★★ブログ引っ越しいたしました★★ 移転先→ A little something to say from California

<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
お持ち帰り専用、ミニ・猫カレンダー・2009年10月
10月のカレンダーです。^^
今年はハロウィンが土曜日なんですね~。
きっとあっちこっちで大騒ぎのパーティーが催されるに違いない!

f0027944_15462567.gif


ハロウィンパーティーには何度か(義理感から)参加したことがあるけど...

...飽きた。^^;

だってさ、マンネリしてくるんだもの。 結局毎年同じような感じだし...はっきりいってつまんない。

それに、パーティーっていえばカッコいいかもしれないけど、結局「飲み会」みたいなもの。
もともとほとんどアルコールは口にしない私とJにとっては、それほど楽しいってものでもないんだよね。

f0027944_1547533.gif


せっかく呼ばれたパーティーや仲間内のイベントに一応顔を出しても、
いかにもつまらなそうだったり、ノリが悪くて他の人たちを白けさせちゃうような人のことを俗語で

Party Pooper(パーティー・プーパー)

っていうんだけど、飲まない私は、気を抜くとそれになっちゃう可能性大アリだから。

だったら最初から行かないほうが気楽でいいや。^^;

若いころはそういう大騒ぎも、付き合いで参加したとしても、それなりに面白かったような気もするけど、
最近は義理で参加するのもメンドくさい。 それだけ歳を取ったってことなんだろうなあ。(笑)

(カレンダーの二次配布は厳禁。HP・ブログに貼り付けることは構いませんが、商用目的ではなく個人で楽しむためのものに限ります)

f0027944_15411978.jpg
f0027944_15414045.jpg


f0027944_1542081.jpgf0027944_15421781.jpg


f0027944_15423446.jpg



「お持ち帰りの方法」
ウィンドウズ:
1.カレンダーの上にカーソルをおき、
2.画像の上で右クリックするとポップアップメニューが表示されるので、
3.そこから「名前をつけて画像を保存」を選択し、任意の場所に保存。

Mac:
1.カレンダーの上にカーソルをおき、
2.マウスボタンを押したままにするとポップアップメニューが表示されるので、
3.そこから「画像をディスクにダウンロード」を選択し、任意の場所に保存。


⇒オマケ:ジャイアンの近況
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-09-30 16:47 | お持ち帰り用カレンダー
頭上を旋回する猛禽と...
久しぶりに、自宅から20分ほどの自然&野鳥保護区へと出かけた。

ここはいつ来ても、野鳥写真家に人気の場所。

大砲みたいなカメラを担いでやってくるのは、ほとんどが年配の男性。
私みたいなショボい300mmのレンズなんて、隠して通りたくなるほど、みんなスゴイの持ってる。^^;

f0027944_17574.jpg


いつも歩くルートは決まってたんだけど...今日は少しだけ遠くまで歩いてみた。

保護区にほぼ隣接して、建て売りなんだろうけど、かなり大きな家々が立ち並んでいる。

f0027944_1121457.jpg


こんな場所の、こんなおうちに住んでみたいな~...

2階の寝室の窓からは、ここの自然保護区がよく見え、その向こうには太平洋までも見渡せるはず。
目の前の保護区には、リスやウサギ、それに、私は見たことないけどキツネまでもいると聞くし
そんな場所で毎日窓から海を見ながら暮らすなんて、私にとっては夢の夢だね、ホント。^^

f0027944_1301837.jpg


そんなことを考えながらボーっとしていると...住宅の屋根の上から、大きな鳥が飛び出してきた!!

あ、猛禽!!!
(多分...⇒)Red-tailed Hawk!
(学名:Buteo jamaicensis 和名:アカオノスリ タカの仲間)

Wingspan(翼を広げたときの横の長さ)は、110cm~145cmと、かなり大きい鳥である。

f0027944_1345691.jpg


まさか建て売り住宅の後ろから、こんな猛禽が飛び出してくるとは思わなかったのでびっくり。

私が立っている場所の、ほぼ真上の空を低空飛行。 ゆっくりゆっくり旋回している。

f0027944_1352067.jpg


地上にいるリスは、動きを止めている。

野ウサギなどは、敵から逃げる際に、走るのを止めてジッとしていることがあるが、
あれは、敵に見つからないよう、風景に同化するためなのだと聞いたことがある。

木に登らない地リスも、同じ行動を取るのだろうか?

というより、頭上を旋回する猛禽に、リスはどのくらい気づいているものなのだろうか。
たとえ猛禽の姿がはっきりと見えてなくとも、気配は感じるものなのだろうか。

とにかく、リスは静止したままピクリとも動かない。
ここで少しでも動いたら、命がなくなるかもしれないことを知っているかのように。

f0027944_1412278.jpg


やがて、アカオノスリは遠ざかっていった。



...ホッ!



と思ったのもつかのま、わずか数分後、今度は別の大きな黒い影が頭上をさっと横切った。

今度は何?!

f0027944_147575.jpg


あ、今度はTurkey Vultureだ!
(学名:Cathartes aura 和名:ヒメコンドル

f0027944_148374.jpg


ヒメコンドルのWingspanはアカオノスリのそれよりも大きく、なんと170cm~183cmだという。
巨大な鳥なのである。

f0027944_5124221.jpg


こちらもゆっくりゆっくり、それほど高くない位置を旋回している。

ただ、アカオノスリと違うのは、ヒメコンドルは死肉を喰らうことが多いので、
生きた獲物を襲うことは、まったくないわけではないものの、希であるという。

リスさんには、それはちょっと、ホッとする話かな?
(とはいっても、どの猛禽が生きた獲物を狙うかなんて、リスには知る由もないけれど...^^;)

f0027944_644950.jpg


不思議なことに、リスはやっぱりジッとしていた。
やっぱり、頭上を舞う猛禽に気づいているのか?

ヒメコンドルも、しばらく旋回を続けた後、どこかに飛んでいってしまった。


そして今回は幸運にも命拾いしたリスは...地面に掘ってあった巣穴の入り口に走っていった。

f0027944_6253565.jpg


ああ、なんだか私のほうがドキドキしちゃったよ~!

猛禽だって、食べなければ生きていけないから、小動物などを狙うわけだけだし、
人間だって、光合成ができるわけでもないのだから、他の生物を食して生きているのはわかってる。
でも、こういうシーンに出くわすと、ちょっとハラハラしちゃうんだよね。^^;





ところで...この現場からほんの20メートルほど離れたところで...

f0027944_624271.jpg


建設工事に使う、こういうの正式になんて呼ぶのかわからないけど、
とにかくそういう機械の日影にて...

ヒンヤリ冷たい地面に腹をつけて涼を取る、別のリスくんを見かけた。
f0027944_6264218.jpg



...この姿を見たら、さっきまでの緊張感が一気に崩れたぞ。

すぐそばで、あんなにドキドキするドラマがあったというのに...呑気だね~、キミは... ( ̄▽ ̄;)




Thank you for voting!
一緒にちょっとハラハラしちゃったら...今日もポチっと応援ありがとう♥


★撮影場所★
Bolsa Chica Ecological Reserve(野鳥&自然保護区)
Huntington Beach, CA USA
Map
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-09-28 07:12 |
タイガー&ホワイトタイガー
ホワイトタイガーって、実際に見たことあります?

実は私...実物をこうして見るのは今回が初めて。

ジェイジェイくんやジャガーの赤ちゃんたちを見たこの施設には
少し前に、施設にとって初めてのホワイトタイガーがやって来ていて...

こちらも、この日のトワイライトツアーが初お披露目だった。

カンザス州のTanganyika Wildlife Parkからやってきた
ホワイトタイガーのカトマンドゥ君(2002年5月1日に生まれ・オス)がこちら。

f0027944_23265476.jpg


ホワイトタイガーというのは、

アルビノ
(=Albino=白子=メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により
先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患、ならびにその症状を伴う個体)


なのかと私はかつて想像していたのだけど

そうではなく、基亜種の白化型、正常な遺伝情報により白化した白変種であるという。

白変種とは「色素の減少により体毛・羽毛・皮膚等が白化した動物の個体」を指し、
アルビノの瞳孔が赤く透けるのに対し、白変種の瞳孔は黒い

ホワイトタイガーの目も、瞳孔は黒、そして虹彩部分はシベリアンハスキーのような青である。

f0027944_2328827.jpg


近親交配の弊害アメリカのホワイトタイガーは、もともとは1950年代に、初の「飼育下にあり、繁殖も行ったホワイトタイガー」として有名になったMohanというホワイトタイガーが始まりであるという。

Mohanは彼の実の娘の一頭であるRadhaとの間に、4頭の白い毛皮の仔トラをもうけた。
近親交配は、白い遺伝子を受け継がせようとした人間の手による意図的なものであろうが、
それ以降も、人間たちは白いトラを求め、彼らに近親交配を続けさせた。

その結果、生まれた仔トラたちに弊害が出始めた。

近親交配による著しい弊害としては
・内斜視(寄り目)
・背骨の湾曲
・首のゆがみ
・足の腱の短化

また、さらに近親交配が進み、血縁が濃くなるにつれ
・流産
・死産
・幼獣時の原因不明の死

が増加し、無事に誕生した仔トラも、解明できない謎の疾患に苦しむという。


カトマンドゥ君の檻は、トラの檻としては狭いのではないか?という気がしたのだが、
実は彼も足が悪いそうで...あまり広くないのは、カトマンドゥ君のためなのだそうである。
彼の足もまた、祖先が近親交配を続けることを強いられた結果なのだろうか。

...人間のエゴのせいで...なんとも切ない話である。

⇒白変種とは(ウィキペディアによる解説)
⇒アルビノとは(同じくウィキペディアより)

f0027944_2344273.jpg
f0027944_23423820.jpg


↓↓↓ ホワイトタイガーと闘うインディ・ジョーンズ...ではなくて... ^^;

スタッフの男性が、カトマンドゥ君にシャワーを浴びさせているのである。

f0027944_23285794.jpg


もともと水が好きなトラ。
カトマンドゥ君はこれが大好きなのだとか。

f0027944_2329448.jpg


ところで、この施設には以前から、トラのシーザー君(2000年の10月頃生まれ)がいる。

これまでに、動物園や、別の大型猫保護施設でトラは何度も見てきたけれど

シーザーくんは、そんなトラたちの中でも、貴公子然としていて一番美しいと勝手に決め付けている。^^
(現在(09年9月)使用中のトップ画像の中央にいるのもシーザー君♪)

f0027944_23334974.jpg


シーザー君は、飼育許可を持たない一般人に飼われていたところを発見され
この施設にやってきたということだけど、そのせいか、猛獣にしては顔つきがとっても優しいのね。

それなのに、体重なんと226kg、鼻先から尻尾の先までは、おそらく3メートルという大きさ。
手足がスラリと長く、肩の位置が高い体型をしていて、とにかくイケメンなのである。^^

私がトラのメスだったら、カッコいいシーザー君の目の前で、ひっくり返ってゴロゴロいっちゃうわ。(笑)

そんなシーザー君の檻(というより遊び場。かなり広い)に隣接して作られた飼育場に
この新顔、ホワイトタイガーのカトマンドゥ君はいる。

f0027944_23491130.jpg


普段からこのように、シーザー君がカトマンドゥ君のそばに自由に行けるようにしているのではないみたいだけど...隣合わせにしているということは、ここのスタッフも、いずれはこの2頭がほどほどに顔見知りになってくれないかと願っているのではないかと思う。

シーザー君は、どうやらカトマンドゥ君と遊びたい...のか??
2頭を隔てているフェンスに身体をスリスリしながら、あっちへ行ったりこっちへ来たり。

そう、ちょうどイエネコが人間の足にスリスリしながらまとわりつくみたいに。^^

f0027944_23472948.jpg


でも...そんなフレンドリーなシーザー君とは対照的に、
カトマンドゥ君は警戒の色をその顔から消すことはない。

f0027944_23571219.jpg


この日も、そんなカトマンドゥ君が、フェンス越しではあるものの、ガウガウガウ...と
いかにも猛獣らしい獰猛な吠え声で、くシーザー君に吠え掛かってる様子が見られたんだけど...
トラの吠え声というのはさすがにスゴイ...まさに、辺りにとどろくといった感じなのだ!

でも、その様子は、誰が見ても、カトマンドゥ君がシーザー君を怖がっているようにしか見えない。
だって、どんなに吠えられても、シーザー君はまったく動じてなかったから。

2頭が顔見知りになるには、まだまだ時間がかかりそうだねえ...^^

⇒トラの吠え声はこちらで聞くことができます。(クリックで別窓)
山の中を歩いていてこんなのが背後から聞こえたら、チビるか硬直するか...だな、きっと。^^;

f0027944_013014.jpg


ああ、やっぱりシーザー君って美男...♥♥♥ ↑ (オバちゃん、うっとり♪)







Thank you for voting!
切ない運命を背負って生まれてきたカトマンドゥ君を応援して...ポチっとありがとう♥


★撮影場所★
The Exotic Feline Breeding Compound's Feline Conservation Center
大型ネコの繁殖&研究のためのNPO。
一般公開されているので入園料5ドルでヒョウやヤマネコが間近に見られる。

EFBC/FCC (Closed on Wednesday)
3718 60th Street West
Rosamond CA 93560
MAP
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-09-26 02:26 | 大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
絶滅危惧種のヒョウが尻尾を上げた日
以前からこのブログに遊びに来てくださってるみなさん、覚えてますか?
お久しぶり! 人工保育で大きくなった、キタシナヒョウのジェイジェイくんです。^^
North Chinese Leopard
(学名:Panthera pardus japonensis 和名:キタシナヒョウ 絶滅危惧種
f0027944_14241064.jpg

ジェイジェイ? 誰?...というみなさん、よかったら過去記事を見てみてね。

☆ジェイジェイの過去記事☆
⇒生後半年
⇒生後11ヶ月
⇒生後18ヶ月
⇒もうすぐ2歳


2歳と4ヶ月になったジェイジェイくんは、もうすっかり大人。^^

f0027944_14334212.jpg


...だろうと思ったんだけど...頭の中はまだ仔猫ちゃん...かも。(笑)
こんな風に遊んでるし。^^;
f0027944_14344063.jpg


今は夏毛なのかもしれないけど、毛皮の感じが、ホントに美しくツヤツヤになったね。
子供の頃は、ヒョウってこんなにモコモコしてたっけ?ってくらい、全体にフワフワだったのに。

f0027944_14361727.jpg


実はこの日、ああ、ジェイジェイはホントに大人になったんだな~と思わせる出来事があった。


それはね...

ジェイジェイくんたら、なんと...






シャーシャーとスプレーしてたのよっ!^^;





これってやっぱり、「繁殖可能」になった印...でもあるよう気がする。

まさかそんなことをするようになってるとは知りもしない私たちが、
ジェイジェイの檻の前にヘラヘラしながら立っていたとき、
フェンスのそばをウロウロしていたジェイジェイが、こちらにお尻を向け、同時に尻尾をクイっと上げた。

あっ!!!!!!

と思うのと同時に私は、オバちゃんにしてはそれは素晴らしい反射神経を見せ、さっと飛びのいた。

しか~し...Jは、私よりも反射神経が鈍いのか飛びのくタイミングが一歩遅れたのか、
モロ被りではなかったものの、結構バシャっと引っかけられてしまったんですね~。 ( ̄▽ ̄;)

っていうか、こういうときには私がしたように、横に逃げるのが正しいのである。
Jは、後ろに逃げた、つまり、正面を向いたまま、後ろに数歩下がって檻から遠ざかったのね。

でも、これははっきりいって無駄な努力であったと思う。
だって、ヒョウのスプレーは3メートルくらいは余裕で飛ぶから。^^;


檻のすぐ前の通路もこんな状態に... ↓↓↓ その辺りに立っているみんな、気をつけて~。^^;
f0027944_14573413.jpg


スプレー事件から20分くらいしてから、園内放送が入った。

「キタシナヒョウのジェイジェイが、今日は朝からスプレーしまくっています。
彼の檻のそばにいる人たちは、ジェイジェイが尻尾を上げたら注意してくださいね~」



...遅いっちゅーのっ!!!!!! ^^;



絶滅危惧種のヒョウにスプレーされるなんて、
滅多にできない貴重な体験!


そういって慰めた(?)ものの、Jはかなり長い間「臭う?」と気にしていた。^^;
でも...実はそんなに臭わなかった。

Jによると、引っかけられた直後はやっぱりそれとわかる強い臭いがしたそうだけど、
乾いちゃったらホントに無臭に近い状態で...少なくとも私は何の臭いにも気づかなかった。

イエネコのスプレーでさえも、かなり強烈な臭いだと聞くので... 意外といえば意外だったかな。
(我が家ではスプレーするコはいないので、どれくらい強烈かイマイチよくわかんないんだけど)

f0027944_1541218.jpg



それにしても、あのチビっちゃかったジェイジェイくんがスプレーかあ...



なんていうか...




まだ子供だとばかり思っていた甥っ子の部屋で
エロ本見つけちゃいました...



...のような、心境。 (^~^;)




ま、いつかそう遠くない将来、今度はジェイジェイの息子や娘が見られる日も来るかもしれないね。^^


...って、プレッシャーかけちゃったかしら、ジェイジェイくん?(笑)
f0027944_1519096.jpg




★キタシナヒョウ★中国北部に生息するというキタシナヒョウだが、野生の個体はおそらく2,500頭ほどにまで減っているといわれており、絶滅危惧種指定されている。(動物園などで飼育下にある個体は全国でおよそ100頭)

この施設では、ドイツやフランスの動物園などからキタシナヒョウを借りてまで、飼育下にある個体同士による繁殖を試みてきてはいるが、血縁が濃くなりすぎるのを避けるためには、なんとかして野生種の血を入れる必要があるとされるところまで来ているらしい。

野生のキタシナヒョウは目撃例も少なく(そのために頭数確認も難しく、2,500頭というのも最近のデータではなく、今ではさらに総頭数が減っている可能性もある)野生の血を入れると一言でいっても、実行するのは非常に難しい。







Thank you for voting!
成獣の身体に仔猫の心?! ジェイジェイくんにポチっと応援ありがとう♥



★撮影場所★
The Exotic Feline Breeding Compound's Feline Conservation Center
大型ネコの繁殖&研究のためのNPO。
一般公開されているので入園料5ドルでヒョウやヤマネコが間近に見られる。

EFBC/FCC (Closed on Wednesday)
3718 60th Street West
Rosamond CA 93560
MAP
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-09-23 15:52 | 大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
双子のジャガーは生後3ヶ月
およそ5ヶ月ぶりに、大型ネコの繁殖施設を訪ねてきた。^^

今回の訪問の一番の目的は...こちら~♥ ↓↓↓ 
このコは、6月13日にこの施設内で誕生した、ジャガーの赤ちゃんのうちの一頭♪
f0027944_16431482.jpg


そう、女の子(↓左)と男の子(↓右)の双子ちゃんなのだ♪ 
生後三ヶ月の今、ピョンピョン飛び回りながら遊ぶ様子はまるで仔猫で、そりゃもう可愛い盛り。^^

現在の大きさは...フェンス越しに見た感じ、大きめのイエネコくらいかなあ。
f0027944_1649140.jpg


2頭ともそっくりなのに、どっちがどっちかわかるのか...って?

ジャガーとかトラとかヒョウって、シマウマと同じで、毛皮の模様が、一頭一頭微妙に違うのよ。
この2頭のおチビちゃんたちも、たとえば両目の間の模様を見比べると、結構違うでしょ~。^^

f0027944_16492967.jpg


いや~それにしても、可愛すぎるっ!!!

ジャガーって、ヒョウに比べると手足が短くて、どっしりした感じ。
どちらかといえば、スリムでしなやかなヒョウが好みの私だったんだけど...
こんな可愛いコたちを見ちゃったら、ジャガーのファンにならずにはいられないじゃないか~!!

f0027944_16573349.jpg
f0027944_0563881.jpg
f0027944_057155.jpg

一緒に写っているのは、母ちゃんジャガーのアニーちゃん。

アニーもこの施設で帝王切開にて生まれ、母親が世話をしなかったため、人工保育で育てられた。

人工保育で育ったとはいえ、アニーちゃん自身はなかなかの母親っぷりを発揮してるみたい。^^

f0027944_121592.jpg
f0027944_124367.jpg



この日は、年に3度開催される、トワイライト・ツアー(ファンドレイジング=資金集めイベント)だった。
普段は4:00pmに閉園してしまうところを、5:00pmから特別に一般公開し、
通常は訪問者が見られないエリアにいるネコたちをも、この日だけは自由に見ることができる。
(※猛獣なので、もちろんさわることはできません)

特に、今回のトワイライト・ツアーでは、まだ通常の一般公開エリアに移っていない、
このジャガーの赤ちゃんなどを見ることができるということもあったので
前回(にも私たちは参加した)よりもたくさんの人、人、人!

普段は、週末に訪れてもそんなに訪問者がいないのんびりした施設なんだけど、
今日は、ざっと見回したところ、300人くらい...いや、もっとたくさんの人がいたかなあ...

f0027944_1125955.jpg

f0027944_1203397.jpg


やっぱり、ジャガーの赤ちゃんが目当てだった人が多かったんじゃないかと思う。^^
施設の公式サイトでは、どんな赤ちゃんが生まれているか...など、常にアップデートされているし、通常は生後半年くらいになるまで一般公開されないから、こういったイベントはそんな小さいコたちを見ることができる、貴重な機会だしね。

f0027944_1355511.jpg


それにしても可愛い... ホント、ネコ好きにはも~たまらん!!!

f0027944_135297.jpg


すくすくと、元気に育ってくれるといいな~♪ ^^

f0027944_1443758.jpg


アニーちゃんも育児、頑張ってね!

f0027944_125520.jpg



Thank you for voting!
可愛いさかりの双子の赤ちゃんと、育児を頑張るアニーちゃんにポチっと応援ありがとう♥


★撮影場所★
The Exotic Feline Breeding Compound's Feline Conservation Center
大型ネコの繁殖&研究のためのNPO。
一般公開されているので入園料5ドルでヒョウやヤマネコが間近に見られる。
トワイライト・ツアーは年に3度開催。イベント特別入園料は15ドル。18歳以上のみ参加可。

EFBC/FCC (Closed on Wednesday)
3718 60th Street West
Rosamond CA 93560
MAP
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-09-21 02:47 | 大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
モチちゃんハウスの大掃除
先日は新顔、9ちゃんの紹介をしたので...今日はモチちゃんの近況を♪ ^^

f0027944_1631390.jpg


そう、モチちゃんハウスは、週に一回大掃除をするのです。


まずは、モチちゃんを、この通称「お掃除待機バケツ」の中に入れることからスタート♪
f0027944_1672396.jpg

猫たちが活動的なときは、モチちゃんはこのままバスルームへと、一時的避難。^^

その間に、飼育ケース内中に散らかった、食べ残しやウンPなどを片付けるんだけど...

モチちゃんは「ゴハン溜め込み女王」なので、悪いけど、それらも処分しなくちゃね~。
ずっとそのままにしていて、虫が湧いたりしたら困っちゃうもんね。

今回もおうちをパカっと持ち上げたら...やっぱり! こんなに溜め込んでました。(笑)

f0027944_1694641.jpg


矢印の先はヒマワリの種...モチちゃんたら、あんなに欲しがってたのに、全然食べてないじゃん!
ひたすら溜め込んでるだけなの~~~?^^;



あとは、床とか壁をキレイに拭いて、トイレや餌箱もキレイに洗って、元通りにするだけ。
大掃除ってほどでもないなあ...15分くらいで終わっちゃうし。^^;

f0027944_16134623.jpg


ゴハンもたっぷり入れてあげようね~。 またここから自分で選んで溜め込めるように...(笑)

f0027944_16174025.jpg


毎日決まった時間に決まった量しか餌はやらない...っていうハム飼い主さんも、いるらしい。
ま、それはそれで別にいいとは思うけど...うちは対照的な考え方。

我が家はどーんと与えて、好きなものを好きに選ばせる方針。

1年半~2年の短い一生だもの。
食事くらい好きなときに好きなだけさせてやりたい。
自分で欲しいものを選ぶ...っていうのも、雑食性の生き物にとっては脳の体操になると思うし。

キレイになったら、バケツの中で待機してるモチちゃんを飼育ケースに戻してオシマイ♪

f0027944_1618326.jpg


キレイになったおうちの中を、モチちゃんは隅々までチェッ~ク。^^

f0027944_16224040.jpg


外界に興味を示すモチちゃん。
先代シューマイちゃんも、よくこうして塀の外を覗き込んでたっけ♪ 

f0027944_1623063.jpg


えっと、モチちゃんが我が家の一員になったのいつだったっけ?
たしか、6月の下旬くらいだったかなあ...(←覚えとけよ、そういうの...)

f0027944_23554811.jpg


そうなると、早いものでもう3ヶ月近くが経つわけね。

先代シューマイちゃんは、心臓に毛が生えてるような性格してたけど(笑)
モチちゃんは、おっとり&ややビビリ系。^^;

最初は私の手が怖くて、ヒマワリの種を差し出そうとしても、キャッ!!って感じで逃げ回ってたのよ。(笑)
でも、根気と愛情で、今はこれくらいまでには馴れたよ。^^ ↓↓↓

★親バカ動画その1★



★親バカ動画その2★




ところで、9ちゃんの紹介記事で、モルモットはそんなに大きいのか!というコメントを
たくさんいただいたのですが...ハイ、はっきりいってデカイですっ!^^;

今はまだそんなに大きくなってない9ちゃんだけど、大人になるとモルモットは体長25~30センチになるということで、それって、手足を除いて、体はちょっとした小柄な猫くらい?!って感じでしょ~。(笑)

今でも、モチちゃんとの大きさの比較はすでにこんな感じ。
あ、実際に対面させたわけではないけど。(笑)

f0027944_23524787.jpg


9ちゃんが来たことに...モチちゃんは気づいてるのかもしれないけど(ニオイがするだろうから)
でも、ハムスターってマイペースな生き物なので、特に変わった反応はしてない。
猫たちも、初日はティーニーが9ちゃんハウスを覗き込んでだけど、今は...ほぼ無関心。

ティーニーはたまにモチハウスもジーっと眺めてたりするけど、別に手は出さない。
手が出せないように工夫してあるっていうのもあるけど、手が届かないから興味も薄れるのかな?

f0027944_23552365.jpg


そんなわけで、モチちゃんの近況報告でした。^^


Thank you for voting!
↑溜め込み女王、モチちゃんにポチっ応援ありがとう♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-09-18 00:40 | Hamster
Jの一目惚れ animal
Love at first sight...と、Jはいった。



日本語に訳すと...「一目惚れ」




やれやれ...いい歳こいて一目惚れとは、困ったもんだわねえ。




でもねえ...一目惚れじゃあ...しょうがないか...




これも運命だと思うしかない?








...運命だと思って...うちに連れてかえりましょうか(?!) ^^








f0027944_9574566.jpg


というわけで、いきなり家族が増えちゃった。^^;

週末、キャットフードを買うためにペットショップに行ったときのこと。
小動物の売り場を見ていたら、このコが目の前で寝床からトコトコ出てきて、
透明のアクリル壁越しに、Jの目の前で、むにょ~~~~んと大あくびした。

その瞬間、Jはこのコに惚れちゃったんだとさ。(笑)

f0027944_1133054.jpg


実は...先代ハムのシューマイちゃんが居た頃から、モルモットが欲しいという話が出たことはあった。

けれど、手のひらサイズのハムスターと違って、モルモットは仔犬くらいの大きさになるし、

そのぶん大きな飼育ケースも必要になる。

大きな飼育ケースはもちろん高いし、何しろ狭いアパート暮らし。

飼いたいと思っても、そう簡単には実現しなかったんだけど...

結局この日、Jが魅せらせちゃったこの白いモルモット(♂)を衝動買い。^^;

f0027944_1152457.jpg


シューマイちゃんやモチちゃんのように、プラスチックの衣装ケースを改造するわけにもいかない。
だって、生後半年の今だって、体長15センチくらいあるんだもの。 デカイよ。

なので、専用飼育ケージを購入。 横幅1メートルもある大きなタイプね。

床に直接置くのもナンだから...ということで、
IKEAでセール品として出ていたチープな四角いテーブルを2つ並べて、その上に設置。

ちょっと前に、古いダイニングセットを処分したので、ここにスペースもあったし...やっぱり運命?!
ケージの左には熱帯魚の水槽が2本と、水槽台の下にはモチちゃんハウスがあって...
なんだかこの一角がミニ動物園みたいになってきちゃったよ...^^;

f0027944_11362148.jpg


そして...我が家で小動物を飼うときに一番大事なことは、猫の本能から彼らを守ることなので、

モチちゃんハウスの前面にも使用した、アセテート板でぐるりと周りを囲った。

f0027944_11473483.jpg


これは上の部分だけを、キツキツにならないように留めてあるので、
くるっと屋根の上に乗せちゃえば、アセテートなしで触れ合いも可能。^^

f0027944_1150397.jpg


あ、そうそう、名前を披露しちゃくっちゃね~♪

いろいろ候補があったんだけど...

「9」

という名前になっちゃいました。

え?名前というより数字やないか?って。^^;

個性的(?)な名前の由来は...

09年の9月、「9」っていうCG映画を映画館で観たすぐあとに、このコを衝動買いしちゃったから。(笑)

英語名の読みは「9(ナイン)」なんだけど、日本語名は

「9(キュウ)」

ってことで。^^

ということで、9ちゃん(キュウちゃん)と呼んでね♪

f0027944_12214726.jpg


我が家に来てまだ3日目の9ちゃん、まだまだビクビク、オドオド...^^;

小動物用の、この厚紙のトンネルの中にいると安心するらしく、いっつもここにいる。

でもまあ、ペットショップにもつい最近やってきたばかりだったみたいだし、

それからうちにやってきて...といった具合に、短い期間に引越し続きで大変だったと思うんだよね。

新しいニオイ、新しい物音、新しいおうち。

ちっちゃな心と体は、きっとまだまだドキドキしてるんだろうね。

焦らずのんびりと、ゆっくりでいいから、毎日少しずつ信頼関係を築いていけたらいいな。^^

f0027944_12324071.jpg


というわけで、猫たちやモチちゃん同様、9ちゃんもよろしくです~♪

(9ちゃん本人は3,500円くらいだったというのに...必要に応じてケージとかあれこれ買ったら、
合計金額が2万円くらいになってしまった...Jよ、一目惚れとは高くつくものなのだ。^^;)



Thank you for voting!
真っ白な新顔9ちゃんにポチっと応援ありがとう♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-09-15 13:12 | モルモット
海育ちのリス animal
海のそばで暮らしているリス(ジリス=地リス)たちは...

f0027944_1835894.jpg


なぜか、海を眺めていることが多い。^^

f0027944_1842633.jpg


あっちでも...

f0027944_1844776.jpg


こっちでも...

f0027944_1852697.jpg


どういうわけか、海をじーっと眺めている。^^ (↓ 3匹いるのが見える?)
 
f0027944_187930.jpg








なんでなんだろ...?









f0027944_189080.jpg


...

...

...いや、そんな理由であるはずはないと思いたい。^^;


f0027944_18192465.jpg
f0027944_1819406.jpg
f0027944_18195797.jpg





リスっていうのは、森に住んでる生き物だと思っていたから、初めて海のそばでリスを見たときは驚いた。
木の実なんかがたくさんあるわけじゃないと思うけど、彼らはいったい何をメインに食べてるんだろう?

「海草とか???」とJは首をかしげてたけど...

それもあんまり想像つかないよね。

リス語を話すことができたら...ちょっと、そんなこと、このあたりのリスたちに聞いてみたい。^^

※ジリスは木には登らず、地面に穴を掘って暮らす。





Thank you for voting!
たまには海草なんかも食べるのかもしれない??? 元気な海育ちのリスたちにポチっとありがとう♥




★撮影場所★
Pacific Grove、CA
モントレーベイに面する、ゴツゴツした岩場の海岸。
海にはラッコ、アザラシ、アシカ、陸地ではこんなジリスをたくさん見かける、隠れ自然の宝庫。
水族館で有名なモントレーのダウンタウン近くに比べて、こちらは人が少なく、それもまたGood。
⇒Map
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-09-13 18:52 | 動物
もうすぐ100歳の詩人
日系の本屋さんで、まど・みちおさんの詩集を見かけた。

「ぞうさん」や「やぎさんゆうびん」や「ふしぎなポケット」など、
歌としても親しまれている作品はいくつか知ってるけど
きちんと詩集を読んだことはないなあ...

そう思ったらつい、買ってしまった。^^

f0027944_23295285.jpg



「ことり」   まど・みちお

そらの
しずく?

うたの
つぼみ?

目でなら
さわっても いい?

f0027944_23323571.jpg





「チョウチョウ」    まど・みちお

こころなら
こんなに きれいなの…

そう いって
でてくるのかしら
もじゃもじゃけむしから
いつも
チョウチョウは

f0027944_2334404.jpg






「うみとそら」   まど・みちお

うみは おとうと
そらは にいさん
あおい あおい
あおい ゆめを みてる
いつも いつも
ふたりで

うみは おとうと
そらは にいさん
あおい あおい
あおい うたを うたう
いつも いつも
ふたりで

うみは おとうと
そらは にいさん
あおい あおい
あおい あすを くれる
いつも いつも
みんなに

f0027944_23413146.jpg






「とんぼの はねは」    まど・みちお

とんぼの はねは
みずの いろ
みずから
うまれたからかしら

とんぼの はねは
そらの いろ
そらまで
とびたいからかしら
f0027944_2343467.jpg





「ネコ」     まど・みちお

あくびを するとき
ネコのかおは花のようになります

だれも 見ていなくても
じぶんにも 見えなくても

でも るすばんの ざしきで
ネコが かおを
クレオメの 花にしたとき
それを 見ていました

たたみのイグサの 一ぽん一ぽんが
しょうじの さんの 一ぽん一ぽんが
てんじょうの木目の 一ぽん一ぽんが
かおを すりよせるようにして

f0027944_022194.jpg





「つきのひかり」     まど・みちお

つきの ひかりの なかで
つきの ひかりに さわれています
おふろあがりの
あたしの きれいな手が

うちゅうの
こんなに ちかい ここに
さわるようにして

うちゅうの 
どんな ところにも とどいている
みえない しらない おおきな手のことを
おもいながら

つきの ひかりの なかで
つきの ひかりに さわれています
つきの ひかりに さわられながら

f0027944_0103289.jpg




f0027944_011138.jpg





ああ、なんだかいいな~、とってもいいな~、まど・みちおさんの詩は。

一編の詩を読み終わったあとに、まるで一つの良い小説を読んだあとのような、じーんとする気持ち。

ことばの一つ一つが、鮮烈な映像となって読む側の頭と心の中に飛び込んでくる感じ。

まどさんは、1909年11月16日生まれで、今もなお、現役詩人である。

これ以上にステキな生き方はあるだろうか!

ねえ、そう思いません?^^


f0027944_0162890.jpg

⇒まど・みちお詩集(ハルキ文庫)







Thank you for voting!
↑ちょっとだけジンとしちゃったら…ポチっと応援ありがとう♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-09-11 05:30 | ART
パンダの赤ちゃんは男の子
8月5日にサンディエゴ動物園(以下SDZoo)で生まれたパンダの赤ちゃん...

初めての検診(9月3日)で、男の子であることが判明したそう。^^

検診のときの写真が、こちら↓ (写真はSDZoo公式サイトより拝借)
f0027944_1652584.jpg

うぎゃーーーーっ!!! 
こりゃ可愛ええーーーーーっ!!!! (≧∇≦)

f0027944_16554463.jpg


生まれたばかりの頃は、裸のネズミみたいだったのに...

f0027944_16573877.jpg


すっかりヌイグルミっぽくなって、大きくなって可愛くなってま~~~~!(←親戚の叔母さん状態)
f0027944_16565994.jpg


SDZooではパンダ親子の寝床(Denと呼ばれる)にカメラを設置して、
24時間ネットでその様子が見られるようにしている。

おそらく世界中のパンダ好きがその様子を毎日のように見て喜んでると思うんだけど...

私もその一人!^^

こーんな風に、可愛いシーンが見られると、スクリーンショットして画像を保存したりしてたしね~♪
(↑ヒマな奴だわね、私も...^^;)

f0027944_1731011.jpg
バイユン母さんの手のひらの上っていうのかなあ...矢印のあたりにいるんだけど、とにかく小さいのでよく見えない...^^

f0027944_1732510.jpg
こんな風にいっつもベッタリくっついてる。
親子の絆は今作られているのか?

産床は、バイユン母さんが竹を編みこむように敷き詰めて作ったものらしい。
それって、なんだかいい匂いがしそうじゃない?

それにしても、パンダって、誕生直後から竹と一緒なんだ。^^

f0027944_1734142.jpg
まだ全体に白っぽいみたい。
ピンク色の裸ネズミではなくなったみたいだけど。

f0027944_174191.jpg
あ、パンダっぽい柄になってきてる!
白黒というより、白とグレーって感じか?^^

f0027944_1751749.jpg
開園時間中は、こんな風に横からの映像が見られることも多かった。
昼休みは帰宅する私、パンダの赤ちゃん映像をオカズにテキトーにゴハン食べてました。^^

f0027944_1754317.jpg
あはは、これさ~、パンダのカブリモノを着た人間が、パンダのヌイグルミで遊んでる...っていわれたら、信じちゃわない?(笑)

f0027944_1771532.jpg
バイユン母さんたらカメラ目線!

f0027944_1773499.jpg
あれ?赤ちゃんが独りでいるよ~。

f0027944_1782184.jpg
まあ、バイユン母さん、すぐに戻ってきたけど。
ゴハンでも食べてたのかな。
少しの時間なら放っておけるくらいに成長したってことなんだろね。^^

f0027944_1785814.jpg
もうすぐ生後一ヶ月。
誕生直後と比べると、かなり大きくなったのがわかるね~。

f0027944_1793583.jpg
今日もペロペロ。
こうして毎日グルーミング。^^

ホント、毎日毎日確実に大きくなってる。
当たり前といえばそうだけど、なぜか感動。

f0027944_171011.jpg
バイユン「お母さんですよ~♪」
赤ちゃん「キャッキャッ♪」

f0027944_17102023.jpg
こうして赤ちゃんが独りでいることが多くなったみたい。
最初はベッタリくっついてたのにね。^^
赤ちゃんがこの寝床から這い出てくるなんてことはないのかなあ?



それにしても、生後一ヶ月くらいになって、
「誕生直後の仔パンダってこれくらいであるべきなのではないか?」と思わせる大きさって感じ。

だって最初はホントに小さいじゃない。
大人のパンダの大きさを考えたらさあ、なんていうか、
「ちょっとデカめのウンP」が出てきた...みたいな大きさだと思うんだよね~。(爆)

ちなみにこちらがバイユン母さんの、今回の出産シーン。↓
生まれたばかりの赤ちゃんは、こんなに小さいのに、予想以上に産声がデカイ。

小さな小さな赤ちゃんを、それはそれは大切そうに抱っこするバイユンを見ていると、
なんだかチョロっと涙が出そうになっちゃうのは、きっと私だけじゃないと思う。^^


最初の検診では、体重1,259グラム、体長37センチだったそう。
健康面でも問題がなく、スクスクと元気に成長してるらしい。^^

バイユンにとっては5頭目の赤ちゃんだし、育児に関してはもうベテランなんだろうね。

一般公開はおそらく12月だと思うんだけど...待ちきれないね~♪ 

⇒チビパンダ君の初検診の動画はこちらでみられます。
⇒24時間OPEN! SDZooのパンダのライブカメラはこちらでね。




Thank you for voting!
↑チビパンダくんの健やかな成長を願ってポチっと応援ありがとう♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-09-07 18:18 | 動物

| ページトップ |

Copyright © 2005-2010 A little something to say from California. all rights reserved.
Any use of these images on this site without permission is STRICTLY PROHIBITED.
当ブログ記事内の写真及びにイラスト(配布しているアイコンは除く)の無断複写・転載は固く禁じます。



Happy Shooting!
by mari_CA
By: TwitterButtons.com

★ごあいさつ★

 

どれか一つ↑
ポチっと応援
ありがとうございます♪


「白背景+トップ画像」だけの、シンプルなオトナ向けスキンばかりです。初心者にも簡単にできる詳しい解説つき!
エキブロスキン配布中♪

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
★NEWS...kinda★
★PROFILE★
★Rest in Peace★
★More to check out★
★猫アイコン製作★
Memo and such...

Click for Orange, California Forecast

無料カウンター





California Time

最新の記事
★★ブログ引っ越しのお知らせ★★
at 2012-05-13 04:18
はだかんぼ
at 2012-01-23 15:49
死の谷の奥でひっそりと動く岩
at 2012-01-07 14:56
八割れ仔ハム
at 2011-12-26 15:40
アリクイ・ベイビー...?
at 2011-10-26 16:58
モルショー初体験!
at 2011-10-14 16:47
お持ち帰り専用、ミニ・猫カレ..
at 2011-10-08 15:05
カテゴリ
全体
動物


海獣
大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
Nature
お持ち帰り用カレンダー
ART
アメリカ人って...
ライフスタイル
日常
異国文化
グルメ的 in California
小旅行
ちょっとびっくりな話
ねこマンガ
猫動画
Hamster
モルモット
Viva! めりけんらいふ
アタシ様倶楽部
Grave Hunting
家族がらみ
音楽がらみ
San Diego
仕事
Breaking News
その他
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
★猫LINKS★
★写真&MISC. LINKS★
★SKIN編集LINKS★
★Font Links★
★会員登録しています★

おサカナさん♪