★★ブログ引っ越しいたしました★★ 移転先→ A little something to say from California

<   2009年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
オ・サ・ト・ガ・シ・レ・ル
今週のアメリカは、木曜日が感謝祭(サンクスギビング)だったので祭日。
私もそうだけど、翌日の金曜日もお休みにして、週末と併せて4連休にしている人も多い。

ハロウィンは日本でもお祭り的なイベントとして定着してきているとは思うけど、
感謝祭というのは、はまだまだそれほど知られてないかなあ。

f0027944_6173030.jpg


感謝祭(ウィキペディアより)アメリカでは11月の第4木曜日。
イギリスからマサチューセッツ州のプリマス植民地に移住したピルグリムファーザーズ(アメリカに渡ったイギリスの清教徒=ピューリタン)の最初の収穫を記念する行事であると一般的に信じられている。
ピルグリムがプリマスに到着した1620年の冬は大変厳しく、大勢の死者を出したが、近隣に居住していたインディアンのワンパノアグ族の助力により生き延びることができた。翌1621年の秋は、とりわけ収穫が多かったため、ピルグリムファーザーズはワンパノアグ族を招待し、神の恵みに感謝して共にご馳走をいただいたことが始まりであるとされる。


↑ということらしいけど、アメリカ人にもこの、感謝祭の由来を詳しく理解していない人も結構いるって感じ。
だって、「日本もサンクスギビングってやっぱり七面鳥食べるの?」とか聞かれたことあるし...
アメリカの祭日なんだってば、サンクスギビングっていうのは。^^;
(正確にはカナダも含むが、カナダの感謝祭は10月の第2月曜日)

まあ、今では宗教的意味合いは薄いとは思うけどね。
こちらのクリスマスと同じく、可能な限りこの日は家族で集まって、
感謝祭の夕食を一緒に楽しむ...というイベント的意味合いが強いと思う。

f0027944_618028.jpg


感謝祭独特のメニューは、クランベリーソースを添えた七面鳥の丸焼き、もしくは大きなハムの塊、副菜としてサヤインゲンのキャセロール、マッシュポテト+グレービーソース、ヤム芋(サツマイモに似ているが、皮をむくと鮮やかなオレンジ色)を煮たもの、パンプキンパイ...などが出されるのもこれまた、定番ってとこ。

世界中からの美味しい料理が食べられる昨今では、このサンクスギビングの料理がものすごくグルメで美味しいというわけではないかもしれないけど、ま、日本のおせち料理みたいなもので、イベント食なわけね。^^

サンクスギビングとは直接関係のない話だけど...
本日は仕事が休みなので、ヒマにまかせて書いた文章がやたらと長いのですが、
おヒマな方、よかったら続きもどうぞ。^^ ↓↓↓

⇒続きはこちらで~♪
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-11-28 07:13 | 異国文化
笑うと体の免疫力が上がるんだって?Vol.3
なんとなくシリーズ化してしまった、第3弾です。^^

私自身がYouTube内を駆け回って集めたわけではなく、まあ、あちこちの面白サイトで紹介されてたものですが、ついつい笑っちゃうものばかりなので、おヒマな方はどうぞ見てみてね~♪ 



★オヤジの子守唄★
メタボなオトーサンが子守唄を歌うと...なんでぇ?なんでぇ~~?不思議~~!

見られない!という人はこちらでどーぞ⇒http://www.youtube.com/watch?v=w9nVU-tLfjs




★ワンツー、ワンツー★
これ、音声と一緒じゃないと面白くないのです。^^
というわけで、スピーカーをONにして見てみてね!

見られない!という人はこちらでどーぞ⇒http://www.youtube.com/watch?v=gcROJpTgHBc






★モルちゃん、こっちおいで~★
モルモットってここまで馴れるものなのね~。
いつか9ちゃんでもこんな動画が撮影できるといいな♪ ^^

見られない!という人はこちらでどーぞ⇒http://www.youtube.com/watch?v=Sg8fX-6ak4s






★真似っこ上手★
これ、笑えるというか、ちょっと怖いかも...^^;
赤ちゃんの泣き声をものすごくリアルに真似してるんだけど、スゲー!スゴすぎる!!

見られない!という人はこちらでどーぞ⇒http://www.youtube.com/watch?v=Lt8CofRhF5s






★届いてない...★
わははは...って、呑気に笑ってる場合じゃないかも...^^;
だってうちにもおデブちゃんがいるもので...(笑)

見られない!という人はこちらでどーぞ⇒http://www.youtube.com/watch?v=fu2SMw6nKu0







★ラテンな乗りのワンコ★
二本足で歩くっていうだけでもスゴイな~と思っちゃうのに、ここまでリズム感があるとは...^^;

見られない!という人はこちらでどーぞ⇒http://www.youtube.com/watch?v=lMeNaEBf8Rw







★みんな、ゴハンの時間だよ~★
これ、日本の動物園かどこかみたいね。
触れ合いコーナーとか、そういうところでしょうか?
どこの動物園だかわかる人いる?^^

見られない!という人はこちらでどーぞ⇒http://www.youtube.com/watch?v=o31rT0QilvI





★ちょっとした才能★
これ、スゴイよな~。
教え込んだのか?それとも自らやるようになったのか?
どっちにしても、ちょっとした才能だと思うわけなのです。^^

見られない!という人はこちらでどーぞ⇒http://www.youtube.com/watch?v=1mIyMRPV8kg





★猫が本当に考えていること★
英語を話さない人にはよくわかんないと思うのですが、あまりにもオカシイので載せちゃいます。
何いってるか聞き取れない...という方、ゴメンナサイ~。^^;
要するに、「ママの可愛い猫ちゃんは誰でしゅか~?」としつこく聞いたりしてる飼い主に対して
猫自身は「あ~、鬱陶しいな~も~、いい加減にしてくれよまったくも~」とボヤいてるわけなんだけど
リップシンク(口パク)がブリトニー・スピアーズよりも上手いってことで...^^;

見られない!という人はこちらでどーぞ⇒http://www.youtube.com/watch?v=pxNg7ZP6E5E







...というわけで、楽しんでいただけましたでしょうか? ^^
笑うと免疫力が上がるというのは、どうやら本当らしいので、笑うというのはとっても体にいいらしいです♪


過去の「笑うと体の免疫力があがるんだって」は、こちらからどうぞ。
残念ながらリンク切れしちゃってる動画もありますが、アシカラズ...
⇒笑うと体の免疫力が上がるんだって?Vol.1
⇒笑うと体の免疫力が上がるんだって?Vol.2







Thank you for voting!
↑思わずクスっと笑っちゃったらポチっと応援ありがとう♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-11-25 16:00 | 動物
ハチドリと赤色の密接な関係
夏時間が終わって早くも3週間経つわけなんだけど...
ああ、ホントに日が暮れるのが早いったら、も~。^^;

そろそろ西日を感じるなあ、もう夕方かあ...と思うと、実はまだ午後3時くらいだったりするんだもの。

f0027944_8112574.jpg


日本みたいにはっきりした四季はない土地だけど、
とりあえず冬の足音が聞こえるくらいに寒くはなってるね。

ところで、夏前からしばらくの間、我が家のバルコニーを自分の餌場と主張していた
ハチドリのジャイアン君の姿は、今は見かけなくなってしまった。

毎日見かけるためにかなり親しみを感じていたのだけれど...
ジャイアン君は、幸せに天寿をまっとうした、ということにしておこう。^^

数ヶ月に渡ってお山の大将ぶりを楽しませてくれたジャイアンの、代わりに登場したのが、このコ。
f0027944_10124390.jpg



種類は同じようだけど、このコは、ジャイアンではない。
(ジャイアンは飛ぶときに鈴が鳴るような音を立てるコだったので、他のハチドリと区別しやすかった)

f0027944_9373190.jpg


ま、世代交代ってことなのかな。

今、我が家のバルコニーを自分のモンだと主張して、
他のハチドリたちをギャーギャーと追い払っているのは、このコなのである。^^;
f0027944_9303170.jpg


ジャイアンと比べると、やや私たち人間を警戒してるかな~という感じ。^^

それでも、私や猫がバルコニーにいるときは絶対にやってこないスズメたちと比べたら、
ハチドリというのは度胸があるヤツで、警戒しながらも平気でフィーダーにやってはくるけどね。

f0027944_10339100.jpg


ピーチちゃん、ピーチちゃん、後ろ!後ろ!(笑)

f0027944_10153888.jpg
f0027944_1016235.jpg


ピーチもみいちゃんも、ハチドリを追いかけようなんて気はサラサラないらしいのは、その歳のせい?
(黒猫ティーニーは、そのあまりのお転婆ぶりゆえに、バルコニーには出さない)

f0027944_10171255.jpg

f0027944_10172974.jpg


ハチドリって赤い色を好むらしくて...市販の液体餌には赤い着色料が使われていることが多いし
フィーダーそのものにも、赤い色が部分的に使われている場合がとても多い。

我が家のバルコニーに置いてある椅子には、こんな赤いクッションが括りつけてあるんだけど...

f0027944_1026740.jpg


先日、このクッションの紐の先っちょを、一羽のハチドリがホバリング(空中停止飛行)しながら
まるで花の蜜を吸おうとでもするかのように、ツンツンしてるのを見てしまった。



 ...おいおい、それ違うって...  ゞ( ̄∇ ̄;)

 

そういえば以前にも、バルコニーの床に置き去りにしてあった、プラスチックの赤いジョウロの先っちょ(穴がボツボツ開いてるのではなく、細くなってるだけの先っちょだった)に、同じようにツンツンしてるハチドリを見ちゃったこともあるんだけど...

やっぱりこの場合、「赤い」っていうのと「細長い形」っていうのが、かなり大きなポイントを占めてるのかなあ?
赤くて細長いモノを見ると、そこに蜜があるような気がしちゃうので、とりあえずその針のようなクチバシを突っ込んでみたくなる...とか。

それにしても、ツンツンしてからおそらく「...あれ?」と思ってるであろうハチドリの気持ちを想像すると、
いくら「赤くて細長いものには蜜がある」とDNAにインプットされてるらしいとはいえ、どうしても笑っちゃうよね。




Thank you for voting!
意外とオマヌケ?なハチドリくんたちにポチっと応援ありがとう♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-11-23 11:12 |
9ちゃんがご機嫌なとき
少し前まで、飼育ケージの中に私が手を入れてつかもうとすると
あわわわわ...という感じで逃げ回ってた9(キュウ)ちゃんだけど...^^;

今では、私の手がぬお~っと入ってくると、そのままジッとしてる。
抵抗しないまま、あっという間に片手で抱き上げられて、そのままケージの外へ♪

f0027944_12425414.jpg


ケージよりはかなり広い柵の中で遊ばせることもあれば、ソファに座ったまま抱っこしたり...^^

パシャッ、パシャッ...という、カメラのシャッターの音にもまったく動じない。
我が家に来たときから、しょっちゅう写真撮られてるしね~。慣れてるんだよね~。(笑)
(デジイチの場合、シャッター音というより、ミラーが跳ね上がるときの音なので、音は結構大きい)

f0027944_1242338.jpg


職場が家から近い私は、昼休みに一旦帰宅するのが習慣になってるんだけど、その昼休みに、
こんな風に9ちゃんを乗せて、ソファの上でまったりするのは、いいストレス解消方法になっている。

かあちゃんの太股は、肉付きがよくってキモチいいかい?9ちゃん?^^;

f0027944_12442089.jpg


そうやって9ちゃんの頭や体を撫で撫で、掻き掻きしてやると、クククククク...と小さな声で鳴いたり
まるで猫が喉を鳴らすように、フルルルルル...というような声?音?を出すこともある。

モルモットがそう鳴くときって、嬉しいとき、ご機嫌なときなんだって♪

f0027944_12501452.jpg


体のあちこちを撫で回しても、特に嫌がる様子もない。
なので、こんな風にいつもは垂れてる耳をひっくり返してみたり...

耳が立つと、いきなりネズミ風になるのね、9ちゃんって。
それにしても、どういうわけか私の爪が汚いわ...^^;

f0027944_12495637.jpg


初公開、モルモットのお尻!(笑)

ハムスターやネズミと違って尻尾のないモルモットは...なんだか人間みたいなお尻をしている。
ちゃんとお尻が二つに割れてるのがオカシイでしょ。^^
毛がなくなったら、人間のお尻のミニチュアみたいのが登場しそうだよな~って思っちゃうの。(笑)

f0027944_1258616.jpg


9ちゃんを我が家に迎えてよかったな~。
こんなに馴れてくれて、嬉しいな~。

9ちゃんも、このうちに来てよかったな~...と思ってくれてるといいな♪

f0027944_1313153.jpg


いつも可愛い9ちゃんだけど、↑のような写真を見ると、オヤジ顔...とか思っちゃう。(笑)

真ん中分け(スケベ分けともいうらしい)のヘアスタイルのせいなのか?
ちょっぴり鼻の下が長くて、ぬぼ~っとして見えるせいなのか?




...なので、ついこういうことして遊んじゃう。 ↓↓↓




f0027944_1324887.jpg



うひゃひゃひゃ!
似合うぞ~~~!^^




Thank you for voting!
オヤジくさくてもやっぱり可愛い9ちゃんにポチっと応援ありがとう♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-11-21 13:11 | モルモット
アーティスト・パレットと呼ばれる場所の前で...
f0027944_057628.jpg

一羽のカラスくんがガイドを勤めていた。^^

人懐っこいこのカラスは、どうやら餌を貰うことを期待しているらしく、私たちの周りをウロウロ。
f0027944_0572081.jpg

私たちよりも2週間前にデスバレーを訪れているブロ友のnyankoaさん
同じ場所でのカラスの写真をブログにアップされてたけれど...

ひょっとして同じコだったりして?^^
f0027944_057343.jpg

目の前1メートルの距離までやってくるこのカラスくん、まったく人間を怖がる様子がない。
ハロー♪というと、カァ~!と大声で返事をしてくれる。

きっとここで、よく観光客にオヤツのおすそわけを貰っているんじゃないかな。
カラスみたいに頭のいい鳥は、どうやって人間に媚びれば食べ物にありつけるか理解しきっている違いない。

国立公園内の野鳥だしね、私たちは食べ物はやらないけどね。

近くで見ると、真っ黒な中にも紫がかった色が見えて、かなり美しい。
昔からいう「、「烏の濡羽色(からすのぬればいろ)」ってこの色なのね。^^
f0027944_0574575.jpg

それにしても、カラスっていうのは、どこにでもいるよなあ...
森の中、街中、砂漠、海際。

デスバレー内には、意外とたくさんの生物が暮らしているらしいけど、実際に遭遇する種は少ない。
他の国立公園では、野鳥や野生動物の写真を撮るのを楽しみにしている私だけど
ここ、デスバレーではそんなことははじめから諦めてるくらい。
それくらい、生き物に出会う確率は少ない場所なのである。

でもこんな場所でもやっぱり、カラスの姿はよく見るのだから...かなり適応性が高い生き物なのだろう。
f0027944_0575696.jpg

童話や童謡にもよく登場するカラスは、日本では、古来、吉兆を示す鳥であったという。
また、世界各地にカラスは本来、太陽の使いや神の使いという神話や伝承があるらしい。

現代ではまるで不吉な鳥の代名詞のように扱われ、忌み嫌われてしまうことも少なくないカラスだけど、
野鳥の一種だと思えば、こんなに身近にいて、観察も楽な、興味深い存在ではないか。

それにしても、こんなに近くで野生のカラスをじっくり撮影したのは、初めてかも...^^
f0027944_058784.jpg

「野生の」と書いたのは、実は動物園のAviary(アヴァイアリー/人間が中を歩いて鳥たちを見てまわれる大型鳥舎)などで、飼育下にあるカラスたちを意外と頻繁に見ることがあるから。

カラスというのはあまりにも身近に見ることが多いので、なぜわざわざカラスを飼育するのか?
とも思うのだけれど、まあ、野鳥だと思えばそれもアリなのかなあ。

こちらもそんな動物園でのカラスくん。

檻の外から、野生のカラスがカァーカァーと、飼育下にある仲間に呼びかけていた。
(手前にいるのが動物園で飼われている個体。私たちはアヴァイアリーの中に入っています)
f0027944_0582176.jpg

「オマエよぅ、こんなとこで暮らしやがって、カラスの誇りはいったいどこにいっちまったんだよぉ!」
f0027944_0583699.jpg

「なんとかして、ここ出られないのかよぉ!」
f0027944_0584931.jpg

「オッサンよぉ、おいらの弟いじめたら、ただじゃおかないからなぁっ!」
(赤い顔は、同じアヴァイアリーの中にいたヒメコンドル)
f0027944_059156.jpg


※動物園のアヴァイアリーには、怪我をしたりして野生の中では上手く捕食できなくなった鳥が飼育されている場合も少なくなく、こういう限られた空間に暮らす鳥が必ずしも不幸かというと、そうではないといえる。



ところで、ちょっと前にYouTubeで興味深いカラスの動画がこちら。

クチバシでは届かない筒の底にあるものを、針金をつかって取ろうとしてるカラス。
それだけでも、へ~っ...と思うのに、なんとこのカラスくん、
真っ直ぐな針金では吊るし上げることができないと悟り、
その針金の先をよいしょっと曲げて、再度吊り上げに挑戦してます。

頭良すぎだよね、こりゃ...





Thank you for voting!
知能指数も高いと思われるカラスくんらにポチっと応援ありがとう♥




★撮影場所★
Artist's Palette, Death Valley
⇒Map

The Living Desert Zoo, California
⇒公式HP
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-11-19 15:39 |
塩の大地
やっと気温が下がったので、久しぶりにデスバレー国立公園に行ってきた。^^
f0027944_1523652.jpg

夏はとにかく死にそうに暑くなる場所なので、この時期からでないと訪問する気にならないの、ここ...

ちなみに年間降水量は、わずか5センチだとか。
それほど乾燥しまくっているガチガチの砂漠で、公園全体の大きさは長野県とほぼ同じ。

それにしても、気温57℃↓って、想像もつかないんですけど...^^;
f0027944_14264883.jpg

デスバレー内には、西半球で一番海抜が低いとされている場所がある。 
(Sea Level=海面=海抜0メートル)
f0027944_14273183.jpg

ここ、バッドウォーター盆地がそうで、海抜マイナス85.5メートルとある。
f0027944_1428649.jpg

以前にもここの場所の写真は紹介したことがあるんだけど...真っ白いのは、雪ではなく、塩。
f0027944_1429513.jpg

そう、ここは、まるでSF小説の中にでも登場するような、塩の大地が実在するのである。
f0027944_14305568.jpg

Googleの衛星地図で見てみると、塩の大地は見事に真っ白。
パーキングと示したところのほんの先っちょが、私が撮った写真の中に見えてる駐車場がある場所ね。
f0027944_14325070.jpg

駐車場からは、階段を下りたところに木製のデッキが設置してあり、
デッキを降りると、そこから先は、塩の大地を自由に歩けるようになっている。

また、デッキのそばには、ごく小さいながらも、なんと湧き水の池がある。
この水は塩辛くて飲むことができないことから、Badwater(悪い水)と呼ばれるようになったとか。

それでも、この池には水生の生き物やバッドウォータースネールというカタツムリが住むというから驚く。

しかもこの日は、なんとフタオビチドリ(Killdeer)とマガモ(Malard)が、池のまわりをうろついていた。
こんな巨大な砂漠のど真ん中の塩辛い小さな小さな池に...いったいどこから来たんだろう?
f0027944_14432949.jpg

塩の大地は...はるか昔、更新世(氷河期)にここにあった塩水湖が、
今から約1万年前に乾燥し始め、今ではこの通りその塩が堆積した...というものである。
f0027944_14524459.jpg

踏み固められているところは、まるで雪が固まったようになっているけど...
ちょっと遠くまで歩いてみると、そこまで来る人は少ないのか、ガチガチにひび割れてたりする。
f0027944_14542353.jpg

水分を失って結晶化した塩は、顔を近づけてみると、大変に美しい。
f0027944_14555699.jpg

自然の作る芸術作品だね~。^^
f0027944_14562725.jpg

塩だからね...お約束~♪ってことで、なるべくキレイなところを探して、舐めてみました。^^;
f0027944_1532756.jpg

結構美味しいんだ、これが...人工的に手を加えてないから、美味しいのは当然か。
我が家では海水から採った塩を普段から愛用してるんだけど、その味に似てるかも。
f0027944_1581949.jpg

デスバレーって、れっきとした(?)国立公園なんだけど、「Death Valley(=死の谷)」などという
そのオドロオドロシイ(?)名前から、アウトドアに興味のないアメリカ人の中には
いったいそこに何があるのか...どころか、国立公園であることさえも知らない人も実は結構いたりする。

あまりの暑さに生物が住めないから「死の谷」というのでは?と信じている人も意外と少なくない。
(白状してしまえば、私自身もかつてはそう思っていた。^^;)
だから、リゾート地的な国立公園を好む人には、あまり人気がないのではないかと思う。

でも、私とJはここ、デスバレーが好き。
ここに来るとまるで、地球上ではないような非日常的な光景に出会うことができるし、
想像を絶する暑さの中にたくましく生きる生物がいることに感動することもできるから。

氷河期の塩水湖から採れた塩をぺロっと舐めるなんて、ここでしかできないしね。(笑)

f0027944_158444.jpg


※死の谷という名前の由来は、ゴールドラッシュ時代と呼ばれるさなかの1849年、カリフォルニアの金鉱へ向かおうとしていた一団が近道をしようとしてここに迷い込み、数週間さまよった末にようやく谷を抜け出すことができた際、その中の一人が「Goodbye, death valley!」といったことから...という説がある。
この一団の中から、数人(一人という説も)が猛暑と水不足のために(谷に入り込むまえから衰弱していたともいう)命を落としたというが、その後ここで当時の他の誰かが尽き果てたという記録はない。





Thank you for voting!
地球の歴史をちょっと感じてくれたら...ポチっと応援ありがとう♥




★撮影場所★
Badwater Basin
Death Valley National Park
California
⇒デスバレー国立公園について(日本語)
⇒Map
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-11-16 16:18 | Nature
日向ぼっこのカワウソダンゴ
動物園に着いた頃は、まだカワウソ舎は日影だった。
なので、可愛い2匹はこんな風に団子状になって、お互いを温めながら(?)お休み中。^^

Oriental Small-clawed Otter(またはAsian Small-clawed Otter)
学名:Aonyx cinereus 和名:コツメカワウソ
絶滅危惧Ⅱ類/Vulnerable(VU)
絶滅の危険が増大している種。現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続いて作用する場合、
近い将来「絶滅危惧I類」のランクに移行することが確実と考えられる


f0027944_0411248.jpg


午後になって、太陽の日が差し込むようになると...

あは♪ 2匹とも日向ぼっこしてる~♪

f0027944_0421930.jpg


お腹にポツンとあるのは...おへそ...だよね?
けっこう出べそちゃんではありませんか。(笑)

f0027944_0441990.jpg


2匹はくるくると体を回転させながら、まるで床の上で転がる猫みたいな可愛い仕草を見せる。^^

やっぱりカワウソだけあって、水掻きがついてるような感じの手足なのね。

f0027944_0524355.jpg


日向ぼっこは気持ちいいね~♪

f0027944_0535429.jpg


そのむっちりした野性的な肉球に触りた~~い!

f0027944_0554464.jpg


この日はハロウィンだったので、可愛い仮装をした子供たちの姿も園内にちらほら... ^^

「見て見て~!カワウソだって!可愛い~~!」

f0027944_0575792.jpg


コツメカワウソって、日本国内でもあちこちの動物園で飼育されているようなので
絶滅危惧種指定されているというのは、私にとっては意外だった。

IUCNは先月、世界中の絶滅危惧種を示すレッドリスト08年版を発表したけれど
それによると、地球上で確認されている哺乳類5487種のうち実に4分の1に
明白な絶滅の危機
が迫っているらしい...
⇒IUCN日本委員会HP

f0027944_0594816.jpg


そして、その中には人間による乱獲や環境破壊が原因であるケースも恐ろしいほど多い。

もちろん、新種の哺乳類が発見されたりすることもあるわけだけど、
これは絶滅に瀕している種の数には到底及ばない。

f0027944_173568.jpg


地球は...

ヒトというモンスターを、この世に作り出してしまったことを後悔しているだろうか。

f0027944_19574.jpg


こんな可愛いカワウソくんたちの笑顔が、地球上から消えてしまうような日が来ないことを祈りたい。

f0027944_1123118.jpg




Thank you for voting!
絶滅なんてするなよ~~!と、可愛いカワウソくんたちにポチっと応援ありがとう♥



★撮影場所★
Santa Barbara Zoo
500 Niños Drive Santa Barbara, CA 93103
規模は決して大きくないものの、美しい街の美しい海のそばにある、美しい動物園。
⇒公式HP
⇒Map
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-11-13 02:20 | 動物
A Lap Piggie
今日の9(キュウ)ちゃんは...

ん? どこにいるのかな~?

f0027944_15581194.jpg


うふふ...

初めて我が家にやってきたときは、引きこもり状態だったというのに...

2ヶ月経った今では...なんと、こーんなことまでできるようになりました。^^

f0027944_15595957.jpg


初めてこうして人間のヒザの上に乗せてみたときは、怖かったのかピーピー鳴いたのにねえ。^^;

今では撫で撫ですると、ジーっとしてたりして可愛いの♪

f0027944_1611887.jpg


ま、ここまで馴らしたのは毎日の私の努力なんだけどね。

そういう意味ではJはオイシイとこ取りかも...^^;

f0027944_1633996.jpg


ずっとこうしたかったJの嬉しさが、9ちゃんにも伝わってるといいな。^^

f0027944_1652992.jpg


親バカ丸出しって顔してるけどね...(爆)

f0027944_1664340.jpg


「お、おとーしゃんに登るでしゅよ...」

f0027944_1672395.jpg


まだ9ちゃん、ヒザの上でまったりしてくれるまではいかないのよね~。(笑)

Jが夢見てる、「お腹の上に乗せて一緒にTVを観る」に、また一歩近づいたような気はするけどね。^^


※今回の写真がモノクロなのは、実は元の写真がかーなーり暗く撮れちゃったからなのです。
アメリカの家って、日本と比べると居間などの照明がかなり暗いんですね。
白熱灯が多くて、蛍光灯を使うのはキッチンくらいかも... それくらい家の中が暗くて、
フラッシュも使いたくなかったので、ものすごく暗い写真になっちゃいました。
でもそんな写真は、こうしてモノクロやセピアで遊ぶと、また一味違う感じになっていいかも...^^




9ちゃんの初「親バカ動画」はこちらで... ^^;





Thank you for voting!
究極の癒し系、9ちゃんを見てつい微笑んじゃったら...ポチっとありがとう♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-11-10 17:04 | モルモット
大きな体の優しい瞳
動物園を歩いているとき、ふと視線を感じて顔をあげると...

ちょっと離れたところから、ゾウさんがこっちを見ていた。^^

f0027944_541152.jpg


ゾウさんの顔は、なんだかニコニコしてるようにも見えたので、ついこちらもニンマリ♪

f0027944_5415046.jpg


笑顔に誘われるようにして、ゾウさんのそばまで行くことにした。
Asian Elephant 
(学名:Elephas maximus 和名:アジアゾウ 絶滅危惧種

f0027944_545687.jpg


スタッフの二人が何やら準備している模様...

どうやら、2頭いるゾウさんに、簡単な芸をさせるらしい。

f0027944_5462288.jpg


青と白のは...これ、プールとかでロープにくっついてる「浮き」だよね??
何に使うのかと思ったら、足を上げて...などとゾウさんたちに伝えるとき、
どの位置まで上げるのか教えるための、手作りのツールであるらしかった。

ハイ、お鼻上げて~。

f0027944_548318.jpg


上手にできると、ご褒美の餌がもらえるらしい。
↓は、大きな口を開けて、ご褒美の野菜を待っているゾウさん。
それにしても、大きなゾウさんは舌も大きいね。

f0027944_5505297.jpg


こんな小さな子供には、ゾウさんはさぞかし大きく見えることだろう。
パパに抱っこされてる女の子、口を開けてポカ~ン...(笑)

f0027944_5532268.jpg


私が初めて動物園でゾウさんを見たのは、いつだったのだろう?
そのとき、どう思ったのだろうか。
やっぱり、あまりの大きさに口をポカ~ンと開けていたのだろうか。^^

f0027944_61284.jpg


ウィキペディアによるとアジアゾウは、

「象牙や象皮を目当てにした乱獲や環境破壊により生息数は大幅に減少した。
現在は象牙の輸出は規制され保護されているが、密猟されることもある」


とのこと。

ああ、ここにも人間が絶滅近くまで追い込んだ犠牲動物がいるわけね。

人間って、どこまでも迷惑な存在であれば気がすむのだろう。
私もまた人間のくせに、そんなことを思わずにはいられない。

主に東南アジア一帯で、神もしくは神の乗り物として信仰を集めている(ウィキペディアより)」というのに
人間による乱獲や環境破壊などのせいで、今では絶滅危惧種だなんて...

ゾウさんの優しい目を見ていると、ゴメンね、人間って大馬鹿野郎で...と、謝りたくなってくるというものだ。

f0027944_674526.jpg




Thank you for voting!
平和で温和な生き物である大きなゾウさんにポチっと応援ありがとう♥




★撮影場所★
Santa Barbara Zoo
500 Niños Drive Santa Barbara, CA 93103
規模は決して大きくないものの、美しい街の美しい海のそばにある、美しい動物園。
⇒公式HP
⇒Map
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-11-08 07:12 | 動物
沈む太陽、昇る太陽
太平洋に沈む夕日を撮りたいと思っていたのに

スルスルと遠ざかっていく太陽に追いつかなくて...間に合わなかった。^^;

でも、夕暮れ時の空が一番美しいのは、実は日没後だから、ま、いっか。

f0027944_0312730.jpg


日が沈むとあっというまに暗くなってしまう。

はるか遠くにある太陽なのに、不思議といえば不思議。

f0027944_0323474.jpg





さて...同じ場所で今度は朝日を撮ってみる。^^

この日はこの街で一泊することになっていて、桟橋や海岸は、泊まった宿から歩いて行ける距離。

まだ薄暗いのに、桟橋の上から釣り糸を垂れている人が何人かいた。

桟橋の上から、昨夜夕日を眺めたのと逆方向へカメラを向ける。

f0027944_03522100.jpg


朝焼けって、夕焼けとはまた違った趣があって、これもなかなかいいね。^^

ペリカンたちが、上空から海に、まるで一直線に落ちていくようにダイブして魚を捕っている。

もっと小さな水鳥たちは、波打ち際をチョロチョロ。

f0027944_0365588.jpg


海に沈む夕日を撮ったのはほんの少し前のように感じるのに...

その太陽が、日本を含む地球上の他の場所を順番に照らしてきて、こうしてまた昇ってくるんだなあ...

...って、回ってるのは私たち、地球だってば。(笑)

黄金色に染まっている海の上で、何かが動いていると思ったら、アシカだった。↓

f0027944_042132.jpg


朝のリレー  谷川俊太郎

カムチャッカの若者が
きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が
微笑みながら寝がえりをうつとき
ローマの少年は
柱頭(ちゅうとう)を染める朝陽にウインクする
この地球では
いつもどこかで朝がはじまっている

ぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る

眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで目覚時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ


f0027944_0464959.jpg


さて、まぶしくなりすぎないうちに、一旦宿に戻ろうかな。

私たちも、朝のリレーのバトンをしっかり受け取って、次の誰かに手渡したはずだから。^^







f0027944_0535576.jpg

「これが私の優しさです」 谷川俊太郎
⇒Amazon.co.jpにて購入可
※「朝のリレー」が収録されています。




Thank you for voting!
地球を守る朝のリレーに思わず参加したくなったら...ポチっと応援ありがとう♥





★撮影場所★
Ventura Pier
1872年に建てられたPier(ピア=桟橋)。
その後修復されてはいるものの、木製部分が多いので、レトロな雰囲気は残されたままである。
1958フィート(=596メートル)の長さを誇る、長~い桟橋。
(木製+コンクリートサポートの桟橋としては、全米で一番長いらしい)
⇒Map
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2009-11-05 01:26 | Nature

| ページトップ |

Copyright © 2005-2010 A little something to say from California. all rights reserved.
Any use of these images on this site without permission is STRICTLY PROHIBITED.
当ブログ記事内の写真及びにイラスト(配布しているアイコンは除く)の無断複写・転載は固く禁じます。



Happy Shooting!
by mari_CA
By: TwitterButtons.com

★ごあいさつ★

 

どれか一つ↑
ポチっと応援
ありがとうございます♪


「白背景+トップ画像」だけの、シンプルなオトナ向けスキンばかりです。初心者にも簡単にできる詳しい解説つき!
エキブロスキン配布中♪

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
★NEWS...kinda★
★PROFILE★
★Rest in Peace★
★More to check out★
★猫アイコン製作★
Memo and such...

Click for Orange, California Forecast

無料カウンター





California Time

最新の記事
★★ブログ引っ越しのお知らせ★★
at 2012-05-13 04:18
はだかんぼ
at 2012-01-23 15:49
死の谷の奥でひっそりと動く岩
at 2012-01-07 14:56
八割れ仔ハム
at 2011-12-26 15:40
アリクイ・ベイビー...?
at 2011-10-26 16:58
モルショー初体験!
at 2011-10-14 16:47
お持ち帰り専用、ミニ・猫カレ..
at 2011-10-08 15:05
カテゴリ
全体
動物


海獣
大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
Nature
お持ち帰り用カレンダー
ART
アメリカ人って...
ライフスタイル
日常
異国文化
グルメ的 in California
小旅行
ちょっとびっくりな話
ねこマンガ
猫動画
Hamster
モルモット
Viva! めりけんらいふ
アタシ様倶楽部
Grave Hunting
家族がらみ
音楽がらみ
San Diego
仕事
Breaking News
その他
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
more...
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
★猫LINKS★
★写真&MISC. LINKS★
★SKIN編集LINKS★
★Font Links★
★会員登録しています★

おサカナさん♪