★★ブログ引っ越しいたしました★★ 移転先→ A little something to say from California

カテゴリ:大型ネコ(トラ・ヒョウなど)( 22 )
Top▲ |
ユキヒョウ若夫婦
本日は久々のユキヒョウ写真♪ ^^

そう、これまでにも何度も訪問した、大型ネコの繁殖施設に遊びに行ってきたのである。

f0027944_434816.jpg


この2頭は、♂のザック君と♀のアニーちゃん。

2頭が初めてここにやってきたとき、きょうだいなのではないかと私は勝手に思っていたのだが
繁殖計画に基づいて受け入れたということで、血縁関係ではないと今回初めて知った。

ということは、近い将来可愛い可愛いユキヒョウの赤ちゃんが見られるの?とスタッフに聞くと
2頭はまだ2歳半で今のところ性的に未熟なのだが、あと2年くらいしたら可能性は十分にあるとのこと。

f0027944_4384930.jpg
↑アニーちゃん


f0027944_440831.jpg
↑ザック君


そっかぁ...いつかここで見られるといいな♪ ユキヒョウの赤ちゃん♪ ^^



それにしても、なんてゴージャスな生き物なんだろう、ユキヒョウというのは。
特にこのフワフワの大きな尻尾!

f0027944_4443132.jpg


トラやヒョウの尻尾の3倍くらい太さがありそうだよ。
f0027944_4452860.jpg


そういえば、数年前ニュースで見たっけ。
中国にて、仔猫を拾って育てたら、ぐんぐん大きくなってしまい
実はそれが絶滅危惧種のユキヒョウだと判明したって。
⇒http://www.recordchina.co.jp/group/g25917.html

あの2頭は今はどうなっているんだろう?

...っていうか、イエネコの仔猫と猛獣であるユキヒョウの仔の違い、
拾ったときにわからなかったっていうのは、なんだか笑えるんだけど...^^;

でも...大型ネコ好きとしてはこんなハプニングも、ほんのちょっとだけ羨ましいかな。
いやいや、絶滅危惧種なんだから、こんなことがあってはいけないのだ!
なんというか、さすが中国?!

ねえ、ザック君、いくら何でもイエネコと間違われちゃあ
猛獣としてのユキヒョウの沽券に関わるよね。(笑)

(でもまるでイエネコのごとく舌をしまい忘れているザック君であった)
f0027944_4553191.jpg


ま、何はともあれ、早く可愛い赤ちゃんが見られる日がきますように♪ ^^





短いけれど動画はこちら。
これはザック君。

どうやって見分けるかって?
ヒョウやトラは一頭一頭模様が微妙に違うのです。
私はおでこのあたり、両目の間の模様で見分けるかな。

↑の写真でも、ザック君とアニーちゃんでは模様が違うでしょ~。^^


ところで、動画には撮れなかったのだけれど、ザック君が金網をダーっと駆け上がって
天井すれすれのところで反転し、地上に向かって飛び降りたこともあった。
その高さ、おそらく3メートルくらい。

イエネコだって、外に出てるコはかなりの高さの塀に飛び乗ったりするもんね。
鼻先から尻尾の先まで2メートルほどもあるユキヒョウには、そんなの朝メシ前なのかも。
この2頭は人間の手により人工保育されたらしいけど
やっぱり猛獣だし...ああ、ユキヒョウの檻に屋根があってよかった。^^;



Thank you for voting!
いつか2頭の可愛い赤ちゃんが見られることを願ってポチっと応援ありがとう♥




★撮影場所★
The Exotic Feline Breeding Compound's Feline Conservation Center
大型ネコの繁殖&研究のためのNPO。
一般公開されているので入園料5ドルでヒョウやヤマネコが間近に見られる。

EFBC/FCC (Closed on Wednesday)
3718 60th Street West
Rosamond CA 93560
MAP















..... Ads by Excite .....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-02-22 05:30 | 大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
小さくてもネコ、大きくてもネコ
ちょっと前に撮った写真です。

キタシナヒョウのジェイジェイ君がいる大型ネコ施設で撮影した中で、
表情や仕草が「イエネコ」っぽいものを集めてみたんだけど、どうかな。^^


まずはこーんな風に目を細めてお手々をペロペロ... うーん、うちの猫たちと同じだね~♪

f0027944_234242.jpg


ガッガッガッ...と、ツメを磨いでるところ。これもまた、「ネコちゃん」ぽ~い。

f0027944_237811.jpg


今日は暖かくってキモチよくて...つい、お手々をグッパ、グッパ♪

f0027944_2381091.jpg


ポカポカしてるところにいると、つい眠くなっちゃうよね~。

f0027944_2310213.jpg


おなか一杯になったときは、こーんな風に仰向けになってゴロゴロ♪

f0027944_23104723.jpg


そして、この日「うわ~すっごくイエネコっぽい!」と思ったのは...





舌をしまい忘れてるヒョウさん。^^;


f0027944_2313142.jpg


このコはいつもは凛々しくてカッコいいのに...こんな風に舌を出したまましばらくキョロキョロしてた。

これじゃうちの猫とおんなじじゃん!(笑)



肉球もおんなじ...ただ、デッカいだけ。(笑)

f0027944_23155956.jpg



でっかくてもちっちゃくても...ネコはネコなのでありました。^^

f0027944_231556.jpg






★追記★
うちにもいたっけね、別の意味でデッカい奴が...^^;







Thank you for voting!
ネコはやっぱりネコだなあ...と感心(?)しちゃったらポチっと応援ありがとう♥




★撮影場所★
The Exotic Feline Breeding Compound's Feline Conservation Center
大型ネコの繁殖&研究のためのNPO。
一般公開されているので入園料5ドルでヒョウやヤマネコが間近に見られる。

EFBC/FCC (Closed on Wednesday)
3718 60th Street West
Rosamond CA 93560
MAP
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-05-12 23:29 | 大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
Beauty is a beast
キタシナヒョウのジェイジェイ君がいる、例の大型ネコの繁殖施設には
去年の6月に2頭のユキヒョウがやってきた...ハズだったんだけど...

それから確か2回はここを訪れてはいたにもかかわらず
そのユキヒョウたちの姿を見かけたことは、一度もなかった。^^;

だって、いっつも隠れてて、というか穴の中でお昼寝してて、出てきてくれなかったんだもん。

ところがこの日、スタッフが教えてくれた。
「あはは、私たちも給餌時以外ではユキヒョウたちの姿をほとんど見かけないのよ~(笑)
でも、もうすぐネコたちのゴハンの時間だから、それまで待ってみたら?」




というわけで、辛抱強く待ってみました! 

すると...



おおおおおおおおおおっ!!


Snow Leopard
学名:Uncia uncia(またはPanthera uncia) 和名:ユキヒョウ 絶滅危惧種

f0027944_17373091.jpg


ついにその神々しいまでに美しい姿を拝む(?)ことができたのである!! ^^v
その尻尾、素晴らしい! 握り締めたい!(笑)



2頭のうち、姿を見せてくれたのは、オスのザック君。凛々しくて、なんともいいオトコだね~♪

f0027944_17394781.jpg


こんな風に木にスリスリしている様子は、猛獣なのにイエネコそっくりで、つい微笑んじゃう。

f0027944_18185836.jpg


残念ながら、メスのアニーちゃんは出てきてくれなかった。

でも、ザック君は、これでもか! というくらいたくさんのカメラ目線をくれたので、満足、満足♪

f0027944_1728527.jpg


生き物がこちらの存在を意識してない姿も好きだけど、こうしてカメラ目線をくれると、やっぱり嬉しい。

この瞬間までの私はといえば、彼らから目線をもらってからカメラを向けても遅いことが多いので
カメラを持ったまま、ファインダー越しに辛抱強く、目線を貰うのをひたすら待っているのである。^^;

そして、運よくこんな風に、被写体となる動物たちとふっと目があったら...

とにかく躊躇してるヒマがあったらシャッターを押せ!が、ワタクシのポリシー...なんだけど
でもどういうわけかほんの一瞬出遅れて、撮れないこともある...(涙) 反射神経の問題か??

ほんの一瞬しかカメラ目線をくれない動物も多いけど、ザック君はこの通り。
私にしてみれば、なんてラッキーな数分間。^^

f0027944_17454248.jpg


f0027944_17463567.jpg
f0027944_17464676.jpg


そして、目を細めてウトウトしちゃってるところも、イエネコみたいでなんとも可愛いのだ♪

f0027944_17462435.jpg

f0027944_18205346.jpg


大きくても小さくても、ネコはネコなんだよね、ホント。^^




美しすぎるというリスク美しい毛皮はヒョウの仲間の中でも特に希少価値が高いため、1960年代には密猟が相次ぎ、その数は一時1000頭にまで減少したとされる。
しかし近年の保護活動の甲斐あってか、個体数は5000頭程度にまで回復した。
現在、他の大型ネコ類と同様に絶滅危惧種に指定され、保護の対象となっている。(ウィキペディアより)







Thank you for voting!
絶滅の危機になんて負けるな! ザック君とアニーちゃんに、ポチっと応援ありがとう♥







★撮影場所★
The Exotic Feline Breeding Compound's Feline Conservation Center
大型ネコの繁殖&研究のためのNPO。
一般公開されているので入園料5ドルでヒョウやヤマネコが間近に見られる。

EFBC/FCC (Closed on Wednesday)
3718 60th Street West
Rosamond CA 93560
MAP
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-04-04 19:05 | 大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
Purring Leopard
久しぶりにジェイジェイ君に会ってきたよ。^^
North Chinese Leopard
(学名:Panthera pardus japonensis 和名:キタシナヒョウ 絶滅危惧種 )
f0027944_1345267.jpg


2007年5月10日生まれだから、あと少しで3歳。
もう体のほうはすっかり大人。

でも...中身はまだまだ、デッカい仔猫ちゃんみたい。(笑)

スタッフによると、ここにいる大型ネコたちの中で、諸事情により人工保育で育ったコ(数頭いる)は
実際の母親に育てられたコたちと比べ、いつまでも赤ちゃんみたいな性格を維持しがちらしい。

それは、この施設内を見てまわっていてもわかる。

他の「普通の」大型ネコたちと違い、ジェイジェイくんはまるでイエネコみたいなんだもの。

f0027944_13185668.jpg


ちょっと声かけるとものすごくいい反応見せるしね。
ゴロゴロしちゃってさ~、こんなのまるで普通のうちで飼われてる猫みたいだよ。
でも、ヒョウなんだよね、猛獣なんだよね。^^;

眠そうなのに、名前を呼ばれてつい応えちゃうジェイジェイ君の動画をどーぞ♪ ↓
甘ったれの大きなヒョウがこーんな風に呼びかけに応えてくれるなんて、すっごく可愛いよ~~♪


※背後で騒いでるミャ-ミャーいう大声は、ここで放し飼いされているクジャクの鳴き声です。

http://www.youtube.com/watch?v=bgm7gV7RsKk


動画には撮れなかったんだけど、このジェイジェイ君てば、こうして構ってやってると
まさにイエネコみたいにゴロゴロと喉を鳴らしだしちゃったりする。
そうかそうか、ご機嫌なんだね~、ボクちゃんは...^^

f0027944_13332234.jpg


私たちがいる間、ちょうど餌を運ぶトラックが到着した。
ネコたちは、そのトラックが走る音さえも覚えていて、みんな一斉にソワソワし出す。(笑)

ジェイジェイ君も、あ、ゴハンのトラックだ!とわかる模様。
そっちが気になって仕方ないんだね~。

f0027944_13353654.jpg



で、これがその動画。↓
前半は、待ちきれなくてウロウロが止められないジェイジェイ君。
そして、スタッフがお肉を運んでくると...

39秒くらいで、ジェイジェイ君がまるで仔ヤギのような声を出してるのがわかるかな?
スタッフの話によると、これはもうホントに「赤ちゃんヒョウ」の鳴き声そのものなんだとか。(笑)
成獣となったヒョウは、普通はこんな声を出すことはない。
ジェイジェイ君の頭の中は、ゴハンがもらえるのが嬉しくてすっかり仔ヒョウに戻っちゃってるのかも...^^


http://www.youtube.com/watch?v=V2h1gko0wac

食べているのは生の鶏肉。
バリッバリッと骨を噛み砕く音が聞こえてくる。

f0027944_13435264.jpg


新鮮なお肉はオイシイねえ♪ ^^

f0027944_14293858.jpg

f0027944_13444911.jpg
f0027944_1430469.jpg


甘いマスク(死語)のジェイジェイ君、また遊びにくるからね♪

※タイトルのPurringとは、猫がゴロゴロと喉を鳴らしていること。
Purr(猫がゴロゴロいう) + ing


☆ジェイジェイの過去記事☆
⇒生後半年
⇒生後11ヶ月
⇒生後18ヶ月
⇒もうすぐ2歳
⇒2歳4ヶ月




Thank you for voting!
デッカいデッカい甘えんぼ、ジェイジェイ君にポチっと応援ありがとう♥




★撮影場所★
The Exotic Feline Breeding Compound's Feline Conservation Center
大型ネコの繁殖&研究のためのNPO。
一般公開されているので入園料5ドルでヒョウやヤマネコが間近に見られる。

EFBC/FCC (Closed on Wednesday)
3718 60th Street West
Rosamond CA 93560
MAP
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-03-30 14:43 | 大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
双子のユキヒョウ in Los Angeles
日本で今ユキヒョウといえば、多摩動物園のゆきち君が話題のようだけど...

ロサンゼルスの動物園でも、実は5月26日に双子のユキヒョウが生まれていた。^^

9月の上旬に一般公開になったと聞いてはいたけれど、あれこれ忙しくてなかなか見にいけない...

でも、やっぱりあんまり大きくなりすぎないうちに、見てみたいな~と思ったので、
LAの中華街で点心のブランチをとったあと、そのままそこからすぐ近くのLA動物園に立ち寄ってみることに♪

11時に入園して、すぐにユキヒョウ舎に行ってみたんだけど、残念ながら親子はぐっすりお昼寝中。
帰る前にせめて動き回ってる姿を見たいな~と思っていたら...

4時ごろ再び覗いてみると、可愛いおチビちゃんたちが所狭しと駆け回っていた!

f0027944_11252594.jpg


生後4ヵ月半ってことで、もうそんなに仔猫ちゃんって感じの容貌ではないんだけど...
でもやっぱり可愛い~~~~~~~~~~~~~~~!!! ^^

f0027944_11263372.jpg
f0027944_11264688.jpg
f0027944_1127194.jpg


とにかく元気一杯の2頭、ユキヒョウ母ちゃんにもガンガン飛び掛っていく。(笑)

f0027944_11294638.jpg


お母ちゃん、パワーあふれる子供たちの遊び相手をしてやって、毛繕いをしてやって...と、大忙し。^^

f0027944_11321184.jpg
f0027944_11324062.jpg
f0027944_11325561.jpg


それにしても、ユキヒョウってホントに美しい生き物だね。

トラとかヒョウっていうのは、実物を見ると、その毛皮の模様と、大きくしなやかな体つきの優雅さにウットリと見惚れるほどに美しい動物なんだけど、そんな彼らの毛が白くなると、どこか神々しいと思えるほどの美しさをかもし出すって感じ。

f0027944_11432490.jpg
f0027944_11443983.jpg
f0027944_1145057.jpg


大型ネコの多くがそうであるように、ユキヒョウも絶滅危惧種である。

だからなのか、こうして新しい命が誕生して、スクスクと育っている姿を見ると、余計に嬉しい。

2頭とも、多摩のゆきち君と同様、元気に大きくなっていって欲しいね。^^

f0027944_11474367.jpg

f0027944_11494337.jpg



ユキヒョウ中央アジアの高原や高山地帯に生息する、非常に珍しい動物。
頭胴長100~130cm尾長80~100cm体重23~75kg。
美しい毛皮はヒョウの仲間の中でも特に希少価値が高いため、1960年代には密猟が相次ぎ、その数は一時1000頭にまで減少したとされる。
しかし近年の保護活動の甲斐あってか、個体数は5000頭程度にまで回復した。
絶滅危惧種、そして中国では国家1級保護動物に指定されている。
(ウィキペディアより抜粋)




Thank you for voting!
デッカイ仔猫ちゃんそのもののユキヒョウツインズにポチっと応援ありがとう♥


★撮影場所★
Los Angeles Zoo
5333 Zoo Drive, Los Angeles, CA 90027
⇒公式HP
⇒Map
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-10-12 12:04 | 大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
タイガー&ホワイトタイガー
ホワイトタイガーって、実際に見たことあります?

実は私...実物をこうして見るのは今回が初めて。

ジェイジェイくんやジャガーの赤ちゃんたちを見たこの施設には
少し前に、施設にとって初めてのホワイトタイガーがやって来ていて...

こちらも、この日のトワイライトツアーが初お披露目だった。

カンザス州のTanganyika Wildlife Parkからやってきた
ホワイトタイガーのカトマンドゥ君(2002年5月1日に生まれ・オス)がこちら。

f0027944_23265476.jpg


ホワイトタイガーというのは、

アルビノ
(=Albino=白子=メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により
先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患、ならびにその症状を伴う個体)


なのかと私はかつて想像していたのだけど

そうではなく、基亜種の白化型、正常な遺伝情報により白化した白変種であるという。

白変種とは「色素の減少により体毛・羽毛・皮膚等が白化した動物の個体」を指し、
アルビノの瞳孔が赤く透けるのに対し、白変種の瞳孔は黒い

ホワイトタイガーの目も、瞳孔は黒、そして虹彩部分はシベリアンハスキーのような青である。

f0027944_2328827.jpg


近親交配の弊害アメリカのホワイトタイガーは、もともとは1950年代に、初の「飼育下にあり、繁殖も行ったホワイトタイガー」として有名になったMohanというホワイトタイガーが始まりであるという。

Mohanは彼の実の娘の一頭であるRadhaとの間に、4頭の白い毛皮の仔トラをもうけた。
近親交配は、白い遺伝子を受け継がせようとした人間の手による意図的なものであろうが、
それ以降も、人間たちは白いトラを求め、彼らに近親交配を続けさせた。

その結果、生まれた仔トラたちに弊害が出始めた。

近親交配による著しい弊害としては
・内斜視(寄り目)
・背骨の湾曲
・首のゆがみ
・足の腱の短化

また、さらに近親交配が進み、血縁が濃くなるにつれ
・流産
・死産
・幼獣時の原因不明の死

が増加し、無事に誕生した仔トラも、解明できない謎の疾患に苦しむという。


カトマンドゥ君の檻は、トラの檻としては狭いのではないか?という気がしたのだが、
実は彼も足が悪いそうで...あまり広くないのは、カトマンドゥ君のためなのだそうである。
彼の足もまた、祖先が近親交配を続けることを強いられた結果なのだろうか。

...人間のエゴのせいで...なんとも切ない話である。

⇒白変種とは(ウィキペディアによる解説)
⇒アルビノとは(同じくウィキペディアより)

f0027944_2344273.jpg
f0027944_23423820.jpg


↓↓↓ ホワイトタイガーと闘うインディ・ジョーンズ...ではなくて... ^^;

スタッフの男性が、カトマンドゥ君にシャワーを浴びさせているのである。

f0027944_23285794.jpg


もともと水が好きなトラ。
カトマンドゥ君はこれが大好きなのだとか。

f0027944_2329448.jpg


ところで、この施設には以前から、トラのシーザー君(2000年の10月頃生まれ)がいる。

これまでに、動物園や、別の大型猫保護施設でトラは何度も見てきたけれど

シーザーくんは、そんなトラたちの中でも、貴公子然としていて一番美しいと勝手に決め付けている。^^
(現在(09年9月)使用中のトップ画像の中央にいるのもシーザー君♪)

f0027944_23334974.jpg


シーザー君は、飼育許可を持たない一般人に飼われていたところを発見され
この施設にやってきたということだけど、そのせいか、猛獣にしては顔つきがとっても優しいのね。

それなのに、体重なんと226kg、鼻先から尻尾の先までは、おそらく3メートルという大きさ。
手足がスラリと長く、肩の位置が高い体型をしていて、とにかくイケメンなのである。^^

私がトラのメスだったら、カッコいいシーザー君の目の前で、ひっくり返ってゴロゴロいっちゃうわ。(笑)

そんなシーザー君の檻(というより遊び場。かなり広い)に隣接して作られた飼育場に
この新顔、ホワイトタイガーのカトマンドゥ君はいる。

f0027944_23491130.jpg


普段からこのように、シーザー君がカトマンドゥ君のそばに自由に行けるようにしているのではないみたいだけど...隣合わせにしているということは、ここのスタッフも、いずれはこの2頭がほどほどに顔見知りになってくれないかと願っているのではないかと思う。

シーザー君は、どうやらカトマンドゥ君と遊びたい...のか??
2頭を隔てているフェンスに身体をスリスリしながら、あっちへ行ったりこっちへ来たり。

そう、ちょうどイエネコが人間の足にスリスリしながらまとわりつくみたいに。^^

f0027944_23472948.jpg


でも...そんなフレンドリーなシーザー君とは対照的に、
カトマンドゥ君は警戒の色をその顔から消すことはない。

f0027944_23571219.jpg


この日も、そんなカトマンドゥ君が、フェンス越しではあるものの、ガウガウガウ...と
いかにも猛獣らしい獰猛な吠え声で、くシーザー君に吠え掛かってる様子が見られたんだけど...
トラの吠え声というのはさすがにスゴイ...まさに、辺りにとどろくといった感じなのだ!

でも、その様子は、誰が見ても、カトマンドゥ君がシーザー君を怖がっているようにしか見えない。
だって、どんなに吠えられても、シーザー君はまったく動じてなかったから。

2頭が顔見知りになるには、まだまだ時間がかかりそうだねえ...^^

⇒トラの吠え声はこちらで聞くことができます。(クリックで別窓)
山の中を歩いていてこんなのが背後から聞こえたら、チビるか硬直するか...だな、きっと。^^;

f0027944_013014.jpg


ああ、やっぱりシーザー君って美男...♥♥♥ ↑ (オバちゃん、うっとり♪)







Thank you for voting!
切ない運命を背負って生まれてきたカトマンドゥ君を応援して...ポチっとありがとう♥


★撮影場所★
The Exotic Feline Breeding Compound's Feline Conservation Center
大型ネコの繁殖&研究のためのNPO。
一般公開されているので入園料5ドルでヒョウやヤマネコが間近に見られる。

EFBC/FCC (Closed on Wednesday)
3718 60th Street West
Rosamond CA 93560
MAP
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-09-26 02:26 | 大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
絶滅危惧種のヒョウが尻尾を上げた日
以前からこのブログに遊びに来てくださってるみなさん、覚えてますか?
お久しぶり! 人工保育で大きくなった、キタシナヒョウのジェイジェイくんです。^^
North Chinese Leopard
(学名:Panthera pardus japonensis 和名:キタシナヒョウ 絶滅危惧種
f0027944_14241064.jpg

ジェイジェイ? 誰?...というみなさん、よかったら過去記事を見てみてね。

☆ジェイジェイの過去記事☆
⇒生後半年
⇒生後11ヶ月
⇒生後18ヶ月
⇒もうすぐ2歳


2歳と4ヶ月になったジェイジェイくんは、もうすっかり大人。^^

f0027944_14334212.jpg


...だろうと思ったんだけど...頭の中はまだ仔猫ちゃん...かも。(笑)
こんな風に遊んでるし。^^;
f0027944_14344063.jpg


今は夏毛なのかもしれないけど、毛皮の感じが、ホントに美しくツヤツヤになったね。
子供の頃は、ヒョウってこんなにモコモコしてたっけ?ってくらい、全体にフワフワだったのに。

f0027944_14361727.jpg


実はこの日、ああ、ジェイジェイはホントに大人になったんだな~と思わせる出来事があった。


それはね...

ジェイジェイくんたら、なんと...






シャーシャーとスプレーしてたのよっ!^^;





これってやっぱり、「繁殖可能」になった印...でもあるよう気がする。

まさかそんなことをするようになってるとは知りもしない私たちが、
ジェイジェイの檻の前にヘラヘラしながら立っていたとき、
フェンスのそばをウロウロしていたジェイジェイが、こちらにお尻を向け、同時に尻尾をクイっと上げた。

あっ!!!!!!

と思うのと同時に私は、オバちゃんにしてはそれは素晴らしい反射神経を見せ、さっと飛びのいた。

しか~し...Jは、私よりも反射神経が鈍いのか飛びのくタイミングが一歩遅れたのか、
モロ被りではなかったものの、結構バシャっと引っかけられてしまったんですね~。 ( ̄▽ ̄;)

っていうか、こういうときには私がしたように、横に逃げるのが正しいのである。
Jは、後ろに逃げた、つまり、正面を向いたまま、後ろに数歩下がって檻から遠ざかったのね。

でも、これははっきりいって無駄な努力であったと思う。
だって、ヒョウのスプレーは3メートルくらいは余裕で飛ぶから。^^;


檻のすぐ前の通路もこんな状態に... ↓↓↓ その辺りに立っているみんな、気をつけて~。^^;
f0027944_14573413.jpg


スプレー事件から20分くらいしてから、園内放送が入った。

「キタシナヒョウのジェイジェイが、今日は朝からスプレーしまくっています。
彼の檻のそばにいる人たちは、ジェイジェイが尻尾を上げたら注意してくださいね~」



...遅いっちゅーのっ!!!!!! ^^;



絶滅危惧種のヒョウにスプレーされるなんて、
滅多にできない貴重な体験!


そういって慰めた(?)ものの、Jはかなり長い間「臭う?」と気にしていた。^^;
でも...実はそんなに臭わなかった。

Jによると、引っかけられた直後はやっぱりそれとわかる強い臭いがしたそうだけど、
乾いちゃったらホントに無臭に近い状態で...少なくとも私は何の臭いにも気づかなかった。

イエネコのスプレーでさえも、かなり強烈な臭いだと聞くので... 意外といえば意外だったかな。
(我が家ではスプレーするコはいないので、どれくらい強烈かイマイチよくわかんないんだけど)

f0027944_1541218.jpg



それにしても、あのチビっちゃかったジェイジェイくんがスプレーかあ...



なんていうか...




まだ子供だとばかり思っていた甥っ子の部屋で
エロ本見つけちゃいました...



...のような、心境。 (^~^;)




ま、いつかそう遠くない将来、今度はジェイジェイの息子や娘が見られる日も来るかもしれないね。^^


...って、プレッシャーかけちゃったかしら、ジェイジェイくん?(笑)
f0027944_1519096.jpg




★キタシナヒョウ★中国北部に生息するというキタシナヒョウだが、野生の個体はおそらく2,500頭ほどにまで減っているといわれており、絶滅危惧種指定されている。(動物園などで飼育下にある個体は全国でおよそ100頭)

この施設では、ドイツやフランスの動物園などからキタシナヒョウを借りてまで、飼育下にある個体同士による繁殖を試みてきてはいるが、血縁が濃くなりすぎるのを避けるためには、なんとかして野生種の血を入れる必要があるとされるところまで来ているらしい。

野生のキタシナヒョウは目撃例も少なく(そのために頭数確認も難しく、2,500頭というのも最近のデータではなく、今ではさらに総頭数が減っている可能性もある)野生の血を入れると一言でいっても、実行するのは非常に難しい。







Thank you for voting!
成獣の身体に仔猫の心?! ジェイジェイくんにポチっと応援ありがとう♥



★撮影場所★
The Exotic Feline Breeding Compound's Feline Conservation Center
大型ネコの繁殖&研究のためのNPO。
一般公開されているので入園料5ドルでヒョウやヤマネコが間近に見られる。

EFBC/FCC (Closed on Wednesday)
3718 60th Street West
Rosamond CA 93560
MAP
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-09-23 15:52 | 大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
双子のジャガーは生後3ヶ月
およそ5ヶ月ぶりに、大型ネコの繁殖施設を訪ねてきた。^^

今回の訪問の一番の目的は...こちら~♥ ↓↓↓ 
このコは、6月13日にこの施設内で誕生した、ジャガーの赤ちゃんのうちの一頭♪
f0027944_16431482.jpg


そう、女の子(↓左)と男の子(↓右)の双子ちゃんなのだ♪ 
生後三ヶ月の今、ピョンピョン飛び回りながら遊ぶ様子はまるで仔猫で、そりゃもう可愛い盛り。^^

現在の大きさは...フェンス越しに見た感じ、大きめのイエネコくらいかなあ。
f0027944_1649140.jpg


2頭ともそっくりなのに、どっちがどっちかわかるのか...って?

ジャガーとかトラとかヒョウって、シマウマと同じで、毛皮の模様が、一頭一頭微妙に違うのよ。
この2頭のおチビちゃんたちも、たとえば両目の間の模様を見比べると、結構違うでしょ~。^^

f0027944_16492967.jpg


いや~それにしても、可愛すぎるっ!!!

ジャガーって、ヒョウに比べると手足が短くて、どっしりした感じ。
どちらかといえば、スリムでしなやかなヒョウが好みの私だったんだけど...
こんな可愛いコたちを見ちゃったら、ジャガーのファンにならずにはいられないじゃないか~!!

f0027944_16573349.jpg
f0027944_0563881.jpg
f0027944_057155.jpg

一緒に写っているのは、母ちゃんジャガーのアニーちゃん。

アニーもこの施設で帝王切開にて生まれ、母親が世話をしなかったため、人工保育で育てられた。

人工保育で育ったとはいえ、アニーちゃん自身はなかなかの母親っぷりを発揮してるみたい。^^

f0027944_121592.jpg
f0027944_124367.jpg



この日は、年に3度開催される、トワイライト・ツアー(ファンドレイジング=資金集めイベント)だった。
普段は4:00pmに閉園してしまうところを、5:00pmから特別に一般公開し、
通常は訪問者が見られないエリアにいるネコたちをも、この日だけは自由に見ることができる。
(※猛獣なので、もちろんさわることはできません)

特に、今回のトワイライト・ツアーでは、まだ通常の一般公開エリアに移っていない、
このジャガーの赤ちゃんなどを見ることができるということもあったので
前回(にも私たちは参加した)よりもたくさんの人、人、人!

普段は、週末に訪れてもそんなに訪問者がいないのんびりした施設なんだけど、
今日は、ざっと見回したところ、300人くらい...いや、もっとたくさんの人がいたかなあ...

f0027944_1125955.jpg

f0027944_1203397.jpg


やっぱり、ジャガーの赤ちゃんが目当てだった人が多かったんじゃないかと思う。^^
施設の公式サイトでは、どんな赤ちゃんが生まれているか...など、常にアップデートされているし、通常は生後半年くらいになるまで一般公開されないから、こういったイベントはそんな小さいコたちを見ることができる、貴重な機会だしね。

f0027944_1355511.jpg


それにしても可愛い... ホント、ネコ好きにはも~たまらん!!!

f0027944_135297.jpg


すくすくと、元気に育ってくれるといいな~♪ ^^

f0027944_1443758.jpg


アニーちゃんも育児、頑張ってね!

f0027944_125520.jpg



Thank you for voting!
可愛いさかりの双子の赤ちゃんと、育児を頑張るアニーちゃんにポチっと応援ありがとう♥


★撮影場所★
The Exotic Feline Breeding Compound's Feline Conservation Center
大型ネコの繁殖&研究のためのNPO。
一般公開されているので入園料5ドルでヒョウやヤマネコが間近に見られる。
トワイライト・ツアーは年に3度開催。イベント特別入園料は15ドル。18歳以上のみ参加可。

EFBC/FCC (Closed on Wednesday)
3718 60th Street West
Rosamond CA 93560
MAP
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-09-21 02:47 | 大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
ヒョウに手を舐められたら...
順序が逆になってしまったけれど...
野生のクロクマに遭遇する前、Cat Havenという施設へと立ち寄った。

え?また猫なの?って思われちゃったかしら?^^;
でも、そうなのよ、また猫なの...しかも大きい猫!好きだね~まったく...ってセルフつっこみしちゃうよ。(笑)
f0027944_23381154.jpg

いや~、ここの施設ね、以前ネットで見てから、一度行ってみたいな~と思ってたんだけど
場所がちょっと遠いので(車で4時間半以上かかる)、気軽に週末に出かけられる感じではなかったの。

でも今回は、週末一泊小旅行でこの辺りに来ていることだし、じゃあ行ってみようか!となったのである。^^
f0027944_23415441.jpg

ここは...ジェイジェイやサンパーがいるあのNPOと同様、大型猫の種の保存施設ということになっている。
訪れる人たちに、絶滅危惧種をも含む大型猫について学んでもらう場所でもある、といった感じだろうか。

ジェイジェイくんやサンパーくんのいる施設は...
一度入場料($5=500円程)を払うと、後は公開されているエリア内であれば自由に歩き回ることができる。

しかしここは、ガイドの説明付きのツアーでしか猫たちを見られないようになっている。
ツアーは45分ほどで、料金は大人$9。
この値段が高いのか安いのかよくわからないけど...ま、猫たちへの寄付金と思えば納得の金額かなあ。
f0027944_2343438.jpg

最初は、自由に歩き回れないなんてつまんないかな...と思ったのだけれど...

ガイドの女性にかなり懐いている個体が多かったので、彼女を先頭にツアーのグループ(25人くらい)がそれぞれの檻に近づくと、奥のほうにいた猫たちがトコトコと手前にやってきたりして、それはそれでまた面白かった。

それに、一つの檻の前でかなり長い時間、それぞれの生態などについて女性が説明してくれるので、写真を撮る時間もたっぷりあったし。

こちらがベンガルトラの「ゴライアス」くん↓ と、ガイドの女性。
たすき掛けにしたバッグの紐の短さが気になる...とか思っちゃいけません。(笑)
f0027944_2303957.jpg

トラ(ベンガルトラ兄弟)は現在2頭がいて、彼らの「パパ」である施設のオーナーがやってくると...
フェンスに頭をスリスリして、まるでイエネコみたいに甘えていた。

「コング、ゴライアス、いいコにしてるか、オマエたちー!」
「人間のパパ」の声に、身悶えするトラ兄弟...^^
いいな~、羨ましいな~、「トラ」パパなんて!

人工保育で育ったということで、人間なら誰にでもなついているのかと思えば、そうではないらしい。
ガイドの女性がいうには、2頭のうち「コング」という名のトラ(↑で大アクビしてるのがコング君)は彼女のことを気にいってないのだとか。
私が近寄るとコングは威嚇するのよ...と、彼女は苦笑しながらいう。

でも施設内の猫たちのうち、ほとんどの個体は彼女に友好的だったように思う。




これ↓はアムールヒョウの...えっと、名前忘れた。^^;

女性が手を出すと、このとおり目を細めてペロペロ...いいな~いいな~!私も舐められたい!(笑)
でも彼女がいうには、あまり長い間ペロペロしてもらえないんだそう。
理由はもちろん...イエネコと比べて数倍もザラザラの舌だから、痛くてたまらないため。^^;
f0027944_2541752.jpg

ちなみにこのコも人工保育で育てられた。
同じ檻の中にはもう1頭のアムールヒョウがいたのだけど、彼女がいうには、
そのコは人間にではなく母ヒョウに育てられたので、人工保育のこのコほど人間に懐いていないのだとか。
f0027944_3355145.jpg

ふーん...当たり前といえば当たり前だけど、やっぱりそういうもんなんだ。
f0027944_2543655.jpg

仔猫のようにひっくり返ってまったりしてるのは、ジャガー。
ガイドの女性がいうには、ジャガーは自分の体重の2倍の重さの獲物を、
口に咥えたまま木の上に運びあげることができるとか。

ジャガーは大型猫の中でも特にあごの力が強い。
なんと、オモチャ代わりに与えたボーリングのボールさえも粉々にしてしまったことがあるらしい。
ボーリングのボール?!?! あの固いヤツを?! どっひゃ~~~~!

そんな彼らは、顎に600ポンド=約272Kgの重さを込めることができるというからスゴすぎるっ!!!
ボーリングのボールさえも、粉々になっちゃうわけだわね...^^;
f0027944_33755100.jpg

こちらのヒョウも、まるでキャットタワーの上でお昼寝中のニャンコみたい...♪
f0027944_338958.jpg

あ、ユキヒョウだ!このコは女の子で、名前はティジーちゃん。^^
f0027944_3554954.jpg

ジェイジェイくんがいるあの施設にはいないのだけど...ここにはライオンもいる。

最近やってきたオスライオンの「クスクス」君。↓↓↓
f0027944_3595732.jpg

以前からいるメス↓はこちら。名前忘れちゃった。^^;
サイトにも書いてないみたいだし...ジェイジェイくんのいるあの施設は、それぞれの檻の前に名札が下がってるんだけど、ここはそういうことはしてなかった。

↓ 舌が出っ放しだよ~。^^;

この肝っ玉母ちゃんライオン、新入り亭主のクスクスくんを完全に尻に敷いてるそうです。(笑)
f0027944_3594183.jpg

ところで、ライオンたちの前で説明を聞いていたとき、興味深いことがおこった。

ツアーグループの中には小さな子供が3人いたのだが...
その中の、4歳くらいと思しき小さな男の子を見たとたん、クスクス君の目つきが変わったのである。

男の子をジッと凝視し、姿勢を低く構え、それはまるで、獲物に飛び掛る前の猫そのもの...^^;

クスクス君のそんな様子に、ツアーに参加した人たちも気づいていて、驚いたり苦笑したり。
いや~、ライオンにとっては4歳くらいの子供って、獲物と同格なんでしょうか?(笑)

こんなに近くで見られるよ~♪ ↓
f0027944_41096.jpg

ガイドの女性の話力もあるのだろうけど、退屈することもない、楽しいツアーだった。^^
ここは滅多に来れない場所にあるんだけど、いつかまた訪れることができたらいいな~。


入り口付近にあった銅像で、こういうアホな写真を撮りたがるのは、いつもの通りJである...
f0027944_4202548.jpg




Thank you for voting!
人馴れしてる大型猫はやっぱり可愛いね...と思ったらポチっとありがとう♥



★撮影場所★
The Project Survival's Cat Haven
38257 E Kings Canyon Rd, Dunlap, CA‎
キングスキャニオン国立公園の入り口から15マイルほどの場所、美しい山の中の大型猫施設。
Adults: $9.00
Children: 5-12: $6.00
Seniors: age 62 and over- $7.50
ガイドつきツアーによる見学のみ。ツアーそのものは45分程度。およそ1/4マイルの道のり。傾斜あり。
⇒HP
⇒Map
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-05-08 04:41 | 大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
凛々しく美しく成長したジェイジェイ&サンパー
2007年5月10日生まれのジェイジェイくん、もうすぐ2歳。^^
名前を呼ばれると、つい振り向いてしまうという、可愛い可愛いヒョウなのである。

North Chinese Leopard(学名:Panthera pardus japonensis 和名:キタシナヒョウ 絶滅危惧種
f0027944_22325737.jpg

キタシナヒョウは2歳で一応「成獣」ということなので、彼もそろそろ一人前かあ。

この施設で初めてジェイジェイに出逢ったとき、彼はまだ生後半年のチビっこだったけねえ。(しみじみ)
f0027944_22341822.jpg

あれからすくすく成長して...見るたびにどんどん大きく大人っぽくなっていって...
今ではこんなに優雅で精悍な顔立ちの、ため息がでるほど美しいオスのヒョウになったんだねえ。
f0027944_22392962.jpg
f0027944_22412518.jpg

でも...でも...中身はまだまだ仔猫かも...?! ^^
というのは...こーんな姿を見せちゃうから。(笑) 



わははは~♪ 
猛獣であるはずのヒョウなのに...この遊びっぷりはまるで生後3ヶ月の仔猫ちゃんだよね。^^
ヒョウもイエネコも同じネコなんだな...って改めて思っちゃう♪

ちなみに遊んでいるのは、ボールではなくて、なんと丸ごとのメロン!
この日は、トワイライトツアーのイベントの一環として、それぞれのネコたちに環境エンリッチメントのためのアイテムが与えられたのだけど、メロンもその一つみたいなの。
ジェイジェイは貰ったメロンをコロコロしてただけだったけど、食べちゃうコも多いみたい。

f0027944_2372093.jpg


それにしてもジェイジェイくんにも、トラのシーザーくんに負けないほどの数のファンがついているらしい。
(シーザーくんにはものすごいたくさんのファンがついているらしかった。開園するやいなや、シーザーくんのところにダッシュする人の数がすっごく多かったんだもん。でもまあ、あの美しさだしね~。当然か。^^)

動物園でもないこんな施設を訪れる人は、おそらくかなりの大型ネコ好きばかりだと思うんだけど(というか、ほとんどの人がおそらく「大型ネコおたく」のような感じ...^^;)たくさんの人がジェイジェイくんに声をかけていく。

「ハ~イ、ジェイジェイ♥、元気にしてた?」
「ジュンジー(ジェイジェイの本名)、久しぶりだねえ、すっかり大きくなったなあ♪」


私たちがそうであるように、彼の成長を見守ってきた人たちばかりなのだろう。^^






さて、もう一頭、「大きくなったコ」を紹介。
こちらも以前、生後7ヶ月のところを紹介した、カナダオオヤマネコのサンパーくん。
Canadian lynx (学名:Lynx canadensis)

前回会ったときは、まだまだあどけなさが残るこんな姿だったけど...↓↓↓
f0027944_2393481.jpgf0027944_2395552.jpg




こっちもまた凛々しくカッコよくなりましたっ!^^
f0027944_23112013.jpg

いや~、こりゃまたワイルドなルックスの、見事なオオヤマネコになったねえ!
ほんの5ヶ月前はまだなんとなくオドオドしてた感じもあったけど...今ではこの堂々とした態度。
f0027944_23124950.jpg

小さい頃から足が大きかったけど、見てよ、この大きな後ろ肢! ホレボレしちゃうね~。^^
f0027944_23152038.jpg

大きさは中型犬くらいかな。ヒョウたちと比べると一回り以上小さいって感じ。

サンパーくんにもエンリッチメントのためのアイテムがいくつか与えられていた。
草(Wheatgrass=大麦若葉)もその一つで、サンパーくんたらその上にどっかと座って(たぶん)ご機嫌♪ 
f0027944_2325743.jpg


ジェイジェイくんもサンパーくんも、元気に成長しているようで嬉しいな~。^^
こうして小さい頃から見てきていると、なんだか親戚の叔母ちゃんの心境になっちゃうのよ。(笑)


さて、キタシナヒョウのジェイジェイくん、カナダオオヤマネコのサンパーくん。
二人とも凛々しく成長したけれど、みなさん、どちらがお好み?

私は両方とも大好きでどっちかなんて選べないよ~♪ 2頭とも「うちのコ」にしたいわ~♪ ^^



最後にオマケ..スタッフ撮影・ジェイジェイくんの生後一ヶ月の動画だそう。^^ か、可愛ええ...♥♥♥



☆ジェイジェイの過去記事☆
⇒生後半年
⇒生後11ヶ月
⇒生後18ヶ月
☆サンパーの過去記事☆
⇒生後7ヶ月


Thank you for voting!
絶滅の危機なんて吹っ飛ばしてたくましく生きるんだ!と、もうすぐ成獣のジェイジェイくんにポチっと応援ありがとう♥


★撮影場所★
The Exotic Feline Breeding Compound's Feline Conservation Center
大型ネコの繁殖&研究のためのNPO。
一般公開されているので入園料5ドルでヒョウやヤマネコが間近に見られる。

EFBC/FCC (Closed on Wednesday)
3718 60th Street West
Rosamond CA 93560
MAP
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-04-29 01:15 | 大型ネコ(トラ・ヒョウなど)

| ページトップ |

Copyright © 2005-2010 A little something to say from California. all rights reserved.
Any use of these images on this site without permission is STRICTLY PROHIBITED.
当ブログ記事内の写真及びにイラスト(配布しているアイコンは除く)の無断複写・転載は固く禁じます。



Happy Shooting!
by mari_CA
By: TwitterButtons.com

★ごあいさつ★

 

どれか一つ↑
ポチっと応援
ありがとうございます♪


「白背景+トップ画像」だけの、シンプルなオトナ向けスキンばかりです。初心者にも簡単にできる詳しい解説つき!
エキブロスキン配布中♪

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
★NEWS...kinda★
★PROFILE★
★Rest in Peace★
★More to check out★
★猫アイコン製作★
Memo and such...

Click for Orange, California Forecast

無料カウンター





California Time

最新の記事
★★ブログ引っ越しのお知らせ★★
at 2012-05-13 04:18
はだかんぼ
at 2012-01-23 15:49
死の谷の奥でひっそりと動く岩
at 2012-01-07 14:56
八割れ仔ハム
at 2011-12-26 15:40
アリクイ・ベイビー...?
at 2011-10-26 16:58
モルショー初体験!
at 2011-10-14 16:47
お持ち帰り専用、ミニ・猫カレ..
at 2011-10-08 15:05
カテゴリ
全体
動物


海獣
大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
Nature
お持ち帰り用カレンダー
ART
アメリカ人って...
ライフスタイル
日常
異国文化
グルメ的 in California
小旅行
ちょっとびっくりな話
ねこマンガ
猫動画
Hamster
モルモット
Viva! めりけんらいふ
アタシ様倶楽部
Grave Hunting
家族がらみ
音楽がらみ
San Diego
仕事
Breaking News
その他
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
★猫LINKS★
★写真&MISC. LINKS★
★SKIN編集LINKS★
★Font Links★
★会員登録しています★

おサカナさん♪