★★ブログ引っ越しいたしました★★ 移転先→ A little something to say from California

カテゴリ:Viva! めりけんらいふ( 13 )
Top▲ |
サメのプールと滑り台
f0027944_13505675.jpg


クリスマスの直後、ラスベガスに行ってきた。
今回のメンバーは、J母&J姉、Jの姪のBちゃんとそのチャイニーズ彼氏のW君...と私たち。

f0027944_13524022.jpg


ラスベガスのカジノ街というのは2つのエリアに分かれている。
ベガスのカジノ街はここから始まったという、昔からあるダウンタウンと
おそらくここ20年くらいで急速に発展してきた通称『ザ・ストリップ(メイン通りのラスベガス大通りのニックネーム)』と呼ばれる比較的新しいエリア。

私とJだけでベガスに行くときは、いつもこの『ストリップ』エリア周辺に宿をとる。
夜遅くなって外を歩いても安全だし、これでもか!と金をかけて作られた成金趣味のカジノつきのホテルは、古臭いダウンタウンのカジノよりも楽しいからだ。

f0027944_16151758.jpg


けれど今回は、とにかく安いホテルに泊まりたいとBちゃんらがいいだした。

まあ、寝るだけなら別にダウンタウンのショボいホテルでもいっか...
食事したりカジノをウロウロするのはどうせストリップエリアだし...

というわけで、久しぶりにダウンタウンのホテルに宿泊することになった。

(最新のホテルだって、不満があるときはあるわけだし...
そんな経験の詳細は...⇒過去記事:『怒りのARIA』


どうせダウンタウンのホテルだし~... と、期待してなかったんだけど...
実際のところ、泊まったこのホテルはダウンタウンの中では一番いい感じではあった。

それに、ちょっと面白いプールがあったのである。

古いホテルだからプールそのものはそんなに広くないんだけど
楕円形のプールの真ん中部分になんとサメなどが泳ぐ大きな水槽が置かれているの。

f0027944_15415872.jpg


なので、プールの水につかりながら大きな魚やサメを眺めることができるようになっているわけ。

しかも... w(°0°)w w(°0°)w
この水槽のド真ん中を横切るようにして、なんとウォータースライダーが!

f0027944_15473672.jpg


スライダーをシュルシュルと滑りながら、左右にサメやら何やらが見えるとは!!
おおおおお、これはなんだか結構興奮する設定ではないか!

特に私は水族館大好きなので、こんなレアな体験はやっぱり逃したくないような気がする。



というわけで子供たちに混じってオッサンとオバちゃんは
エレベーターに乗って上階部分にあるスライダーの入り口へと向かったのです。



で、まずはワタクシから...おおおお、ちょっと緊張するわ、これ。

f0027944_1552980.jpg


はい、行きますよ~!!

と、滑り出したのではあるが...
これが実は想像以上のスピードが出ることに、スタートして3秒後に気付いてしまった私。

もっと優雅に滑るものかと思っていたら、もうどうにも誰にも止められない状態に。(汗)
声にこそ出さなかったものの、内心「あわわわわわわわわわわわわっっっ!!!!!」と叫んでいたぞ!

しかも、予想以上に激しい水しぶきが体を包み、もちろん顔にもバシャバシャ...
わ、わ、わ、これはマズイ!
実は、そんなに水しぶきがかかるとは思わなかった私は、コンタクトをしたままだったのである。

ひょえ~~~、こんなのやってコンタクト失くしたらマヌケすぎや!!
しかも、今回の小旅行に限って、いつもは持ってくる「万が一のためのもう一組のコンタクトレンズ」を持参してこなかったし、ついでにいえばメガネも持ってくるの忘れた。
ここで水流でコンタクトが流れ出ちゃったら、何も見えないままベガス旅行を続行しなければならん!!

短い間にそんなことを思った私は、とにかく両目をギュッと瞑ることしか考えられなかった。
当然ながら、滑り落ちる間には、サメもなーんにも見えてないし~。

f0027944_15563626.jpg


ざっぱーん!!!

気がつけば体はスライダーから放り出されるようにして、プールの中にいた。
もちろん、何が何でもコンタクトを守るため、両目はしっかり瞑ったまま...^^;

ああ、これと同じようなことをもうだいぶ前に経験したような気がする。
そうだ、あれは友達に誘われてジェットスキー体験したとき。
ひっくり返って海の中に放り出されたとき、コンタクトは失くせん!!と、とにかく目を瞑ったっけ。(笑)



はぁ...サメも何も見てる余裕なんてなかったし
なんだか予想とは違ったけど、とりあえず一度滑ってみたから経験値アップってことで。



そんなことを考えていると、Jがトンネルの中をシュババババと滑ってくるのが見えた。

あ、もう来た!と思うまもなく、ものすごい水しぶきとともにプールに突っ込んでくる!!


f0027944_1671160.jpg


んぎゃ~、プール中に軽い津波が...

やっぱりこういうのって体重が重いほうが重力に逆らえないのかなあ。
だって後からスルスル滑ってきた小さな子供たちは、ストン...という感じでプールに落ちるんだもの。





...ザブンと水から顔を出したJを見てビックリ。

だって、知り合ってから9年、これまでに見たことないような楽しそうな顔してたから。

そして「またやってくる!!」といい残し、ヤツはあっという間にエレベーターの中に消えていった...

f0027944_16202766.jpg


ちなみに、防水カメラを持っていたので、滑ってくるJを撮ろうと思ってたんだけど...
すんごい勢いで滑り落ちてきたので、ぜんぜん撮れんちゅーの!!

f0027944_16182485.jpg





ハイ...これまでも私とJのあちこちでのエピソードを読んできてくれた人には予想がつくと思う。



いい歳こいたオッサンであるこの人、
このスライダーを少なくとも10回は滑りました。

ヽ(  ̄д ̄;)ノ



プールの水は一応温水なんだけど、お湯ではないし、しかも屋外。
「ジャグジーで温まって、もう部屋に戻りたい」と私がいうとやっとストップしたものの
そうでなかったたら、Jのヤツ、おそらく20回は滑っていたのではないかと思われる。

でも10回だってかなりのもんだよ。
きっと周囲にいた子供たちは「あのオッサンよくやるな~」と思っていたのではないか。

そして極めつけがコレ。

滑りすぎて背中が赤くなってます。 ( ̄ε ̄;)

f0027944_16402091.jpg


ちなみに、10回も滑ったJがいうには、しっかりと目を開いていてもサメは見えなかったらしい。
とにかくスピードが速いし、なんだかよくわからないうちに水の中に放り投げられた感じだと。

ということは...私だけが何も見てなかったわけじゃなかったってことね。(笑)
そう考えるとちょっと「目を瞑ったせいで損した気分」が減ったような気がした。^^;







★過去のイラスト記事「Viva! めりけん・らいふ」は⇒こちらでどうぞ。^^






Thank you for voting!
↑いくつになっても少年の心を忘れない...というか、脳内園児のJにポチっと応援ありがとう♥















..... Ads by Excite .....
[PR]
Top▲ | by mari_CA | 2011-01-04 14:51 | Viva! めりけんらいふ
撮れなかった写真
f0027944_22342314.jpg





出かけるときには必ずカメラ持参...な、私たちだけど
それでも、「あっ!!!」と思ったときには、すでにシャッターを切るチャンスを逃していたり
写真を撮るには暗すぎたりして(フラッシュ嫌いなので)撮影できなかったことも実に多い。

たとえば...






森の中のキャンプ場にて。
辺りはすっかり暗くなり、私たち以外にはキャンプしてる人もほとんどいなかったので
懐中電灯であちこち照らしながら遊んでいたときのこと。

二つの光る目があった。

街灯もない真っ暗闇の中、浮かび上がったシルエットは...キツネ!

f0027944_2146432.jpg


私たちに怯えるでもなく、ゆっくりと、堂々と去っていったキツネさん。
写真には撮れなかったけど、なんだか忘れられない光景だった。








中央カリフォルニアの海岸沿いのハイウェイ。

運転中の私たちの真上を、まるでグライダーのようにふわりと飛んで抜けた大きな大きな鳥。

f0027944_21494742.jpg


それは今までに見たどんな大型の鳥よりも大きくて...あまりのことに二人とも声もでなかった。

路肩があるところまで急いで走り、車を停めて外に降りたけれど、もう見えなくなっていた。
私たちの後ろを走っていた車も同じように路肩に停まり、中から出てきた男性が興奮した声でいう。

「Did you guys see that?! What was that? It was holy huge...like one of those flying dianosaurs! (今の見た?! 何あれ? ものすごく大きかった! まるで翼竜みたいだったよ!)」



ずっと後になって知ったのだけど、あの辺りはカリフォルニアコンドルの再導入地であるらしかった。

かつては野生個体がわずか8羽まで減少したといわれる、絶滅危惧種。
(1999年の時点で野生個体数は57羽まで回復したといわれている)

この辺りは、動物園などで飼育下繁殖した個体を、自然の中に放鳥している場所なのである。

あれはやっぱり、翼を広げると3メートルにもなる巨鳥、カリフォルニアコンドルであったと信じている。

⇒カリフォルニアコンドルとは(ウィキペディア・日本語)







砂漠の公園にて。

夕闇の訪れとともに、月の光を浴びながら多数の何かがヒラヒラと宙を舞いだした。

蛾? 鳥?

いや...コウモリだ!

f0027944_2235922.jpg


数十羽のコウモリたちが飛び回るその幻想的な光景を、私たちはしばらくの間、眺めて楽しんだ。








自宅のバルコニーで食事をしていたときのこと。

私の顔の横、ほんの10センチくらいのところを、ブゥゥゥゥンという羽音と共に爆走したハチドリ。

f0027944_22124289.jpg


...その針みたいなクチバシが、刺さるかと思ったよ!!
いやはや...ビックリした~! ^^;








Jの親友であるDも一緒に、キャンプに行った帰り道。

周囲を走っている車もなかったので、かなりのスピードでハイウェイを走っていたとき...




目の前の道路に小さく見えるのは...リスだ!

f0027944_22161796.jpg



ちょ、ちょっと、なんでそんなところにいるの?!

ど、ど、どいてーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!

f0027944_2217883.jpg



どっちにハンドル切っても危険な気がする!

ブレーキを踏むにはもう遅すぎるんだよーっ、リスさ~~~ん!!

f0027944_22182483.jpg



...もうダメだっ!


と思ったとき...Jの運転する車は、路上に立ちつくすリスの真上を通過した。

f0027944_22212098.jpg



車の中から私とDが後ろを振り向くと、無傷なリスさんがトテトテと歩き去るのが確認できた。

...私たちも焦ったけれど、リスもビックリしただろうなあ、あんな経験...


あの瞬間、撮影できていたらハリウッド映画並みのアクションショットになっていたことだろう。^^;
(車の中でギャーと叫んでいた私たちの顔写真も、撮れていたらスゴイことになっていたはずだが)




写真というのは、撮影する者がその目を通じて体験した光景を
後になって自分以外の誰かと共有することができるというところが、なんとも素晴らしい。

けれど、実は写真に撮れなかった貴重な瞬間の光景というのはかなり多いのである。 ^^




★過去のイラスト記事「Viva! めりけん・らいふ」は⇒こちらでどうぞ。^^



Thank you for voting!
↑世界で一番幸運だったかもしれないリスさんにポチっと応援ありがとう♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-05-20 23:12 | Viva! めりけんらいふ
シニアなハナシ
f0027944_142664.jpg



仕事の量があまりにも多すぎて私一人では消化しきれなくなってきたため、
(今の会社は小さな小さな会社で、グラフィックデザインを担当しているのは私一人)

短期間のヘルプということだけれど、手伝ってくれる人を募集する広告をだしたところ...

何人かの応募があり、おそらく作品サンプルを見て審査した結果だと思うのだが、
そのうちの一人がやってくることになった。



けれど...


やってきた、その「選ばれた人」を見て、失礼ながら正直いってビックリしてしまった。






だって...Mac Bookではなく、デッカイiMac持参でやってきた(←ここですでに私はウケた)その人は
どう見ても60代後半、もしくは70代と思しき、オジイちゃんだったんだもの。^^;
f0027944_17241854.jpg


私が抱いた第一印象は...



へ?
このジィちゃんがヘルパーとして来ることになったグラフィックデザイナー?!
 ∑( ̄□ ̄ノ)ノ





こんなことをいうと、それは偏見だ...という人もいるかもしれないけど、はっきりいって
彼、T氏の歳で、Mac(主にアドビ社のイラストレーター&必要であればフォトショップ)を自在に使って
グラフィックデザインなどという作業ができる人は、かーなーり少数派なのではないか?と思った。

以前私は、当時50代半ばの同僚にイラストレーターの操作を教えていたことがあったのだが、
なかなか覚えてくれなくて、教えていた私も、生徒役であった彼女もクタクタになったものだ。

「Macでデザインする作業なんて無理」と言い切った彼女は、半ば自嘲的に

「アタシたちの時代で、カレッジでグラフィックデザインを学んだ人はね、
みんなコレとコレしか知らないのよ~~(泣笑)」


といいながら、カッターナイフと糊を手にして苦笑していたものだ。



そういうことを経験してきたからこそ、70歳近くになってイラストレーターを使いこなすT氏には驚いた。
(乗ってる車はミニクーパーだし...ハイカラなジイさんなのである。^^)






そういえば、アメリカにやってきたばかりの頃「年配の人が普通にたくさん働いているな」と思ったものだ。
60代も半ばをとっくに過ぎているに違いない、という人が普通に仕事をしていることが実に多いのである。

働かなくては食べていかれない...という人もいるだろうし
隠居生活をするには体力がありあまっているし、お金を稼ぐのが好きだから働く...という人もいるだろう。

個々の理由は何であれ、社会の一員として働く老人たちが少なくないことに気づかざるを得なかった。


f0027944_145513.jpg



ラスベガスなどのカジノには、カクテルウェイトレスがいる。
ギャンブルに興じる人たちに、飲み物はいらないか?と聞いてまわり、
注文を受けると、カジノが提供する無料のドリンクを持ってきてくれるのである。
(タダとはいえ、ドリンク一つにつき1ドル程度のチップはあげてね)

どこのカジノにもこういったウェイトレスがいるのだが、その制服は、昔ながらのセクシー路線。

f0027944_17573747.jpg


露出度の高い制服を着ることになるとわかっているからか、
やっぱり若くて顔もキレイ、スタイルも平均以上という女性がこの仕事をしている場合が多いのだが...

ある日、こんなウェイトレスがいて驚いた。

後姿はフツーに色っぽいお姉ちゃん...

f0027944_175979.jpg


ところが、振り返った顔はどうみても「オバアちゃん」だったのである!!
そう、オバちゃんではなく、オバアちゃん。

f0027944_17593695.jpg



スゴイな~、どう見ても60代なのに、こういうカッコしてこういう仕事しちゃうんだもんな~。
しかも、おそらく本人もスタイルに自信があるから応募したんだと思うけど、後姿はかなりキレイ。

面接にやってきた彼女を採用したカジノ側も、いい意味でスゴイな...という感じ。^^;

でもね、スゲ~...とビックリしたのと同時に、彼女がすごくカッコよく思えたのも事実。
だって、やっぱりこういうカッコして、カジノ内を堂々と歩き回ってドリンクオーダーを取る仕事をしている
60代の女性って、なかなかいないと思うから。



f0027944_1473712.jpg



以前、小旅行をした先の小さなレストラン。

ウェイトレスが3人いたのだが、3人が3人とも、60代半ばの「オバアちゃん」だった。
でも、仕事はテキパキできるし、3人が3人とも、ホントにカッコよかった。

しかも、キャリアが長いらしく、客への対応もまさにプロ。
チップのためか張り切りすぎて、鬱陶しくなってしまうウェイターやウェイトレスを見ることもあるけれど
彼女らは、しつこすぎず、けれどしっかり客に気を配っており、絶妙のタイミングで世話を焼いてくれる。

常連も多いらしく、顔見知りが来ると
「あら~、今日は遅かったじゃないの!」
「久しぶりね~。しばらく姿が見えなかったから、どうしてるのかと思ってたのよ」と、家族かお友達のノリ。^^

久しぶりね~といわれた若い客も、まるで母親に話しかけられた子供のような顔になって、嬉しそうだった。

その丸太のような逞しい腕をしたオバアちゃんウェイトレスに、
「コーヒーのおかわりはどう?淹れたてだから特別に美味しいわよ♪」などと、
ニコニコ顔で話しかけられるうちに、なんだか「友達の家に泊まりにいったところ、
翌朝友達のお母さんが朝ごはんを作ってくれた」ような気持ちになってしまった。(笑)

常連客の中には、そんな古き良きアメリカの家庭の雰囲気を味わいたくて、
ここに来る人もいるのかもしれないな~...と思った。


f0027944_18132849.jpg



最後に一つ、そんな「元気に働くカッコいい老人」の中でもサイコーにカッコいい人をご紹介。

それはテキサスに住む、Jの祖母である。
(養父の母なので血のつながりはないものの、Jにとっては、大好きな優しいお祖母ちゃん♪である)


以前にもこの話は少々書いたのだが、J祖母、90代半ばにして、ほんの少し前まで仕事をしていた。

どんな仕事かって?




「老人のお世話」という仕事。(笑)




彼女が90代半ばなのだから、お世話する老人というのは、当然ながら彼女よりもはるか年下である。^^;

カッコよすぎるよな~、そんなのって。(笑)



ほんの少し前まで...というのは、数ヶ月前、庭で転んで腰を痛め、生まれて初めて入院したのだが、
それを機に、J父に「もう歳なんだし、そろそろ仕事はやめたら?」と諭されたため、であるらしい。


f0027944_18272438.jpg


ちなみに入院中も、トイレに付き添いましょうか?と看護婦が気遣ったときに
「アタシは一人で用くらい足せるから放っといて!」といって周囲を唖然とさせ、

退院が決まったときも、普通なら90代の患者が退院するとなると、家族の者がやってきて
あれこれ退院準備をするらしいのだが、彼女の場合、テキパキと自分で身の回りを片付け、
荷物も自分で持ってスタスタと病室を後にし、またもや周囲をビックリさせたらしい。(笑)




最近は、若いのにニートだの引きこもりだの、何もしないで毎日ボーっと暮らしている人もいる。
そんな彼らに、こんなカッコいいシニアたちのパワーを分けてあげられたらいいのにね~。(笑)








※アメリカの履歴書には、性別や生年月日を書き込む必要がありません。
もちろん顔写真を貼る必要もありません。

採用が決まればもう少し詳しい身元情報を提供する必要があるものの
書類選考の時点で、性別や年齢、人種を見て落とすことは差別であるから。

年齢...は、学校卒業年度を見れば少しは想像がつくけれど
(でもかなり年齢が上がってから改めてカレッジに入りなおしたりする人も少なくない)
性別や人種が想像とまったく違っていたというケースも珍しくないのです。









Thank you for voting!
↑シニアパワーに拍手してポチっと応援ありがとう♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-01-13 14:50 | Viva! めりけんらいふ
怒りのARIA
f0027944_2482867.jpg



J母も入れて3人で、ラスベガスに行ってきた。

今回の目的は、カナダのサーカス団、シルク・ドゥ・ソレイユのラスベガスにおいての6つ目のショーである
VIVA! ELVIS」が12月半ばにスタートしたので、それを観ることであった。

f0027944_2502526.jpg


このショーが行われているのは、こちらもまたオープンしたばかりの巨大カジノ&ホテル「ARIA」。

このホテル、とにかくバカでかい。
「ホテルの中に一つの街があるような感じ」と表現していた人がいたが、ホントにそんな感じ。

でも...成金的豪華さを誇るラスベガスのホテルらと比べると...巨大だけど地味...な印象。
なんていうか、お金はかかってるんだろうな~と思うけど、まるで空港みたいな感じなのよね。

f0027944_254529.jpg
写真はネットから拝借


通常、私とJだけでラスベガスに遊びに来る、または立ち寄るときは、こういった巨大ホテルには泊まらない。

なぜなら、駐車場に車を停めて、そこからホテルのチェックインカウンターまでものすごい距離を歩くことになるケースがほとんどだし、なによりスーツケースを引きずりながら広いカジノを通過するのも、面倒くさいし、それになんだかカッコ悪いもん。^^;

だから、二人で来るときは比較的小さな...できればカジノなんてついてない小さなホテルに泊まることが多いのだけど...今回は、Jがいきなりこの、どデカイARIAに部屋を取ってしまった。

「グランドオープニングで安くなってたから」とは、Jの言い分。

まあ、たまにはこんな話題のホテルに泊まるのもいっか。





ホテルのチェックイン時間は大抵午後3時くらいからのところが多いけれど、チェックアウトが11時とか正午である場合が多いので、午後1時くらいにチェックインしようとすればできることも少なくない。

なので午後1時半くらいにチェックインカウンターに行ってみると...

ものすごい人、人、人...

この時点で私は「やっぱり小さなホテルに泊まればよかったのでは??」と思ったりして...


カウンターから戻ってきたJがいうには、前日の夜にコンピューターがダウンしたとかで、
チェックアウトする人とチェックインする人とが大変に手間取っているという。

じゃあ、少ししたらまた戻ってきてみよっか...と、とりあえずその場を後にした。

→続きはこちらをクリックで♪
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-12-30 05:51 | Viva! めりけんらいふ
帰ってきた「Viva! めりけんらいふ」
いや~タイトルを見て「?」と思った人も少なくないと思うのですが、
実は以前は「Viva! めりけんらいふ」というエッセイマンガのようなものもときどき載せてたんですね。^^;

でも、あの程度のイラストを描くのも、写真を撮るより時間がかかることもあって、しばらくストップしてました。

けれど...せっかくカテゴリまで作ったんだし...ということで、装いも新に復活させてみようかと。^^

というわけで、これからはまたたまに載せてみたいと思っています。
帰ってきた「Viva! めりけんらいふ」をどうぞよろしく~♪

※以前、「めりけんらいふ」とはどういう意味なのか?と聞かれれたことがあるのですが、
なんのことはない、American Lifeを、英語の発音そのままに日本語書きしただけのことです。^^

※過去の「Viva! めりけんらいふ」は⇒こちらをクリックで見られます。

f0027944_555470.jpg


日本と比べたら暖かい南カリフォルニアではあるものの...
やっぱりかなり冷え込んできました。
f0027944_6105896.jpg

こんなとき、日本国外に住んでいる日本人が一番恋しく思うのは...

コタツでもなく...

鍋でもなく...

やっぱり

日本のお風呂だと思うわけなんですね。

f0027944_614116.jpg


→続きはこちらをクリックでね。^^
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-12-09 07:17 | Viva! めりけんらいふ
Viva! めりけんらいふ Vol.8 「真夜中の恐怖」
f0027944_1514396.jpg
f0027944_15156100.jpg

お久しぶりです、めりけんらいふ...
続きは↓をクリックだにゃん♪

ランディお兄ちゃん、気を確かに!!!
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2008-04-28 02:27 | Viva! めりけんらいふ
それでも彼女は暖を取る
f0027944_10452643.jpg
f0027944_10454073.jpg
f0027944_10455294.jpg
f0027944_1046546.jpg
f0027944_10462658.jpg
f0027944_1046383.jpg
f0027944_1047362.jpg
f0027944_10475569.jpg
f0027944_10481193.jpg
f0027944_10484026.jpg
f0027944_10485942.jpg
f0027944_1049398.jpg
f0027944_10495469.jpg
f0027944_10502889.jpg
f0027944_1050492.jpg



ピーチちゃんたらそこまでして...と思ったらポチっと♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2008-01-11 11:29 | Viva! めりけんらいふ
ゴハン!
f0027944_3242417.jpg
f0027944_3243830.jpg
f0027944_3245237.jpg
f0027944_3253113.jpg
f0027944_3254522.jpg
f0027944_3262991.jpg
f0027944_3264136.jpg
f0027944_3275322.jpg
f0027944_3265547.jpg
f0027944_3283494.jpg
f0027944_3285049.jpg
f0027944_329662.jpg
f0027944_3302799.jpg
f0027944_3304057.jpg


この他にも本人は「シューマイ」という単語も知ってると主張するのだが...
正確にはそれは飲茶の店で覚えたので、中国語としてカウントされると思う。

で、知ってる中国語は「シューマイ」のみ。
知ってるタイ語は「ヤムヤイ」(タイのサラダの名前)のみ。
知ってるベトナム語は「Pho」(お米の麺で作ったベトナム風ラーメン)のみ。
韓国語は「キムチー」のみ。

食い物ばっかやん...アンタ...


腹減った猫に「今のナシ!」は通じんよ...と思ったらポチっと♥



丸猫美術館
現在なんと25もの丸猫作品が展示されています!
ご参加くださっているみなさん、ありがと~!

コンパスで描いたような真ん丸あり、オニギリ風あり、立体的なドーム型の丸あり、なんと猫以外のゲスト参加による丸猫チャレンジ作品あり...と、楽しい美術館になっています♪
まだうちのコが参加していない...というかた、期限限定のイベントではなく随時作品募集しているのでお気軽にどんどん参加してくださいね。^^

参加はサイト内の画像掲示板から簡単にできます。
クリックで丸猫美術館へ
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2007-12-28 03:37 | Viva! めりけんらいふ
Viva! めりけんらいふ vol5 「知らない単語」
f0027944_2151944.jpg
f0027944_2153680.jpg
f0027944_2155232.jpg
f0027944_216216.jpg
f0027944_2162252.jpg
f0027944_2163693.jpg
f0027944_21706.jpg


さ~て続きはどうなる?!
↓をクリックしてね!

私の...なんだって?!
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2007-12-05 02:14 | Viva! めりけんらいふ
Viva! めりけんらいふ vol4 「エアフミフミ」
f0027944_251590.jpg
f0027944_2512276.jpg
f0027944_251396.jpg
f0027944_2515638.jpg
f0027944_2521050.jpg
f0027944_2522812.jpg
f0027944_2524782.jpg
f0027944_2545142.jpg
f0027944_253526.jpg


この「空中でフミフミ」って、猫にとっては普通なんでしょうか??
うちの場合、ほかの3匹は重くてこんな風に持ち上げられないので(特にロン毛の誰かさん...かあちゃんの腕が折れますがな)、ヤツラも果たしてこうなのか確認することができないのですが...
真剣な顔をして何にもないところをフミフミするピーチ様ったら、なんだか妙...^^;

※Jはホントにピーチにビクビクしながら毎日を生きてまして(?)、通路に彼女がいるのにそこを自分が通りたいときなんぞ、「何にもしませんよ~...だからちょっと通っていいですか~?ハイハイ、静かにそぉ~っと通りますからね~...」てな具合になってます。
(ドカドカ歩き回るJのデカイ足が嫌いなピーチちゃんは、三白眼でヤツにガン飛ばし状態)
でもピーチちゃんが真ん丸くなってお昼寝してたりすると、「可愛い~~~♥ ピーチってホントに可愛いよね~♥」とヒヒジジィ状態にもなってるJもこれまたわけわからん...

エアギターとは何ぞや?というかた:
クリックしてね→YouTubeでのエアギター動画


確かにエアフミフミには意味がないぞっ!と思ったらポチっと♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2007-11-24 02:50 | Viva! めりけんらいふ

| ページトップ |

Copyright © 2005-2010 A little something to say from California. all rights reserved.
Any use of these images on this site without permission is STRICTLY PROHIBITED.
当ブログ記事内の写真及びにイラスト(配布しているアイコンは除く)の無断複写・転載は固く禁じます。



Happy Shooting!
by mari_CA
By: TwitterButtons.com

★ごあいさつ★

 

どれか一つ↑
ポチっと応援
ありがとうございます♪


「白背景+トップ画像」だけの、シンプルなオトナ向けスキンばかりです。初心者にも簡単にできる詳しい解説つき!
エキブロスキン配布中♪

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
★NEWS...kinda★
★PROFILE★
★Rest in Peace★
★More to check out★
★猫アイコン製作★
Memo and such...

Click for Orange, California Forecast

無料カウンター





California Time

最新の記事
★★ブログ引っ越しのお知らせ★★
at 2012-05-13 04:18
はだかんぼ
at 2012-01-23 15:49
死の谷の奥でひっそりと動く岩
at 2012-01-07 14:56
八割れ仔ハム
at 2011-12-26 15:40
アリクイ・ベイビー...?
at 2011-10-26 16:58
モルショー初体験!
at 2011-10-14 16:47
お持ち帰り専用、ミニ・猫カレ..
at 2011-10-08 15:05
カテゴリ
全体
動物


海獣
大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
Nature
お持ち帰り用カレンダー
ART
アメリカ人って...
ライフスタイル
日常
異国文化
グルメ的 in California
小旅行
ちょっとびっくりな話
ねこマンガ
猫動画
Hamster
モルモット
Viva! めりけんらいふ
アタシ様倶楽部
Grave Hunting
家族がらみ
音楽がらみ
San Diego
仕事
Breaking News
その他
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
★猫LINKS★
★写真&MISC. LINKS★
★SKIN編集LINKS★
★Font Links★
★会員登録しています★

おサカナさん♪