教授は
「ウイルスは究極の生命体だ」という。
f0027944_4364178.jpg

ウィキペディアによると、

「ウイルスは細胞を構成単位としないが、他の生物の細胞を利用して増殖できるという、非生物と生物の特徴を併せ持つ。
現在でも自然科学は生物・生命の定義を行うことができておらず、便宜的に、細胞を構成単位とし、代謝、増殖できるものを生物と呼んでおり、細胞をもたないウイルスは、非細胞性生物または非生物として位置づけられる。
しかし、遺伝物質を持ち、生物の代謝系を利用して増殖するウイルスは生物と関連があることは明らかである」

非生物だなんていわれているというのに、こいつら、ウイルスの増殖目的はいったいなんだろう?
動物や植物の繁殖とは違うように思えるし...

f0027944_4435764.jpg


進化し、変化し、他力本願ともいえるやり方で増殖(一種の繁殖?)をするウイルス。

人類が存在する前から、ウイルスは地球上に存在していたというし、そういった特徴を知ると
たしかに「究極の生命体」と呼ぶにふさわしいかもしれないと思うのである。

何はともあれ、新型インフルよ、早くどこかに消えておくれ!!!
f0027944_4455710.jpg



今日の写真はなんでブタさんなのかって?
ほら、この新型インフル、最初は豚インフルエンザって呼ばれてたから...
ははは、くだらなかったかしら...^^;


※正確には「ペッカリー(Peccary)」という動物で、ブタさんではないらしい。
でも、可愛い赤ちゃんは「仔豚ちゃん」と呼んでしまいたくなるよね~。^^


Thank you for voting!
母ちゃんペッカリーの立てるモワモワの砂けむりに困ってしまったチビペッカリーたちに...ポチっと応援ありがとう♥



今回の記事内の一部は、ウィキペディアと、こちら↓から引用させていただきました。
f0027944_544746.jpg

⇒感染症列島 (日経ビジネス人文庫) (文庫)
日本経済新聞科学技術部 (編集)



おまけは↓で...







⇒インフルエンザ雑学
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-05-19 06:03 | 日常
60の手習い
ここのところ、Jが電話でミズーリ州にいる母親にPCの使い方を教えている。
いや、正確にいうと、教えようと努力している...^^;

f0027944_22583288.jpg


ちなみにJの母親は60代半ば。
大昔学校でタイプライターを習ったことはあるものの、PCなんぞに触れるのはほぼ初めて。

少し前にJが母親の家を訪れていたときに、実際に手取り足取りで基本的操作を教えたつもりだったらしいが...
その後、彼女の弟であるF氏の妻であるNさんが亡くなり、いろいろと手伝いをするために3週間ほどF氏のところに滞在していたところ...案の定、PCに触れなかったその3週間の間に、彼女はその操作法をすっかり忘れてしまった。

f0027944_2322740.jpg


で、Jが電話でまた教えようとしているのだけれど...

はっきりいってぜ~んぜんダメなのである。^^;

操作とかそういうこと以前に、カーソルとかマウスとか、ログオンとかクリックとか...
そういう専門用語(?)さえも知らないわけ。
だから、ログオンして...といわれても、彼女にしてみれば「??」なのよね~。(苦笑)

しかも我が家はウィンドウズXPなんだけど、彼女が買ったPCは当然ながらVista搭載。
だから、Jが自分のPCモニターを見ながらあれやこれや指示しようとしても、どうやら彼女が自分のPCモニター上に見ているものとはかなり違うらしく、何度説明してもダメ。
(Vistaを利用されているみなさん、XPとはそんなに操作法が違うものなのでしょうか???)

f0027944_2378100.jpg


「違うって!窓の右上にバッテンがあるでしょ!それをクリックすると窓が閉じるから~...違う違う!それじゃなくて~。クリックは何かって昨日説明したじゃん!モ~~~~そうじゃないってば!あ~~~~~~もう!次から次へと窓を開きっぱなしにしておく必要はないの!タッチパッドが苦手だっていうからマウス買ったんでしょ?クリックは左側!違うの、ちゃんとカチっていうまで押すんだってば~~!!!」

JはJで、いくら説明しても自分の母親がまったく理解してくれないという事実にイライラしてきて、どんどんテンションあがってきちゃうし、ただでさえ声がデカくて日頃からウルサイのに、もうこれでもか!というくらい大声になるので、「もう~ウルサイからもう少し静かに話してよ~!!」と私に叱られる始末。

そんな電話を通じてのPCレッスンが一日おきくらいに、しかももう何日も続いてるのよ~。(笑)

ちなみにJ母と同居しているJの兄はもちろん、近所に住むJの姉さえも、PCなんてまったくわからない...という、イマドキ見事なまでに時代に乗り遅れている一家である。

f0027944_2338712.jpg


J母にPCレッスンのクラスにでも通ってもらおうにも、とにかく田舎でそんなものは近所にないらしい。
車を運転しないJ母が、車以外の交通手段を使って遠方のPCクラスに通うとも思えないし...

JがVistaを自分のPCにインストすれば少しはヘルプになるのかもしれないけれど、VistaってあえてXPからアップグレードする必要があると思えるほど「素晴らしく良い」モノでもないっていう人も多く、私もJもXPで十分満足してるってこともあって、この暗闇の中のPCレッスンのためだけにわざわざVista導入するのもなんだよな~と感じているのも事実。

どっちのOSを使うにしても、なんたって基本中の基本操作さえも理解できないJ母だからな~...
こうなったらもう、PCを教えるためだけに週末でも利用してミズーリ州に行ってこい...って感じかしら。^^;
あ、ちなみに我が家とJ母の住む場所は3,000km離れてマス。アメリカでかすぎ...

それにしても、怖いくらいにアナログなJ母にとっては、PCなんて本当に未知の機械なんだろうな~。

私は、PCの操作をマスターするのに年齢は関係ないと思ってはいるけれど、たとえば今の時代の子供たちの、そういった機械に対する柔軟性、生まれたときからPCが家庭にあるという環境と比べた場合、やっぱり年配の人たちの中には、お手上げ状態な人が多いのも事実なのかなあ...と思ってしまう。

f0027944_23561810.jpg


以前の職場の同僚に、Kさんというアメリカ人女性がいた。
Kさんは私よりもかなり年上で、私のことを妹のように可愛がってくれていたのだが、Macの操作を覚えるのはひどく苦手なようだった。
私が自分の仕事時間を削ってまで、Macの操作を教えていたのではあるが、いくら教えてもぜんぜん覚えてくれないのである。

しかも、教えている最中に、いかにも私の説明していることを理解しているかのようにウンウンと頷いているので、しっかり覚えているのかと思いきや、翌日になってまた彼女に同じことをやらせてみると、まったくできない。
ホントにホントにすごく基本的な単純操作しか教えてないのに~~!^^;

いくら教えても翌日には白紙に戻っちゃう状態なので、ある日、思い切って聞いてみた。
「ねえねえ、私が説明していることを理解して、操作手順を記憶してるからそうやって頷いてるわけ?」

するとKさんはいった。

「...ゴ、ゴメンナサイ!...一生懸命教えてくれてるアナタに悪いから頷いてたけれど、本当はまったく理解してないの、私! ホントに頭が悪いのよ~、私って...」



...おいおい...  ヽ(  ̄д ̄;)ノ


彼女は大学でグラフィックデザインとファインアートを勉強していたそうだけど、

「あの頃、グラフィックデザインを学ぶのに必要なものはコレとコレだけだったわよ~~!(笑)」

と、カッターとスティック糊を手にして見せてくれた。^^;

それでも勉強したいという欲求はあったらしく、当時日本円にして総額20万円もかけて自宅用Mac一式をそろえてしまったKさんは、あれから5年ほど経つと思うのだが、未だにそれでメールを打つのがやっと...である。

ああ、もったいない...^^;

f0027944_23593821.jpg


さて、J母が基本操作を覚えるにはどのくらいかかるのか...

今夜も電話越しにギャーギャーとわめくJの様子が今から想像つくというものである。

ま、これまで60年以上もPCナシで生きてきたJ母のことだから、どうしてもダメな場合、PCは諦めて、アナログな世界に舞い戻っていったとしても、生きていく上でそれほど支障があるわけでもないような気もするんだけどね...^^;



※お花の写真は近所の植物園で。
最近暖かかったので、もっといろいろ春の花が咲いてるのでは?と思ったら、そうでもなかった。
やっぱりまだまだ寒いのかな~、植物にとっては。




Thank you for voting!
電話でのPCレッスン後は、息も絶え絶え状態のJに...ポチっと応援ありがとう♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-02-28 05:41 | 日常
やっとネットが繋がりました~♪ (原始的生活に終止符を)
は~、やっとネット接続が完了したわ~。^^;

もう、久しぶりにインターネットとは無縁の(正確には職場ではネットに繋がっていたけれど、やっぱりあんまり個人的なことはできないし、やらないから...)生活を送っちゃったわけだけれど、最初はちょっと妙だったものの、実は結構新鮮だったりしたのよね。

なんていうか、ああ、そういえば昔は(?)はこうだったのよね~...というかなんというか...

私なんて自宅用のPCを購入したのがかなり遅かったので、ネットのない生活を送っていたのは実はそれほど大昔のことではなかったりするわけよ。

なのに、今ではPCとかネットって生活の一部だし、そんな生活に慣れきってる。
なので、そういうものがない原始的な(?)生活を送るのは、不自由を感じながらも、結構新鮮な感覚だったわけです。^^

引っ越し自体は予定通り進みました。
え?引っ越し業者になんて頼んでないよ。
だって高くつくじゃん!(笑)
引っ越しができるくらいのトラックを借りるだけなら、日本円で一万円ちょっとだもん。
業者に頼んだらその10倍以上はするでしょ。

小さなものは本引っ越し日の前から車で少しずつ運んでいたけれど、18日にトラックをレンタルして、ベッドや本棚といった大きなものをこれまでのアパートから運び、ついでに貸し物置の中にあった(Jの)ガラクタも運んだんだけど...ああ、もうこんなに疲れたのは久しぶり。^^;

もう若くないからさ~、辛いのよ~、こういう肉体労働って!!!
でも、Jの甥っ子のA君と、同じくJのイトコのF君が手伝ってくれたので助かった~。
f0027944_13521326.jpg
↑あの~ピーチ様...そのダンボールから中身出したいんですけどね...^^;


で、みなさんも気にしてくださった猫たちの引っ越しだけど...

まずはこれまでのアパートの寝室のドアを閉めて、その中にいる4匹がそこから出ないようにして、リビングからどんどん荷物を運び出したのね。
猫たちを奥の部屋に閉じ込めておかないと、玄関のドアを開けっ放しにしたりできないからね。

猫たちも、本引っ越しの前からかなり室内の状況が変わってたから(部屋中ダンボールの山だったし)何かおかしいと気づいてたみたい。
引っ越しの前の数日の間、珍しく4匹が一つのベッドの上にいるのを見かけたりもしたしね。
みんなそれなりに不安で、一緒にいたかったのかなあ。

トラックは金曜日の夕方5時にレンタルして、翌日の午後3時には返すことになってたから、とにかくトラックがないと運べない大きなものをジャンジャン詰め込んで運んだ。
これまでのアパートもダンボール箱だらけ...引っ越し先もダンボール箱だらけ... ^^;

で、土曜日の2時半ごろ無事にトラックを返却。

そして...次はお猫様たちの移動でござるよ。
f0027944_1453475.jpg

まずは何もしない振りしてそっとピーチ様に近づいていって、ひょいと捕まえてキャリーケースに入れた。
その後はランディお兄ちゃん。 はい、今のところ順調♪

みいちゃんは...コイツのために今回買った「中型犬用」のキャリーケース(マジでデカイ)に入れる。
「わ~やっぱりこれ買ってよかったね~!猫用だと、出したときにその形の通りに四角くなって出てきそうだったもんね~♪」と喜ぶJ...
四角い箱に入れて育てると四角いスイカとかができる...ってアレかい?

ここまでは結構簡単だったんだけど...
最後のティーニーにかなり手間取ることになりました。^^;
3匹がキャリーケースの中に入れられてるのを見て、これはヤバイと感じ取ったのか、それともキャリーケースを見て動物病院に行ったことを思い出したのか何なのか、両足を踏ん張ってなかなか入ってくれないんだもん。

無理に押し込もうとしてもダメ。
なだめて入れようとしてもダメ。
以前、ペットの輸送業者の人に聞いた「キャリーケースの入り口が上を向くようにしておいて、入り口から下に落とす要領で猫を入れる」というのを試したものの、それもダメ。
おまけに、私に向かって思いっきり蹴りを入れてくれて...左手の中指と人差し指の手の平側にザックリと見事な傷を作ってくれた...ええい、このバカ猫めっ!!!!
(でも一週間でキレイに治った。私って結構自己治癒力が高い?)

ま、3人がかりでなんとか押し込む形でティーニーもキャリーケースに入れました。^^;
f0027944_14164656.jpg
↑引っ越し先にて...網戸をよじ登って玄関のドアの上に登ることを覚えたティーニー...猿かアンタは...


幸いなことにこれまでのアパートから引っ越し先は、渋滞しなければ車で10分の距離。
車の中では例のごとく「んんなあああああああおおおおお...んんなああああああおおおおお」と合唱が続いたけれど...あっという間に到着。

到着後、私が一番心配だったのはピーチ様。
あとの3匹はまあ大丈夫だろうと思ってた。
そしたら案の定...ランディ、みいちゃん、ティーニーの3匹は早速あちこち歩き回ってる。^^

一番楽チンだったのが予想通りランディお兄ちゃんで、とうちゃん&かあちゃんが「(クレジットカードではなく)現金で買うから負けろ!」とベトナム人の店主に詰め寄り、消費税(カリフォルニア州は現在7.25%。ただし食べ物にはかからない)分を負けさせたソファーセットなどに早速スリスリして、自分のニオイをつけるのに忙しいらしかった。

みいちゃんとティーニーはランディと比べると少し緊張してる感じではあったかな。

ピーチはね~...このコはすごく神経質だから...
一人であたりの様子を伺いながらピリピリしてるのよ。^^;
前回の引っ越しのときもそうだったんだけど、ランディやみいちゃんにまで「シャーッ」と吹いたりしてるし...
あんまり緊張して身内がわからなくなっちゃうのかなあ??

f0027944_15263722.jpg
↑かあちゃんが一目惚れしたセール品のベッドカバー...も、すっかりお猫様専用に...定価の半額で買ったから、ま、いっか...



別の部屋で一人で寝ないで欲しいというJの希望を受け入れた私も、今夜だけはピーチちゃんと蜜月ならぬ蜜夜を過ごしてやるべきなのでは...?と思い、そちらの部屋に篭ることにする。
ピーチちゃん、ピリピリしてるのがわかるけれど、かあちゃんと一緒だと落ち着くんだよね~♪

と思いつつ、まだマットレスがむき出しのままになっているベッドの上でピーチとウトウトしていると...ドアの外でランディとみいちゃんがブツブツいってる(ように聞こえる)。
なので2匹も部屋の中に入れて...
3匹とかあちゃんはそこいらへんでテキトーに雑魚寝状態。^^

ところが...
閉じたドアの向こう側でギャーギャー鳴いているのは、4匹の中で一番無口なティーニーだった。
ティーニーは普段はものすごく無口なコで、声を聞くのは1ヶ月に2~3回だったりもする。
それくらい声を出さないコなのに、これまでに聞いたこともないくらいの声で鳴いてるんだよね。

これまで、一緒に一つ屋根の下で暮らしてきたものの、やっぱりティーニーは後から加わった1匹ということもあって、3匹とはやや距離を置いてる気がしないでもなかった。
でも、新しい家で他の3匹の姿が見えなくなって、そんなにも不安になっちゃったのかなあ?

f0027944_1530295.jpg
↑みいちゃんの右後ろに見えるのは、実は暖炉...なんだけど、これは使わないで...って大家さんに言われてるの。
どうしても使いたい物ではないけど、ちょっと惜しい...^^;
ちなみに暖炉のある住居は珍しくありません。実用性というよりインテリアのアクセント的な意味合いが大きいと思う。


でも、ピーチがピリピリしてるから、ここでティーニーを中に入れるわけにはいかない。
だって同じ部屋の中に入ってきたランディとみいちゃんにだって、ピーチは猫パンチを喰らわしたりしてるんだよ。
相変わらずティーニーは、まるで迷子になった子供のように鳴き続けてて...
私にとっては「継子」のティーニーだけど、それでも自分の飼い猫と同様に可愛いし、可哀相に思うけど...
でもやっぱり今はダメ。
ピーチが落ち着くまで我慢してね、ティーニー。

...っていうか、ドアを開けたままの別の部屋ではJが寝てるっていうのに...^^;
ティーニーよ、アンタは元々とうちゃんの連れ子なんだけど...(笑)

結局、ピーチも2日程度で落ち着き、4匹はこれまでと同じような生活に戻りました。

つまり、ピーチとティーニーが4匹の中で「どちらかといえば相性が悪いコンビ」で、
「みんなランディお兄ちゃんが大好き」で
「みいちゃんはティーニーを追いかけるストーカー」で
それでもなんとか一緒に暮らしている関係...というわけです。

そんなわけで猫連れ引っ越しも無事に終わったし、ネットも繋がるようになったし、とりあえずはやや落ち着いた...って感じかなあ。
まだ部屋の中の片付けがたっぷり残ってるけど...^^;

ん?シューマイちゃん?
飼育ケースごと引っ越しできたシューマイちゃんが一番簡単だったよ。(笑)
本人はきっと何にも気づいてないと思うしね。^^


※今日の写真は、ご覧の通り、コンデジでのスナップ写真でした。


Thank you for voting!
↑猫の心境ってのも一概に判断できないのよね...と同意してくれたらポチっと応援ありがとう♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2008-10-29 16:59 | 日常
近況報告
無事に引っ越しました。^^;
まだすべて移動したわけではなく、元のアパートにゴロゴロと残っている物も多いのですが、まあメインなものはなんとか移動したという感じです。

まだ引っ越し先のネット接続が完了してなくて(ちょっと時間かかりそう)お返事コメが書けなくてごめんなさい。
でもしっかり読ませていただいてます。^^

ああ、早くまともな生活に戻りたい〜!
復活したらお話したいエピソードも実はたくさんあるんですよ。
ものすごい悪いタイミングでバルコニーにミツバチが巣を作り出しちゃって、それを退治するために業者を呼んだこととか。(笑)
って、今はこうやって笑い話にできるけど、はっきりいってものすご〜〜〜〜くパニくりました。

だってものすごい数のミツバチたちのうち3匹が、家の中に侵入してきたんだよ〜!
ビビってビビって泣きそうになったよ、まったく。わ〜ん!!
パニくりながらイエローページでハチの巣退治の会社に電話して、非常事態〜〜!ヘルプ〜〜〜!と大騒ぎしちゃったよ〜。
あまりに焦ってたので、英語じゃなくて日本語で『もしもし?』とか話しだしそうになったし〜。

ま、そんなこんなであれこれありますが、なんとかやってます。

お返事コメがしばらくできないので、今日はコメント欄は閉じさせていただきますね。

これ、仕事先のMACから打ってるんだけど、ちゃんとアップできるかな??
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2008-10-22 01:28 | 日常

| ページトップ |

Copyright © 2005-2010 A little something to say from California. all rights reserved.
Any use of these images on this site without permission is STRICTLY PROHIBITED.
当ブログ記事内の写真及びにイラスト(配布しているアイコンは除く)の無断複写・転載は固く禁じます。



Happy Shooting!
by mari_CA
By: TwitterButtons.com

★ごあいさつ★

 

どれか一つ↑
ポチっと応援
ありがとうございます♪


「白背景+トップ画像」だけの、シンプルなオトナ向けスキンばかりです。初心者にも簡単にできる詳しい解説つき!
エキブロスキン配布中♪

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★NEWS...kinda★
★PROFILE★
★Rest in Peace★
★More to check out★
★猫アイコン製作★
Memo and such...

Click for Orange, California Forecast

無料カウンター





California Time

最新の記事
★★ブログ引っ越しのお知らせ★★
at 2012-05-13 04:18
はだかんぼ
at 2012-01-23 15:49
死の谷の奥でひっそりと動く岩
at 2012-01-07 14:56
八割れ仔ハム
at 2011-12-26 15:40
アリクイ・ベイビー...?
at 2011-10-26 16:58
モルショー初体験!
at 2011-10-14 16:47
お持ち帰り専用、ミニ・猫カレ..
at 2011-10-08 15:05
カテゴリ
全体
動物


海獣
大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
Nature
お持ち帰り用カレンダー
ART
アメリカ人って...
ライフスタイル
日常
異国文化
グルメ的 in California
小旅行
ちょっとびっくりな話
ねこマンガ
猫動画
Hamster
モルモット
Viva! めりけんらいふ
アタシ様倶楽部
Grave Hunting
家族がらみ
音楽がらみ
San Diego
仕事
Breaking News
その他
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
★猫LINKS★
★写真&MISC. LINKS★
★SKIN編集LINKS★
★Font Links★
★会員登録しています★

おサカナさん♪