★★ブログ引っ越しいたしました★★ 移転先→ A little something to say from California

カテゴリ:モルモット( 31 )
Top▲ |
はだかんぼ
自宅から車で30分もしない場所に、小さなPetting Zooがある。
Petting Zoo、つまり「ふれあい動物園」

以前からこの場所のことは聞いていたけれど、特に興味を惹かれたことはなかった。
そう、ここにスキニーモル(Skinny Guinea Pig)が導入された、と聞くまでは。^^;

スキニーモルって?
と思う人も少なくないだろう。

モルモットというただでさえマイナーなペットにして、しかもスキニーなどと呼ばれる種はいったい何か。


はい、そういうことでこのPetting Zooにスキニーモルを見るために出向いてきたので
早速そんなスキニーくんたちの写真から見てもらっちゃいましょうか…(笑)

じゃじゃーん!! 
こんなモルモットの種類がいるって知らなかった人、びっくりした? ^^;

f0027944_1240229.jpg


犬や猫にも毛のない種類がいるが、実はモルモットにもこのような「ヘアレス」タイプがいるのである。

f0027944_1247122.jpg


こういうモルモットが存在するというのは知ってはいたものの、実物を見る機会はなかった。
普通のペットショップで売られているのは、見たことない。(日本ではどうなのだろう?)
ネットで検索してみるとどうやらブリーダーはいるらしいので
欲しい人は直接そちらに連絡を取って購入するのだろう。

英語でスキニーといえば、痩せていることを指すことが多いが
この場合のスキニーは『「スキン=肌」っぽい』という意味であろう。

ポヤポヤと毛が生えてるコもいれば、ツルツルっぽいコもいて興味深い。^^

f0027944_14362795.jpg


こんな「はだかんぼ」のモルを、可愛いと思う人と、ちょっとこれは…と敬遠してしまう人と
両極端に分かれるのではないか、と思う。(笑)

私は以前から、ツイッター友達が飼っているスキニーモルの写真を見て可愛い~♪と思っていたし
以前ペットショップでやっぱり同じように毛がないタイプのラットを見て可愛く思ってしまったJも
当然というか、ここで初めて触れ合ったスキニーモルたちをとっても可愛く思った。^^

それにしても、毛に覆われたモルモットを見慣れていると
これが同じモルモットという動物なのか…というほどレアな容貌をしているものだ…と思ってしまう。

毛がないとやっぱりモフモフしたお友達が恋しくなるのか…(笑)

f0027944_12503411.jpg


ちなみにここのモルモットたちはウサギと同じ場所にいる。
けっこう仲良しみたい。
あ、もちろん毛に覆われたモルたちもたくさんいるよ。^^

f0027944_12554919.jpg


それにしても…

f0027944_14264244.jpg


どっちを見ても…

f0027944_14271058.jpg


モルモットとウサギにあふれてて…

f0027944_14273632.jpg


なんというか…

f0027944_14282445.jpg


萌えるーーーーここ!!! ヽ(`♥Д♥´ヽ)

 

ん? しーちゃんに似てるコ発見!(笑)

f0027944_15311240.jpg


それにしてもみんな可愛い♪ 

f0027944_15315610.jpg


f0027944_15343889.jpg


ここでは入り口を入ったところでこうした小さいカゴに入った野菜を2ドルで買える。

これを持ってウサギ&モル広場に入ると、さっそくモルたちがドヤドヤとやってくる~♪

ウサギさんたちはモルたちに比べると遠慮深いというか、キミたちも野菜お食べ~♪と差し出すも
その横から食欲の権化であるモルがひょっこり顔を出してその野菜を奪っていくのであった。^^;






こちらはメスのモルたち。
生まれてまもない仔モルたちはまだここで母親と一緒。

f0027944_15353885.jpg


ときどきこうしてヘコへコと交尾のような行動も見られるのだが…^^;
ふれあい広場にいるモルはみんなオス、ウサギはみんなメスなので自然繁殖はしてないそう。
順位付けとかそういう意味でやってるのかな…猿なんかもやるっていうよね。

f0027944_15324240.jpg




それにしても、初めて見て触れてみたスキニーモルはホントに可愛かった♪


f0027944_14461923.jpg


ああ、今はスペース的に無理だけど(といいつつ次々とお迎えしてきてしまったのも事実だが)
いつかはスキニーモルを飼ってみたいなぁ~♪ ^^

f0027944_15363956.jpg





ポチありがとでしゅ♪
奇妙だけど可愛いスキニーモルくんを応援してポチっと応援ありがとう♥


★撮影場所★
Zoomers Petting Zoo
→HP













.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2012-01-23 15:49 | モルモット
モルショー初体験!
人生初のモルショー体験をしてしまった。

モルショーとは何ぞや? と思った人も少なくないのではないかと思うが
ドッグショー、キャットショーと同様の、モルモットショーなのである。

全米のあちこちで大小さまざまな規模のモルショーが行われているらしいのだが
何しろ広いアメリカ合衆国、これまでに実際に見る機会に恵まれたことはなかった。

今回訪問したモルショーは、南カリフォルニア・フェアというお祭りの一環であるらしい。
こういったフェアというのは、ヤギやヒツジといった家畜が用意されていることが普通なので
モルモットのショーがあったとしても、まあ不思議ではないのかもしれない。

そして…てっきり屋内イベントだろうと思っていたモルショーは、なんと屋外で行われていた。

f0027944_161528.jpg


暑くないのか?と思ったのだが、さすがの砂漠気候、日影に入れば涼しいので
屋外会場となったここも、とりあえず屋根があるのでそれなりにすごしやすい環境ではあった。

この日の出場モルの数は…えっと、57匹。
リストにあるアビシニアンやアメリカンというのは、モルモットの種類である。

f0027944_161821100.jpg


ケージの中で出場待ちしているモルモットたち♪ ^^ 

f0027944_16165676.jpg


審査員は、慣れた手つきで1匹1匹のチェックをし、体型や毛の具合などに点数をつけていく。

f0027944_1622148.jpg
f0027944_16235184.jpg
f0027944_1624931.jpg
f0027944_16243175.jpg


プププ…モルモットだとわかっていても、まるでカラフルなカツラが並んでいるかのよう…(笑)
f0027944_16264530.jpg


ロングヘアタイプのモルモットは、出番が来るまでこうして長い毛の先っちょをまとめられている。
f0027944_16274520.jpg

出番になるとこれを外し、櫛でキレイに梳かれて審査台に上るわけである。^^

我が家のてっちゃんみたいなカーリーヘアのモル。
ウェーブがキレイにでるよう、出番前には軽く水をスプレーしてもらっていた。
その様子はまるでファッションショーの舞台裏。(笑)
f0027944_16295867.jpg
f0027944_16304371.jpg
f0027944_1632611.jpg
f0027944_16322887.jpg


ショーに出るようなモルモットは、こうして耳に小さなタグをつけている。
f0027944_16335618.jpg


このタグは、簡単には外れないようになっているとかで
先日てっちゃんを里子に迎えた保護NPOにも「引退したショーモル」がいて
やっぱりこのタグが耳についたままになっていた。

NPOのスタッフは「これ、専用の機械でないと取れないのよね…」といっていた。
引退したショーモルが保護施設に連れてこられるというのもなんだか複雑な思いを抱かされるが
せめてその前に、元の飼い主はこの耳タグを取ってあげればいいのに…

f0027944_16384961.jpg
f0027944_16392814.jpg


小規模ではあったものの、それなりに興味深い体験にはなった。
今度はもっと大きなモルショーにぜひ行ってみたい。^^

ま、そんなにメジャーなイベントじゃないから、こっちが目を皿のようにして
ネット上を探しまくらないとならないんだけどね。(笑)

それにしてもジャッジのおじ様の刈り上げヘアが気になってしかたない…^^;
f0027944_16414717.jpg


これ、奥さんとかがカットしたのかしら?
それなりの晴れ舞台なんだから、普通に床屋さんでカットしてもらえばよかったのに…

...って、余計なお世話である。(笑)




ポチありがとでしゅ♪
引退しても可愛がってあげてね...と願いつつポチっと応援ありがとう♥










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-10-14 16:47 | モルモット
Save a lifeということ -てっちゃんことTEX登場!
8月末、ロサンゼルス郡内の、ボールドウィンパーク市アニマルシェルターに
なんと152匹ものモルモット(妊娠中のメス多数含)を持ち込んだ一人の女性がいた。

これまでにも20匹から30匹という大量の小動物を持ち込んだバカな飼い主はいたものの
今回はなんと150匹というとんでもない頭数で、このニュースは瞬く間にTVやネットを駆け巡った。

f0027944_750239.jpg


英語でBackyard Breeder(裏庭ブリーダー)などと軽蔑の念を込めて呼ばれる人たちは
モルモットやウサギやハムスターの仔が可愛いから...というだけでオスメスを一緒にしておき
気がつけば文字通りネズミ算となって恐ろしい勢いで数が増えてしまい
自分ひとりでは手に負えなくなったことに気づきシェルターにまとめて持ち込んだり
ときには近所から悪臭や鳴き声による騒音に対する通報があったりして発覚する。

どういうわけかここ数ヶ月で、南カリフォルニア在住のモルモットの裏庭ブリーダーが
こうして大量の個体をシェルターに持ち込むという酷いニュースが続いた。

そんな可哀相なモルモットの総数は、すでにシェルターにいた個体も含むとなんと300匹以上。
妊娠中のメスが何匹もいるので、総数はあっという間に増えること間違いなし。

f0027944_753035.jpg


アニマルシェルターはあくまでも持ち込まれる動物を一時的に保護しておく施設である。
時間が経てば、そこには安楽死と呼ばれる決して安楽ではない殺処分が待っている。

ボールドウィンパークのシェルターに持ち込まれたモルモットたちは

オレンジカウンティのモルモット保護NPO「Orange County Cavy Haven
そして、サンディエゴの小動物の里親斡旋NPO「Wee Companions
さらにはアリゾナ州の小動物保護NPO「Piggie Poo Small Animal Rescue

と、それぞれ分散して保護された。

保護NPOは、とりあえず一定の期間が過ぎれば殺処分、などということはしない。
フォスターホームと呼ばれる一時預かりのボランティア家庭などのヘルプをも借りて
なんとか里親を探し出そうとボランティアスタッフが手を尽くす。

152匹のモルモットの件がTVで大きなニュースとなったこともあり
今回は大手ペットショップチェーンが牧草や餌や床材をNPOへ寄付してくれたり
また有名牧草メーカーも大箱数箱をどどーんと届けてくれたりしたらしかった。

f0027944_811489.jpg


これまでにも、住人が引っ越した後にシロアリ駆除業者が作業をしようと敷地内に入り込んだところ
裏庭になんと30匹ものモルモットが放置されていた、などというニュースを目にすると胸が痛んだ。

けれど、例の152匹を含む里親待ちのモルモットの総数300匹以上というのは
胸が痛むのを通り越して、なんだか息苦しくなるのを覚えた。

あまりにもあまりな頭数だし、そんなことをするバカな人間に対する単純な怒りである。




そして、私とJは決めたのであった。


そんな里親を待つ可哀相なモルモットのうち、せめて1匹を我が家に迎え入れようと。


自己満足だと思う人もいるかもしれない。
偽善行為だと思う人もいるかもしれない。
たった1匹を救ったって、あと数百匹は救えないじゃないか、と思う人もいるかもしれない。


けれど、300人の人が1匹ずつ救う方向に持っていけたとしたら...
(理想論ではあるけれど)ホームレスモルモットはいなくなるんだよね。



そして、保護団体の一つであるWee Companionsにメールで連絡を取ってみた。
こちらが訪問できる日、時間を伝え、どんなモルモットを里子に迎えたいか希望はあるか...
など、実際に動物たちを見に行く前に何度もメールのやり取りをした。

我が家に現在いる3匹は去勢していないオスだし、メスを迎え入れ彼らを刺激することはしたくない。
だからオスを里子に迎えたい、仔モルである必要はない、毛色や種類の希望は特になし。
そう伝えた。

そして17日。
メキシコとアメリカの国境まであと数キロ、というImperial Beach市のWee Companions訪問。

f0027944_8192865.jpg


小動物保護NPOといっても、特別な建物があるわけではなく、普通の家である。
NPO代表女性が本日は留守ということで、ボランティアのDebbieさんがニコニコ迎えてくれた。

↑の写真らはすべてここWee Companionsでのものである。

決して大きな家ではないものの、裏庭にいくとモルモットたちが暮らすケージがズラリ!
大きなケージは1m×1mほどあり、その中には10匹程度のモルモットがいる。
そんなケージがいくつもいくつもあり、それとは別に空調が効くようになっている建物が二つあり
その中には、これまたモルモットが1匹もしくは2匹ずつ入ったケージが隙間もないほど...

いやはや、いったい何匹いるんだろう???

100匹はいたと思うのだが、Jは「200匹近くはいたよ!」という。
うーん...確かにそうかもしれない。
ちなみに、獣臭さ、のようなものはまったく感じなかった。
掃除が行き届いているのだろう。


Debbieさんはすでに、私たちが気にいりそうな、というか条件に合いそうな数匹を用意してくれていて
そのほかにも気になるコがいたら遠慮なくいって欲しいという。

もちろんここにいるすべてのモルモットがすでに里子に行く準備OKというわけではなく
たとえば生まれたばかりの仔モルやその母親、健康チェックが済んでいないコ、
病気などで薬が必要なコもいるので、そういったコは現在はまだ養子縁組対象外である。

f0027944_829265.jpg


Debbieさんが、私たちが気にいるのでは?と用意していてくれたコは、こちらの希望通りみんなオスで
どのコもみんな人懐っこくおとなしく、抱っこしてもそのままジーっとしているいいコたちばかり。

しかしこれは...
たくさんのモルモットを見れば見るほど、どのコを選んだらいいのか迷ってしまうではないか!

それに、どのコを選んでも、選ばなかったコたちに若干申し訳ないような気持ちになるのは必至だし...



迷った。
ものすご~~~~~~く悩んで、迷った。

できれば数匹まとめてつれて帰りたい...
だってみんなものすごくいいコなんだもの...




けれど、狭い我が家ではあと1匹がギリギリなのである。




1時間ほどNPOにいただろうか。
運命の決定をしなくてはならない。



そして、選んだ。


Debbieさんが最初に用意してくれていたコたちの中の1匹の、このコである。

f0027944_836358.jpg


最終的に2匹に絞って、ホントにホントに悩んだのだけれど...
ミニサイズのヒツジのようなカーリーヘアのこのコに決めた。

選ばなかったコたち、ゴメンね。
みんなにいい里親が現れることを祈ってるよ。

まるでパーマをかけたようなこの毛は、Texel(日本語ではテクセルまたはテッセル)
というモルモットの種類の血を引いているからであるらしい。
手触りも、ちょっとゴワゴワしているというか、オモシロイの。

f0027944_8384811.jpg


名前は、TexelのMixだから、という安易な理由でTexに決定。
ブログやツイッターに登場する和名は「てっちゃん」ね。^^

おとなしくって人馴れしてて、とってもいいコ♪
推定年齢は、1~1歳半であるという。

はるばるオレンジカウンティまで車で帰るときも、怖がることもなく、おとなしくしてた。

f0027944_841569.jpg


連れ帰った当日はさすがにやや緊張気味かな、という感じがしたものの
翌日になると見るからにリラックスしてきたのが見てとれた。

だって...表情豊かになってくるんだもの、安心した小動物って。^^

f0027944_8441243.jpg
f0027944_8442760.jpg
f0027944_8444143.jpg


やっぱり緊張してるときは、人間と同じで緊張した顔つきなんだよね。

野菜もペレットもモリモリ食べ、こちらの呼びかける声にも興味を示すようになった。

f0027944_8455699.jpg
f0027944_8461211.jpg
f0027944_8463043.jpg


てっちゃん、これからここは、ずーーっとキミのおうちだよ。
やがてキミが年をとって、その大切な一生を終えるときまで、ずーっと一緒だよ。
ホームレスモル、なんて呼ばれることもないんだよ。^^

だからキミは、とうちゃんかあちゃんを一生懸命癒してね。
その可愛いモルモットという命の入れ物のすべてを駆使して癒してね。

f0027944_934913.jpg



こちらは数年前にTVの取材を受けるWee Companionsの動画。
登場するのはDebbieさんではなく、NPO代表のFenellaさんです。
設立して以来、Wee Companionsは6,000匹以上の小動物を保護してきました。

http://youtu.be/P62gfNE3kTs








ポチありがとでしゅ♪
新顔てっちゃんのシアワセを願ってポチっと応援ありがとう♥










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-09-19 09:07 | モルモット
9ちゃんのモルエステ初体験
私が最初にモルモットと暮らしたのは今からはるか昔の小学生の頃で...
正直いって、子供だった私が積極的に熱心に世話をした、という記憶はない。

f0027944_8351293.jpg


餌となる野菜(モル用ペレットなど当時あったのだろうか?)をたまにケージの中に入れてやるくらいで
それ以外はたまに撫でてやる程度...で、今のように密接な関係は持っていなかった。

巻き毛の三毛モルだったのは覚えているものの、いったいどこから我が家にやってきたものやら??
世話をしていたのはおそらく母親で、父親が作った専用ケージは家の外に置かれていた。

「モルちゃん」という名だったそのモルモットがどのくらい生きたのかもよく覚えていないのだが
何年も生きた...という記憶もないということは、あまり長生きはしなかったのかもしれない。

f0027944_8382136.jpg


ところが、大人になってから飼い始めたモルモットたちといえば...

も~~~~上げ膳据え膳の「おモル様」である。( ̄▽ ̄;)

野菜はファーマーズマーケットで買う有機栽培モノがほとんどだし
牧草(モルちゃんは牧草なんて貰ってなかったな...)は評判のいい生産者からネットで注文。
猫たちよりよっぽど金がかかるし、ついでにヤツラは自己主張は強くてワガママで贅沢で...

そして今回ついに、我が家の総領モルの9(キュウ)ちゃんが
モルエステ(?)を体験してしまったのである!!

f0027944_8413942.jpg


モルモットのオスは、お尻の近く、ちょうど本来ならば尻尾があるあたりに「臭腺」を持っている。
ここからホルモン系の液(?)が出るらしいのだが、個体によってこの辺りの汚れ度は違うという。

我が家の場合、10(テン)ちゃんとしーちゃんはこの臭腺周辺がサッパリしているものの...
9ちゃんはここがベタつくタイプだったらしく、しかも毛が白いこともあって汚れが目立っていた。

このベタベタは脂系のベタベタで、お風呂に入れてもここだけはなかなかキレイにならないのである。

というわけで、臭腺をキレイにしてもらえるかな...と期待していざ、エステへGo!
f0027944_913356.jpg


連れて行った先はペットの美容院ではない。
実はこの日、地元のモルモット保護NPO(あるのである)が主催した里親募集ミニイベントがあり
Boar Cleansing、つまりオスのモルのエステをもやってくれるとサイトで目にしていたのである。

スタッフの女性に臭腺部分の固まった毛をカットしてもらう9ちゃん...
f0027944_9155956.jpg


ここのガビガビをキレイにするにはどうしたらいいのかと聞くと...
なんと、「水で薄めたDawnを使うといいわよ」との答え。

え...?
Dawn?!

...Σ(゚Д゚;エーッ!


だってこのDawn(ドーン)って、食器洗い用の液体ソープのことだよ。
そんなの使っていいの~??

でもそういえば...BP社の原油流出事故でオイルまみれになった野鳥を捕まえて
その羽をキレイにするのに使われていたのは確かにこのDawnだった。

人間の手にダメージを与えず、油汚れだけを落とすように作られているので安全なんだとか。

まあ、口に入れるわけじゃないし、このDawnも水で薄めてるし
しかも最後はよ~くお湯で流して...ってことなんで、そんなに心配するほどのことでもないのかな。

f0027944_9295365.jpg


臭腺のほかにも、オスのモルには飼い主によるお手入れが必要な部分がある。

それは...実は私は今回初めてこのことを知ったのであるが...

つまりモルの生殖器、医学的にいえば陰茎、可愛くいえばおチンチンのすぐ下の部分に
穴?のようなスペースがあったのである。

手足の短いモルモットは、牧草などの上を歩き回るうちに、この謎の隙間に牧草のカスなどが入ってしまい、それが自分でグルーミングしている最中に取れるようなものではないらしいのである。

スタッフの女性は綿棒に人間用のベビーオイルを染み込ませ、この隙間にチョイっと差し込んで...
まるでヘソのゴマでも取るかのようにそっとグリグリしだすではないか!

f0027944_9353384.jpg


...衝撃であった。

これまでモル飼いの本を読んだり、ネットで飼育サイトを見たことはあったけど
どこでもこんな「オスのためのお手入れ」については教えてくれなかった。

少し前に、モル飼いのツイッター仲間に、オスはペニスを押し出してその周りについている
カスを綿棒などでキレイにしてやるといい...と聞いて、それだってかなりの衝撃であったというのに!!

9ちゃん、嫌がってないということは別にこのお手入れは不快ではないらしい。

f0027944_9515231.jpg


この謎のオス穴(と呼んでしまいたい)からは、綿棒の先っちょほどのカスが出てきた。
それはやっぱり牧草の小さなカケラや埃のようなものの集まったもので...
こんなものがこんなところに入り込んでいた、というのも驚きである。

スタッフの女性がいうには、ピンポン玉くらいの大きさのカスを取り出したこともあるとか。
ちなみにそのモル、関連があるのかわからないが野菜はキャベツしか与えられていなかったらしい。

最後には爪をすべてキレイにカットしてもらった9ちゃん♪
f0027944_9553690.jpg


ちょっと9ちゃん、せっかくキレイにしてもらってるのに、ウンPひり出してどーすんの?! ( ̄д ̄;)

f0027944_9585780.jpg


これでモルエステは終わり。
料金は$13。

謎のオス穴のお手入れは難しそうに見えるかもしれないけれど、自宅でもできるわよ~といわれた。
ベビーオイルでもいいそうだが、一番いいのはココナツオイルだそうである。
あんなところに綿棒突っ込むのちょっとコワイんだけど、できるかなあ...



ところで...

この日のメインは里親募集ということで、おかあちゃんモルと生後2週間の仔モルたちもいた。
もちろんすでに大人のモルもいて、そのうちの何匹かが新しい家族と出会ったようだった。^^

f0027944_102233.jpg


犬や猫と比べると、どうしてもペットとしてはマイナーな印象のモルモット。
けれど、一緒に暮らしてみればとっても可愛く、また楽しい生き物である。

みんな、温かくステキな家族に迎えられますように♪ 




オレンジカウンティのモルモット保護&救援NPOのサイトはこちら⇒http://www.cavyhaven.org/
里親募集のモルモットが常時多数います。





ポチありがとでしゅ♪
すっきりさっぱりした9ちゃんにポチっと応援ありがとう♥










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-05-22 10:11 | モルモット
モルモル・リモデル
かつて、故シューマイちゃんや故モチちゃんのハムスターハウスを改造しまくって楽しんだけど...
9(キュウ)ちゃんたちのモルケージは特に大掛かりな改造をしたことはなかった。

寝床の上にDIY屋で切ってもらった板を乗せて、その上でゴロゴロできるようにはしてあったけど
こんなの改造というまでもないしね。^^;

ところが今回、思い切ってモルケージにロフトをつけてみたのである♪

メインの部分に使用したのはコレ!
キッチンなどに取り付け可能の、ワイヤー製の簡易棚。
100円ショップに毛が生えた程度の店で見つけて購入。^^

f0027944_6373618.jpg


それを、ケーブルタイとかプルタイと呼ばれるプラスチックのコイツでケージにくっつけて...

f0027944_6412191.jpg


渡り廊下に当たる部分は、ネットで見つけて気にいったこれを使う。(1つ10ドルを3つ購入)

f0027944_6423280.jpg


これもワイヤー棚にギュッと縛り付けて...

f0027944_643521.jpg


これだけだとイマイチ頼りないので、ワイヤー板を曲げたのを隣りに置いて支えにする...っと。
ちなみにこれは、モル用のプレイサークルだったのを1枚取り外して使うことに。^^;
こういうのが6枚くっついて、プレイサークル1セットとして売られてるからね。

f0027944_6471446.jpg


作業中だというのに10(テン)ちゃんは呑気にお食事...(笑)

f0027944_6494055.jpg


ハイハイ、10ちゃん、できたよ~♪

f0027944_6512123.jpg


9ちゃん、新しいケージはどうかな?!

ところでロフト部分には、写真だとはっきり見えないかもしれないけれど
薄い透明のプラスチック板(アセテート)を取り付けてある。

最初、それはナシでもOKかな...と思ったんだけど、高さ30センチもあるのに
9ちゃんが一度ここからケージの床部分めがけてダイブしたんで...ね。^^;
手足が短くて決して運動神経がいいとはいえないモルにはちょっと危険かな...と。

f0027944_6531412.jpg


むふふ...9ちゃんたら、すでにロフト部分が気に入った模様。

f0027944_6554754.jpg
f0027944_6564728.jpg


しーちゃんのケージには、これまでハウスの上の板さえも置いてなかった。
つまりしーちゃんは常に床部分だけに暮らしていたわけで...
今回の改造はしーちゃんに取って初めての、しかも大掛かりなリモデルなのである。

f0027944_732578.jpg


最初は、ハウスの入り口から顔を出した状態でちょっと上を仰ぎ
突然にして現れた屋根の一部をクンカクンカして「何じゃこりゃ?」とでもいうような顔をしていたけれど
その上にジャンプして乗ることができると悟った後からは、もう飛び乗りも飛び降りも朝飯前!^^

あっという間にロフトへの道もマスターしたよ♪

f0027944_6595436.jpg


ハウスの屋根の上部分は、これまでも9ちゃんや10ちゃんがいっつもそこでゴロゴロしてることから
ああ、モルってそこが好きなんだなー...と思ってはいたけれど
しーちゃんとて例外ではないわけで...ハイ、このとおり♪^^

f0027944_78204.jpg


それに...あれ?と思ったのは、ケージ改造してから
しーちゃんのワイヤー部分への咬み癖が見られないこと。

しーちゃんのこの「ガジガジ」は、主に「出せ出せ~~外に出せ~」だったんだけど...
こうして常に外界が見える状態になると、そこまでヒステリックにワイヤーを咬む必要がなくなったのか?

って、まだ改造して間もないので、ホントにこの咬み咬みがなくなったとは言い切れないけど。^^;

f0027944_7264115.jpg


ま、とりあえずモルたちは改造ケージを楽しんでいるようなので、めでたしめでたし♪ 

f0027944_7334279.jpg
f0027944_734076.jpg



ポチありがとでしゅ♪
ロフト満喫のモルたちにポチっと応援ありがとう♥










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-04-18 07:35 | モルモット
しーちゃんのムラムラ
しーちゃんが初めて我が家にやってきたのは1月17日だった。
あれからすでに2ヶ月ちょっとが過ぎたことになる。

誕生日がわからないのだけれど、最初はかなり小さかったので
生まれたのは12月の後半、もしくは1月になったばかりのころではないかと思う。

f0027944_23482584.jpg


今では身体の大きさもおそらく2倍くらいになり、9(キュウ)ちゃんや10(テン)ちゃんと比べるとまだまだ小さめなものの、モルモットのオスは生後60日で(3ヶ月という説もあるが)性的に大人になったと見ていいとのことなので、ちっちゃかったしーちゃんもとりあえず無事に大きくなったというわけである。

生まれ持っての性質なのか、それとも誕生して間もない頃に我が家にやってきたせいなのか
しーちゃんはうちの3モルの中で特にベタ馴れ系で、とにかくいつも人間のそばにいたがる。

f0027944_23511620.jpg


その甘え方は小動物というよりはまるで猫のそれのようで...
モルモットらしくないといえばそうかもしれない。

とにかく飼い主とべったりくっついていたいらしいので
ケージのワイヤー部分をガジガジ咬んで「出せ出せ」とうるさい『困ったちゃん』なのだ。

f0027944_23532522.jpg


そんなしーちゃんが、少し前から妙な具合にかあちゃんの手にまとわりついてくるようになった。
猫が飼い主にゴツンゴツンと頭を押し付けながら甘えてくる様子、アレに似てる。

もともとベタ馴れなしーちゃんのこと...
そんな仕草もなんだかまるで猫みたい...と思っていたものの、やっぱり妙である。

f0027944_23545945.jpg


モル飼い歴が長いツイ友(ツイッター仲間)にその様子を動画で見てもらったところ

『...求愛行動みたいにも見える...』って。

...

...

...

... ( ゜A゜;)マジッ?




ちなみにこれがその動画。
かあちゃんの手に萌えまくっているらしい。(ノε`*)ノ テレ♪
ルルルルルルルルと鳴いているけど、これも求愛の歌声みたいで...^^;

http://www.youtube.com/watch?v=3A31XCj1ZEw



こんなことをしていた翌日。

しーちゃんが、やっぱりかあちゃんの手に両前足をかけて、まるでよじ登るようにしてくる。
ん...? と思った瞬間...

そ、その動きは...ちょ、ちょっと待て、しーちゃん!!! ☆^(*≧口≦)=3

今のは完全にへコへコしてたよね、しーちゃんてば...
やっぱり発情期なんだなあ...

まだ赤ちゃんだとばかり思ってたのに。
人間の生きるスピードと同じに考えちゃダメなんだよね。

f0027944_0554943.jpg


というわけで、どうやら「ムラムラ」しているらしいシド君。

ヌイグルミを与えてみるのも悪くないかも...と聞いたので(つまりモル用ダッチワ〇フ?!)
同じくらいの大きさのヌイグルミをそばに置いたりしたものの...

やっぱり萌えるのは、かあちゃんの手らしい。(ポッ...)

9ちゃんも10ちゃんもこんな風になったことはなかったし
いったいどうすればいいのか??

f0027944_6151757.jpg


発情期は1日も続かないながらも、一定の周期があるので数週間おきにこれを繰り返すらしい。

でもどうして9ちゃんと10ちゃんは発情したサインを出さなかったんだろう?

小動物の去勢も、犬や猫ほどではないにしろ、行う人もいるようである。
しーちゃんもしたほうがいいのかな...と思ったものの、まだどうするか決めてはいない。

麻酔技師というJの仕事柄...というものあるのかもしれないけれど
我が家ではペットの全身麻酔は必要最低限にとどめたいのである。
あれは...ものすごく体に負担が大きいものだからね。

モルモットも生後1年もすれば性的なピークは越えるといわれている。
しーちゃん、あと8ヶ月...ガンバレ! (何を?)



ムラムラしちゃったけどやっぱり甘えんぼのしーちゃんは可愛いのだ。^^ ↓↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=Y2WHVw4CXn4



http://www.youtube.com/watch?v=RLg9rn0PXBM







ポチありがとでしゅ♪
ムラムラしちゃったしーちゃんにポチっと応援ありがとう♥










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-03-25 06:29 | モルモット
10ちゃん、病院へ行く
あれはたしか1月の半ばを過ぎたころだったと思うけど...
我が家の黒モル、10(テン)ちゃんの顔に、5ミリ×5ミリくらいのハゲがあるのに気づいた。

10ちゃんの毛は黒くても地肌は白っぽい。
その部分だけ毛が抜け落ちてしまっているようで、白っぽいハゲが目立つのである。
自分で引っ掻いちゃったのか? と最初は思ったので、とりあえず様子を見ることに。
以前、9(キュウ)ちゃんの鼻先に小さなハゲができたことがあって、それはすぐに治ったしね。

ところが、時間が経つにつれ、治るどころかハゲが大きくなってきてしまった...(焦)
ありゃりゃ、こりゃ自然に治るようなものじゃないみたいだし、病院に連れて行かなきゃだなあ。

というわけで、我が家のモルとしては初めての動物病院体験である。

f0027944_0415942.jpg


猫たちが過去にお世話になった動物病院はローカルなエリアに2軒ある。
しかし、どちらも俗にいうエキゾチック(ウサギやモルモットや鳥や爬虫類など、犬猫以外のペット)の専門ではない。メインはやっぱり犬猫のようである。

ネットで見つけた別の一軒に電話をしてみたものの、モルモットなども小動物も診るけれど
そういった生き物を頻繁に診るような動物病院ではない...と、これまた正直にいわれた。
(お金欲しさに『よく診ますよ』...と、ウソをつかれるよりはいいけど)


さらにネットで探していたところ、地元のモルモット保護シェルター(あるのよ、そういうのが)がサイト上で、モルモットを診てくれる病院というのをリストアップしているのを知った。
それほど遠くないところに一つある。
さっそく電話をしてみると、モルモットよく診ますよ~とのこと。ここに決まり!

f0027944_0475373.jpg


看板文字のところに『エキゾチック』ってあるのが見えるでしょ♪
こういう病院なら安心して10ちゃんを連れて行ける。^^v

f0027944_049817.jpg


さて...かくして10ちゃんの、初めての動物病院体験となるわけである。

顔のところ、目と鼻先の中間点に、ハゲがあるのが見えるでしょ~。
毛が抜けてしまった部分の皮膚は、なんだかボコボコしてて、フケっぽい感じ。

f0027944_0512083.jpg


動物病院の中は...院名にコテージとあるせいか、手作り+アットホームな雰囲気。
使ってないみたいだけど暖炉がある。
もともとは普通の民家だったのを動物病院にしたのかな?

f0027944_2524955.jpg


この猫ベッド、いいなー。欲しい♪ ^^

f0027944_253586.jpg


待合室には鳥かごが二つ吊り下げられていて、チチチチチと小鳥がさえずる声が聞こえてくる。
右手に見えるのがフロントデスクね。

f0027944_2563150.jpg


さて、診察室に呼ばれましたよ~。

f0027944_34487.jpg


「実際の治療が行われる前に、料金については遠慮なく聞いてください」との張り紙が。
f0027944_37134.jpg



小柄な女医さんは確かに小動物の扱いに慣れている風だった。
ハゲ部分を見て、ちょっとサンプル採って顕微鏡で見てみましょうとのこと。
10ちゃんは暴れたりはしなかったけど、私も体を両手で持って、10ちゃんが動かないようにする。
ほんのちょっとだけど、ハゲ部分の皮膚の表面をこそげとるようにしてサンプル採取。

ちょっと待っててねといわれたとおり待っていると、数分して先生が診察室に戻ってきた。

これはRingworm(皮膚糸状菌症)というカビ系の皮膚疾患だろうとのこと。
ただ、ダニの卵らしきものも見えたので、ダニ予防の薬もつけときましょう...と。
採ったサンプルは、まさかと思うけれどバクテリア系の疾患ではないことを確認するために
専門のラボにも送りますからね...といわれた。

f0027944_3374863.jpg


処方されたのはトロっとした液体の飲み薬。
針のない注射器で、一日一回規定の量を10ちゃんの口に流し込む。
モルモットに投薬したことがないので、やり方がどうもわからん...

イケメン看護師君に聞くと、じゃあ今日の分はここでやろうか...と実際にやってみてくれた。
こうして体を後ろから抱えて、あごを上げさせて、口の端っこから容器の先を差し込んで...
苦いとか不味いとかいうものでもないのか、流し込まれた少量の薬は問題なく飲んでくれた10ちゃん。

f0027944_51671.jpg


この日、初診料の44ドルに皮膚疾患の薬、そしてダニよけの薬で、合計160ドルかかった。


さて、おとなしい性質もあってか、翌日からも投薬が楽勝だった10ちゃん。
経過はというと...

最初の3日間くらいはあまり変化が見られなかった。
もらった薬、効いてるハズだよねえ?
f0027944_349434.jpg


でも、4日目くらいから、ん? ちょっとハゲが小さくなってきた?という感じに。
その部分の皮膚がカサカサ、バリバリしてたのも消えてきたかなー。

初めて病院に行った日から1週間後に再診。
少しだけど、ハゲ部分にポヤポヤと毛が生えてきたかな?
あら~だいぶ治ってきたわね♪ その調子~♪と先生にいわれる。^^v
f0027944_3501491.jpg

投薬開始から11日。
ハゲはかなり目立たなくなってきた♪
あと少しだ、ガンバレ、10ちゃん! 
f0027944_421745.jpg

前から見るとほとんどわからないくらいにまで治った。
この日は3度目の通院。
ほぼ治ってるわね、このまま薬は空っぽになるまで与えちゃってね。
来週はもう来なくていいわ。
もう大丈夫だろうけど、もしまた悪くなったりしたらそのときにいらっしゃい♪ といわれる。
f0027944_4165987.jpg

投薬開始から2週間と2日。
もう毛をかき分けないと、そこにハゲがあったとはわからない。
気のせいか、10ちゃんものんびりした雰囲気♪ 
f0027944_418394.jpg


イケメンに戻ってよかったね~、10ちゃん♪ ^^
薬は最初にもらったのが、まだ4分の1くらい残ってるから、最後まで与えるけどね。
f0027944_420441.jpg


結局3回通院したんだけど...
なんと2度目と3度目の診療は無料だったのである。
経過を見たかっただけだからタダね~♪といわれてこっちがびっくり。

動物病院といえば、ぼったくり?とも思えるほどの診療費を要求されたこともこれまでにあったし
やはり世間一般での動物病院のイメージといえば、「お金がかかる」なのではないか。

可愛いペットの具合が悪くなったときに動物病院に連れて行くのは今では普通のことだし
お金がかかってもそれは仕方がない...と考えるのが一般的な飼い主であろう。
だからこそ、こうして「経過を見るだけなので無料」といわれると、軽く感動してしまう。
そこには、ペットを心配する飼い主から取れるだけ取ってやろうという黒い気持ちは皆無だからだ。

ここは鳥や小動物、爬虫類まで診ているということで、そういった患畜は実際多いらしかった。
初めてここを訪れた日、診察を終えてフロントデスクの前でお金を払おうと待っていたとき
受付の女の子は、ちょっと待ってね...と私に目配せして、かかってきた電話の応対をしていた。

電話をしてきたのはハツカネズミの飼い主で、湿疹ができたので診て欲しいらしかった。
受付の女の子は、マウスなのね? 性別は? 名前はなんていうの?と聞いている。

f0027944_583627.jpg


ペットのハツカネズミを可愛がっている人には大変恐縮であるが
世間ではやっぱり「たかがネズミ」と考える人も少なくないのだろうと、正直いって思う。
(まあモルモットだって、興味のない人には「デカいネズミ」なのであろうが...)
けれど、こうしてその小さい命にお金をかけて、病気を治してやろうとする飼い主がいる。
上手くいえないのだけれど、ちょっと、じーんとしてしまうではないか、そういうのって。


10ちゃんの3度目の診察日では、急患ということでセキセイインコを連れた女性がいた。
その日の最初の診察が10ちゃんのハズだったんだけど...ま、急患なら仕方ない。

待合室で一緒に待っている間に言葉を交わしたインコの飼い主の女性がいうには
前の晩、なんと救急動物病院に駆け込んだのだそう。
可愛い鳥かごの中には、頭を後ろに向け、くちばしの先を肩あたりの羽毛の中に入れたまま
じっと目を瞑って止まり木に止まったままの、キレイな水色のセキセイインコがいる。

「ブルーベリーっていう名前なのよ。私のベイビーなの」女性はいう。
「今までこんな風に寝ることはなかったの。食欲もないし、もう心配で心配で...」と目を潤ませる。
駆け込んだ先の救急動物病院から、ここのクリニックを紹介され、朝一でやってきたのだという。


待合室に吊るされた鳥かごの中の小鳥たちは、今日も元気にピピピピとさえずっているのに
ブルーベリーちゃんはやっぱり目を瞑ったままじっと動かない。








救急動物病院って、高いんだよね...

そこはおそらく、以前J母が飼い猫のトリッピーを連れて駆け込んだところと同じだと思うのだが
尿道結石症でオシッコがまったくでなくなってしまったトリッピー君の
そのときの救急診療費+治療費は、日本円にして10万円ほどだったと聞いた。
もちろん私は、インコのブルーベリー君にいくらかかったのかなんて聞かなかったけれど
やっぱり高かったんだろうなあ...と思わざるを得なかった。

ブルーベリー君、早くよくなって人間のママを安心させてあげてね...

f0027944_5325246.jpg


ところで、10ちゃんの皮膚疾患は、免疫力が低いときなどに発症しやすいと聞いた。
免疫力の低下って、なんでまたそんなことに??

先生に聞くと、環境の変化からストレスがたまり、免疫力の低下が見られることもあるという。
これまでの患畜モルモットの例だと...隣家の犬がワンワンワンワン吠え続けたせいとか
飼い主が新たなペットとしてラットを飼い出し、そのラットが回し車を一晩中回していたのがストレスの原因になったケースもあったとか。

10ちゃんのハゲが出来るちょっと前に環境変化なんてあったかなあ...???

...

...

...

...ひょっとして...



オマエか?!

f0027944_525247.jpg


無口で滅多に鳴かないタイプの10ちゃんと違い、新顔しーちゃんは連日絶叫型である。
今は少し落ち着いてきたものの、我が家にやってきたばかりの頃はびっくりするようなキンキン声だった。
しかも、人一倍、もとい、モル一倍ピーピーピーピーと大騒ぎしていたのである。

10ちゃんに「ストレスの原因はあのチビですかい?」と聞けないので
しーちゃんが原因かどうかは確定できないけどね...^^;


ま、何はともあれ10ちゃんがよくなってくれてホントによかった。
いい動物病院にめぐり合えてホントによかった。

やっぱり、みんな健康なのが一番だもんね♪
f0027944_6114011.jpg



今回10ちゃんがお世話になった動物病院はこちらAll Creatures Care Cottage
1912 Harbor Boulevard Costa Mesa, CA 92627
(949) 642-7151
⇒Map
⇒HP:http://www.allcreaturescarecottage.com/
魚や爬虫類なども含むエキゾチックアニマルを診療し続けて30年。
獣医さんも看護師さんらも、親身になってケアしてくれ、とってもいい人達でした。
受付の女の子に、これまでにやってきたペットの中で一番珍しいと思った生き物は?
と聞いてみたところ「Sugarglider(フクロモモンガ)かな~」だって!
エキゾチックだけではなく、もちろん犬猫も診てくれます。







ポチありがとでしゅ♪
頑張って毎日お薬飲んだ10ちゃんにポチっと応援ありがとう♥










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-02-27 07:18 | モルモット
しょっぱい顔の初ナデナデ animal
えー、親バカ記事が続きますが、温かい目で見守ってやってくださいませ。^^;



我が家にやってきて早くも一週間以上がすぎた「しーちゃん」ことシド君。
最初の日と比べると、驚くほど懐いてくれたよ♪

f0027944_12122896.jpg


やっぱりオイシイもので釣るのが一番なんだよねー。
モルモットって食いしんぼだし。^^

初日はホントに緊張してたしーちゃん。
声をかけて名前を呼んでも、なんというかこちらをしっかり見てくれない。
表情も心なしか硬い感じだったんだけど...

今ではこんな顔さえも見せてくれるまでに♪
一つ前の記事に載せた写真と比べると、緊張感が違うのがわかるんじゃないかな。

f0027944_12151852.jpg


それどころか、こちらの手から食べてくれるようにもなった。
プププ...なんだかブサカワだなあ、この顔↓ (笑)

f0027944_12174987.jpg


しかも、まだちょっとビビリな感じだけど
ナデナデまでさせてくれるようになったし。

ナデナデされて気持ちいいのか、緊張のあまり固まってるのか?? 
しーちゃんの体が小さすぎて、手のひらでは撫でにくいので、指でナデナデ。^^


いや~こりゃまたブサカワ...というより、はっきりいってブサイクちゃんな顔だこと。(爆)

f0027944_12205625.jpg



赤目のアルビノってことで、なんていうかしょっぱい顔してるのよね、シド君は。(笑)

9(キュウ)ちゃんは、飼い主の贔屓目を抜きにしても
どちらかというと正統派のイケメンのような気がする。

純白の毛、真っ黒いつぶらな瞳に同色のアイラインがチャームポイントかしらん。

f0027944_1226684.jpg


10(テン)ちゃんは...地味カワイイ感じ?
ガングロなせいでパッと見どこに目があるかわからないんだけど
あら、よく見ると意外と(?)端整な顔立ちしてるじゃないの♪ というかなんというか。^^;

f0027944_12281840.jpg


うーん...お兄ちゃんたち2匹と比べると
やっぱりしーちゃんはファニーフェイスというかブサカワちゃんのような気がする。(笑)

f0027944_1222647.jpg


あ、でもそれはね、愛を込めてブサカワちゃん♪って呼んでるのよ。
うちに来てたった1週間だけど、もうすっかり「家族の一員」になっちゃったしーちゃん。
しょっぱい顔だろうとなんだろうと、私たちにとっては可愛くてしようがない。

これからもずっと楽しく仲良く一緒に暮らしていこうね、しーちゃん♪









ポチありがとでしゅ♪
しょっぱい顔でもやっぱり可愛いシド君にポチっと応援ありがとう♥










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-01-26 12:51 | モルモット
天然モヒカンのツムジ星人
ツイッターではすでに報告しちゃったんだけど...

実は...

実は...

家族が増えちゃった!!! (*^▽^*)ゞ




...ってコラ、mari_caがいい歳こいて妊娠でもしたのか?! 
などと早とちりはしないよーに!!(爆)



出会いとはホントに予期せぬときにやってくる。


で、紹介します。




シド君ですっ!!! 



f0027944_1423036.jpg


チャームポイントは、天然モヒカンと、これでもかというほど体中にあるツムジ。
ミルクティーのような甘い毛色。
そして、チェリーのシロップ漬けのような赤い目。



そうなのよ~。
まさかの3匹目。^^;
も~これで打ち止め!
これ以上は絶対に無理!


はぁ...(ため息)







このツムジ星人のモヒカンちゃんとの出会いは、行きつけのペットショップだった。
猫缶を買いにいったつもりだったのに...(10ちゃんもそうしてうちに来たような?)

ペットショップに行くとハムスターやモルモットを覗くのが趣味となっているんだけど
この日は2段になってるモルモットのコーナーの上の段には、野うさぎみたいな色のモルがいた。

そして下の段には...

なんじゃこりゃ?
f0027944_1419940.jpg


クリーム色っぽいモサモサのなんだかよくわからない小さなモノが
チョコチョコチョコチョコと元気に動き回っていた。^^;

「なんだか妙~~なルックス...(笑)」
「寝癖つきまくったって感じ?」
「宇宙から来た謎の生物というか」
「頭からお尻までモヒカンだし...(笑)」

しかも目が赤いんで(白ウサギの目が赤いことがあるのと一緒で、色素が薄い)
なんだかモルモットとはまったく別の生き物を見ているかのよう。

f0027944_16162973.jpg


モルは2匹で十分!
狭い賃貸暮らしにはもうこれ以上ケージを置く場所がないし...

そう思っていたはずだったのに!!

どういうわけかこのモヒカンのチビちゃんから目が離せなくなってしまった私たち。
ど、どうしよう...謎の生物的な見てくれも含め、こりゃどうにも可愛い...可愛すぎる。
まだハムスターよりも一回りくらい大きいだけ。
手のひらサイズだよ。





「どうする? 連れて帰る?」
「う~ん...でも、このコの値段だけじゃなくて、ケージも買わなきゃだし...
そうなると100ドル簡単に超えるし...第一いったいどこに置くのよ??」
「リビングの模様替えすればもう一つくらいケージが置けるよ」
「まあ、干草とか餌はすでにあるし...そのあたりは2匹も3匹もあんまり変わらないか...(とほほ)」
「買うなら今だよ。今ここで、欲しいって思ってるんだったら」

f0027944_16275318.jpg


私よりもJのほうが欲しそうな感じではあった。


「今ここでこれくらいお金を使ってもさ、今後このコと一緒に何年もの楽しみがやってくるんだよ♪」
(Jってば...モルモット普及委員会とかそういうところからの回し者のようだぞ)





結局、どうしてもそのまま店を出ることができなくて、家に連れてきてしまった。^^;
モルモット代35ドル+エクストララージのケージが70ドルちょっと。(Jが払ってくれた)




と、いうわけで...




ははは...増えちゃったよーん... (-∇-)

f0027944_16322222.jpg


シドと命名したのはJ。

そのツンツン頭とモヒカンっぷりがあまりにもパンクだというので
シド・ビシャスからそっくりそのまま名前を頂戴した。



でも...すでにかあちゃんは

しーちゃん♪とか呼んじゃってるし。(笑)

せっかくもらったカッコいい系の名前も一気に可愛い系になってしまった。^^;

f0027944_16373914.jpg


現在、しーちゃんはかあちゃんの寝室に隔離中。
もう少し慣れてきたら、なんとかリビング周辺にケージの置き場を確保して
寝室からこっちに引っ越してくる予定。

初日はかーなーり緊張してて、小さなダンボール箱を横にした簡易寝床から出てこなかった。
餌は食べてるらしいんだけど、ドアを開けて人間が近づいてくると、さっと箱の中に逃げちゃう。

でも...48時間経った頃には...
なんと呼びかけに対して好奇心旺盛な態度を見せるまでになってたよ♪ ^^

もともと人の手をそれほど怖がってる風でもなかったし(9ちゃんなんて最初は超ビビリだった)
結構すぐになつくかな...とは思ってたんだけど、48時間とは素晴らしい!!

f0027944_16543897.jpg


実をいうと、たったの48時間でしーちゃんがここまでリラックスしてくれたのは
9ちゃんのおかげでもあったかもしれない。^^

初日に緊張しまくってた、小さなしーちゃん。
2日目に、おしゃべり好きの9ちゃんを抱っこして、しーちゃんのケージの隣に座った。

9ちゃんは、抱っこされている間ずっとプィプィと独り言みたいに鳴いているコである。
このときも、何も知らない9ちゃんはプィプィプィ...

すると、ダンボールの簡易寝床の奥でじっとしていたしーちゃんが
箱から飛び出すように出てくると、そのままケージの中を跳ねるように走り回りだしたのだ。
ついでにプィプィプィと小さく鳴きながら。^^

モルモットは、鳴き声を交わすことで不安を軽減することもある...といわれている。
9ちゃんの声を聞いた、しーちゃん、新しい環境にもモルがいると知って、嬉しかったのかなあ♪

f0027944_1782362.jpg


9ちゃんの声を聞いてから、しーちゃんは一気にリラックスしたように見えた。

私もJも、しーちゃんに一生懸命話しかけている。
モルモットやハムスターを手懐けるには、声を使うのが一番いい。
こちらの顔を覚えさせるよりも、声を覚えてもらうのが簡単だからだ。

優しく話しかけながら、オイシイものを少々与える。
それを繰り返していけば、あっという間に信頼関係を築くことができる。^^
小さな動物が懐いてくれるというのは、やっぱり嬉しいねえ~♪





というわけで、ニューフェイスの「しーちゃん」ことシド君をよろしくね~♪



★追記★
⇒しーちゃん初動画!
 ^^


ポチありがとでしゅ♪
まだまだ赤ちゃんのしーちゃんが早く馴染んでくれますように♪ と願ってポチっと応援ありがとう♥










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-01-20 23:32 | モルモット
モノクロモルとのモノクロ写真
白モルの9(キュウ)ちゃんが我が家にやってきて1年と2ヶ月。
里親募集中だった黒モルの10(テン)ちゃんを迎え入れて6ヶ月。

今では、この小さい2匹のいない生活など、想像もつかないようになってしまった。

f0027944_20414757.jpg
f0027944_20424167.jpg


9ちゃん登場の巻から見てくれている人は覚えているかもしれないけど
ペットショップから連れてきた日、9ちゃんは私たちの手さえも怯えていたっけ。

ケージの中に手を入れてると逃げ回り、そうでないときさえも
小動物用の厚紙のトンネルからどうにも出てこない。^^;

それが今はこうだもんね。(笑)

f0027944_20453665.jpg


父ちゃんの上でまったりするのは、9ちゃんの毎日の習慣となってしまった。^^

f0027944_20462692.jpg


カメラを向けられ、何枚も写真を撮られるのも日常の一部。
こんな風にポーズまで取っちゃう最近の9ちゃん...って、それはちょっと違うか。(笑)

f0027944_20472495.jpg


10ちゃんのほうは、おそらく生まれてからずっと人間に触られていたのでは?と想像するほど
最初から私たちの手に怯えることもなく、堂々としているともいえるほど人馴れしていた。

f0027944_20542360.jpg


それでもやっぱり、半年前と比べるとさらにリラックスしてるのがわかるけどね。^^

f0027944_20553621.jpg


ケージから出し、そっと抱きかかえると
そうしなくてはいけないと本人が思っているかのように
私の腕の中で両前足をグググググ...と伸ばし、もにょ~~~~~んと大アクビする10ちゃん。

f0027944_20582124.jpg


こうして人間の体の上に乗せると、その小さなアゴを毛布につけるようにして
伸びきった体でいつまでもいつまでも、でろ~んとしている。
頭を撫でると目を瞑っちゃったりするし。^^

親バカだなあ...と自分でも笑っちゃうけど
そんな姿はホントにホントに可愛い。

f0027944_2102788.jpg


モルモットの寿命は一般には5年から8年などといわれているようだけど
実際には6年も生きるとかなりのご長寿組らしい。

こんなに可愛いのに、数年後にはお別れの日がくるわけか...

そんなことを考えると、胸が痛むほど切ない。


でも...今、こうして可愛い2匹とこうして毎日を楽しく過ごせる幸せを
いや、そんな幸せ「だけ」を精一杯満喫することにしましょうか。

f0027944_21101176.jpg


だって彼らは「いつか来るお別れの日」のことなんて
これっぽっちも考えていやしないんだから。^^

だから今は、楽しい日々を一緒に過ごすことだけに集中しようじゃないか♪
2匹だってかあちゃんたちが幸せな気持ちで接してくれたほうが嬉しいに決まってるから。

f0027944_2111347.jpg










ポチありがとでしゅ♪
そうだよね、大切なのは『今の幸せ』だよね!と同意してくれたらポチっと応援ありがとう♥










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-11-27 21:37 | モルモット

| ページトップ |

Copyright © 2005-2010 A little something to say from California. all rights reserved.
Any use of these images on this site without permission is STRICTLY PROHIBITED.
当ブログ記事内の写真及びにイラスト(配布しているアイコンは除く)の無断複写・転載は固く禁じます。



Happy Shooting!
by mari_CA
By: TwitterButtons.com

★ごあいさつ★

 

どれか一つ↑
ポチっと応援
ありがとうございます♪


「白背景+トップ画像」だけの、シンプルなオトナ向けスキンばかりです。初心者にも簡単にできる詳しい解説つき!
エキブロスキン配布中♪

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
★NEWS...kinda★
★PROFILE★
★Rest in Peace★
★More to check out★
★猫アイコン製作★
Memo and such...

Click for Orange, California Forecast

無料カウンター





California Time

最新の記事
★★ブログ引っ越しのお知らせ★★
at 2012-05-13 04:18
はだかんぼ
at 2012-01-23 15:49
死の谷の奥でひっそりと動く岩
at 2012-01-07 14:56
八割れ仔ハム
at 2011-12-26 15:40
アリクイ・ベイビー...?
at 2011-10-26 16:58
モルショー初体験!
at 2011-10-14 16:47
お持ち帰り専用、ミニ・猫カレ..
at 2011-10-08 15:05
カテゴリ
全体
動物


海獣
大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
Nature
お持ち帰り用カレンダー
ART
アメリカ人って...
ライフスタイル
日常
異国文化
グルメ的 in California
小旅行
ちょっとびっくりな話
ねこマンガ
猫動画
Hamster
モルモット
Viva! めりけんらいふ
アタシ様倶楽部
Grave Hunting
家族がらみ
音楽がらみ
San Diego
仕事
Breaking News
その他
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
★猫LINKS★
★写真&MISC. LINKS★
★SKIN編集LINKS★
★Font Links★
★会員登録しています★

おサカナさん♪