★★ブログ引っ越しいたしました★★ 移転先→ A little something to say from California

<   2010年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
ハチドリの森
f0027944_10142123.jpg

f0027944_10114230.jpg



先日、バルコニーで久しぶりにハチドリ撮影に挑戦したせいか
もっとハチドリの姿を見たくなってしまった。

小春日和と呼べそうなこの日、しばらく訪れてなかった地元の植物園へ。

f0027944_10522513.jpg


この植物園の片隅には、「ハチドリの森」とでも名づけたくなる小さなエリアがある。

おそらく意図的にハチドリの好む植物を植えているのだと思うのだけど...
とにかく目の前わずか1メートルを、ブンッ!!と羽音を立ててハチドリが飛び回る。
ヂヂヂヂヂ...という独特の声があちらからもこちらからも聞こえてくる。

バルコニーのフィーダーに来るハチドリも可愛いけれど...
やっぱり、ハチドリと人工物とが一緒でない光景のほうが被写体としては好きかな~。(笑)

f0027944_10204495.jpg


ところで、ここでハチドリの撮影をしようと思うと、ちょっと困ったことになる。

次から次へと美しいハチドリたちが飛び交い、ブンブンと羽音を立てているので
最初は夢中になって「飛ぶ宝石」とも呼ばれる彼らの姿を追う。

時のたつのを忘れて撮影し、ああ、これだけ撮れば2~3枚はまともなのがあるかな、と考える。

お腹も減ってきたし、そろそろ帰ろうかな...と思うと、またもやハチドリがやってくる。
あ、せっかくだからあと数枚。パシャッ、パシャッ。

...でも、もう少し待ってみたら、もっといいチャンスが訪れるかもしれない。

そう、いったいいつここを去ればいいのか、決められなくなってしまうのである。

f0027944_1026660.jpg


なのでこの場所にずーっと立ち止まる、怪しいオバサンになってしまうってわけ。^^;

f0027944_1153120.jpg
f0027944_11484350.jpg
f0027944_1149816.jpg


長い間、重たいカメラを持ったまま立っていると、結構疲れるのよね。
この植物園、ベンチがたくさんあるんだけど、なぜかこの『ハチドリの森』の前にはナシ。

折りたたみ椅子でも持参したくなってくるけど、そんなことしたらますます怪しい~~。

f0027944_1157361.jpg


結局この日も、ハチドリの姿を追い回しているうちに3時間もここに居ちゃった。

さすがにお腹ペコペコ。^^;

さて、名残惜しいけど、今日はそろそろ帰るとしますか...

f0027944_11593369.jpg


ところで先日、よく覗くサイトでこんな動画が紹介されていた。

ハチドリのヒナを助けて、人工保育で育てたらしい男の子。

本格的(?)な自然愛好家の中には、たとえ鳥のヒナが巣から落ちているのを見ても助けるな
...という人も少なくないらしいけど、こんな可愛いハチドリくんの姿を見てしまったらやっぱり
おチビちゃん、優しい人間に助けてもらってよかったね♪ と思ってしまう。
(ちなみにハチドリは、孵化後およそ3週間で巣立ちを迎えるまで成長する)

http://www.youtube.com/watch?v=LvrcdQWzH-8

参考までに、途中で
Flying Lessons」と出てくるのは「飛ぶ練習」
First day outside」は「初めて外に出た日」
After a long first day outside...he was happy to come back inside...」は
「初めて外に出た長い一日のあと、嬉々として家の中に戻ってきてしまった...」
です。^^

それにしてもなんて微笑ましい動画...
仲よさそうな一人と一羽を見ているとついつい口元が緩んできちゃうのは、私だけじゃないよね。^^





Thank you for voting!
空飛ぶ宝石と呼ばれるハチドリたちに.ポチっと応援ありがとう♥





★撮影場所★
Fullerton Arboretum
1900 Associated Road Fullerton, CA 92831
Cal State Fullertonの屋外植物園。
人工的ではあるものの、自然の姿をできるだけありのままに再現しようという試みがありありと感じられる。
全体が風土&気候ごとに仕切られていて、野鳥も多く、リスやウサギの姿もあり、なんとも癒される場所。
ガーデンをサポートしてください、ということで寄付金箱はあるものの、とりあえず入園無料。
⇒HP
⇒Map










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-10-30 16:27 |
ゴリラのフランキー坊や、2歳♪
サンディエゴ動物園のゴリラ舎のアイドル、フランキー坊や。

9月に、無事に2歳を迎えた。^^


Western Lowland Gorilla(学名:Gorilla gorilla gorilla 和名:ニシローランドゴリラ
絶滅危惧種
f0027944_144295.jpg


類人猿って、ヒトに近い生き物だからなのか、成長がとてもゆっくりな気がする。

たとえば犬や猫だったら、もうとっくに繁殖能力を持つようになる年齢。

でも、フランキー君、まだまだ遊び盛りの子供盛りって感じなんだもの。^^
f0027944_14114817.jpg


身の回りにあるどんなものさえも、彼にかかれば立派なオモチャ。(笑)
f0027944_14125076.jpg


転がるようにして遊びまくる姿は、とにかく愛らしい。^^
f0027944_14144360.jpg


顔つきからは、もうだいぶ赤ちゃんぽさが無くなった感じ。
大人のゴリラと似たような雰囲気になってきたような気がするけど、やっぱり小さい。

メスゴリラたちと比べると、フランキー君の小ささがよくわかるね。
f0027944_14153285.jpg


フランキー君、今はまだ子供だからこうして何も心配しないで遊びほうけているけれど
やっぱり然るべき時が来ればどこか他の動物園に行ってしまうのだろうと思う。

だって、男の子だからさ。
ここのファミリーにはお父ちゃん(=群れのボス)がいるでしょ。
メスだったらこのままここに居座るのかもしれないけど、オスは違う。
f0027944_14202852.jpg


そういえばロサンゼルスから北へ2時間。
サンタバーバラの動物園には若いオスのゴリラが2頭いた。

オス2頭が一緒に飼育されてるのっていったい...?
と思ったら、説明書きがあった。

「同じトゥループに居残ることが多いメスと違い、野生のゴリラのオスは、生後5~6年で生まれ育ったトゥループを離れ、若いオスだけのトゥループを作る。
やがて、この、独身オスだけのトゥループを離れ、自分がリーダーとなる新しいトゥループを作るオスもいれば、独りだけでの生活をし出すオス、そして独身グループに居残るオスもいる」


f0027944_14252054.jpg


動物園で飼育下にあるゴリラたちは、勝手に群れを離れて...ということはできない。

なので、オスのゴリラが生後5~6歳になると別の動物園に送られるのが通常らしい。
そして、その後どこの動物園のトゥループに入るのか...などが
種の保存プログラムに基づいて、動物園同士の話し合いで決められる。

もちろん、飼育下にあるすべての若いオスが可愛いお嫁さんをもらって
彼らがリーダーとなるトゥループをどこかでスタートできればそれに越したことはないのだろうけど
受け入れる側の動物園が準備万端である必要もあるだろうし、理想と現実は違うのだろう。
f0027944_1441728.jpg


フランキー君の姿をここで見られるのも、あと3~4年ってことかあ。
そのときがきたらちょっと寂しくなっちゃうだろうなあ。
だって赤ちゃんの頃から見守ってきたからね。^^
親戚の叔母ちゃんの気分なのよ。(笑)






フランキー君のお父ちゃん、ポール・ドンは...今日もお気に入りのスポットでお昼寝。
f0027944_14442272.jpg


ポール・ドンは、この辺りで昼寝をするのがお気に入りらしく、いつも同じ場所で見かける。
滝の水音を聞きながら、暖かい日差しを浴びながらのお昼寝はなんとも気持ちよさそう。
サンディエゴ動物園のゴリラ舎は、緑も水もたくさんあって、なかなかステキなところなのだ。

「あら、あの後姿、週末のうちのハズバンドにそっくりだわ」

ゴリラを見ていたアメリカ人女性の一人が、そういって周囲に笑いを誘っていた。
f0027944_1447851.jpg


ポール・ドンさん、ゴロゴロできるのはそれなりに幸せな毎日だから、ですよね。^^
f0027944_14485467.jpg


それは、動物園という場所が、生き物にとって必ずしも理想郷というわけではない...
ということを理解している私の、そうであって欲しいという願いでもある。




Thank you for voting!
すくすくと順調に成長しているフランキー坊やにポチっと応援ありがとう♥







★撮影場所★
San Diego Zoo
2920 Zoo Drive, San Diego, CA
入園料:大人$37 子供(3歳から11歳)$27 3歳未満無料
Map










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-10-28 16:29 | 動物
そんなに必要なものなの?
お昼寝、お昼寝♪

f0027944_1355198.jpg


オイラには、いわゆる悩みなんてないわけよ。
だからさ、いつでもどこでもグッスリ安眠。

そんな顔してぐっすり眠っているのは、Sun bear
(学名:Helarctos malayanus 和名:マレーグマ
絶滅危惧種(Vulnerable=危急種)
f0027944_1472996.jpg


そんなところで熟睡しちゃって...
落ちないでよね、キミ。^^;

f0027944_1412155.jpg


マレーグマが絶滅危惧種とは知らなかったのだが
過去30年でその頭数は3割にまで減少しているらしい。

急激な減少の理由は、害獣として駆除されることが多かったため、生息地の減少、
毛皮を取るため...と、そしてなんと漢方薬にするために乱獲されたせいだという。

f0027944_14233732.jpg


なんでもマレーグマの胆嚢および脚は、漢方薬としてかなり高価で取引されるとか。
驚くことに、なんと生きたまま胆のうに管を通され、そのまま
胆のう内の成分を摂取され続けていたケースもあるというから恐ろしい...

絶滅危惧種指定された今でも、マレーグマの密猟は後を絶たないという。

f0027944_14275657.jpg


漢方薬って歴史も長いし、人気も高いとは思うけど...

マレーグマの命に代えてまで、人類にとって必要なものなのだろうか。

ペニシリンだって、確かに最初はカビだったのかもしれないけど
今では100%化学合成で同じ効果が出る物質が作られるようになったでしょ。

誰か、熊の胆や熊の掌と同じ効き目を出す化学合成物質、発明してよー!!

f0027944_1447112.jpg




Thank you for voting!
まったく人間っていう生き物は困ったもんだ...と思ったらポチっと応援ありがとう♥







★撮影場所★
San Diego Zoo
2920 Zoo Drive, San Diego, CA
入園料:大人$37 子供(3歳から11歳)$27 3歳未満無料
Map










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-10-26 15:19 | 動物
雨の日のハチドリたちは
ここんとこずっと雨降り...
まるで日本の梅雨のように毎日ジトジト。

はやくカラっとあがって、青空が見えるようになって欲しいよ~。

雨続きだとカメラ散歩もしなくなる。
バルコニーも掃除できないのでグチャグチャになっちゃうんだけど
フィーダーに来るハチドリたちの撮影くらいはできるかな。^^

雨が降ろうがなんだろうが、彼らは毎日必ずフィーダーにやってくるしね♪

f0027944_0444745.jpg


かつては市販されているハチドリ用のネクターを与えていたのだけれど
最近はもっぱら、野鳥に詳しいブロ友さんに教わった通りに作った、ただの砂糖水である。

f0027944_047164.jpg


水4:砂糖1の割合で混ぜ、1分沸騰させて冷蔵庫で保存する...というものなのであるが
ハチドリたちはどうやらこっちのほうが、市販のネクターよりもかなり好きらしい。

f0027944_0484526.jpg


なんというか、食いつきが違う...とでもいえばいいのか。
ネクターを使っていたときと比べて、フィーダーにやってくるハチドリの数が各段に増えたし
餌場の縄張り争いの激しさも増した、という感じが明らかに見てとれるのだ。

f0027944_0504389.jpg


雨降りの朝とはいえ、みんなギャーギャーと大騒ぎ。
ケンカしないように複数のフィーダーを吊るしているというのに、
それらを全部「オイラのもの!!」と主張する個体が多すぎるのである。^^;

f0027944_0534654.jpg


1羽がフィーダーに止まってゴクゴクやっていると
目ざとくそれを見つけた別のハチドリが「ヂヂヂヂヂヂヂ!!」と大声をあげながら
戦闘機並みのスピードで突っ込んできては追い払う。

それの繰り返し...

まあ、そんな中にも好戦的な個体と、それほどではない個体がいるような気はするけれどね。


だから、こんな風に↓ 2羽が一つのフィーダーに止まっている光景というのは
我が家のバルコニーでは非常に珍しい。
フィーダーの裏側にもう1羽いるのが見える? ^^

f0027944_182111.jpg


お互いの存在に気づいてない、ということはないと思うけど
なんとなく妥協してるのかな、これって? (笑)

たまーにこんな風に、複数の(といってもせいぜい3羽一緒どまり)ハチドリが
一緒に食事をしている光景にでくわすと、おおおおおお!と思っちゃうわけ。(笑)


ああ、いい絵柄だったのにブレちゃってクヤシイ、これ~~~!! ↓↓↓
f0027944_1135253.jpg



さて、今日はすべてのフィーダー(5つある)の砂糖水を新しいのに替えてあげようね。
だからキミたち、ケンカしないで仲良く飲みなさい!

f0027944_1154126.jpg






Thank you for voting!
見た目は可愛いのに好戦的なハチドリたちに...ポチっと応援ありがとう♥










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-10-24 01:21 |
Because it is there
暑い夏がようやく終わり...

砂漠の季節がやってきた! ^^

というわけで、シーズン初のジョシュアツリー国立公園(Joshua Tree National Park)訪問♪
f0027944_14464684.jpg


砂漠ということで夏は40℃近くまで気温が上がるので、10月~3月が観光シーズンとなる。
我が家から車で2時間程度で行くことができるこの場所は、秋から春にかけてはいい遊び場。^^

f0027944_14553486.jpg

独特の巨大な岩山のてっぺんに早速見かけたのは...

お、オオツノヒツジ(Bighorn sheep)?!

f0027944_14574264.jpg


...と、一瞬ホントにそう思ったのに...




に、人間じゃん!!!! ^^;

f0027944_14583324.jpg


そう、ジョシュアツリーは、ロッククライミングを趣味とする人たちに人気のスポット。

だから、あっちでもこっちでも、そんな垂直に近い岩壁、いったいどうやって登るのだ???
と、シロウトである私たちが首を傾げてしまうようなロッククライマーたちの姿が見られるのである。

f0027944_152819.jpg


イギリスの登山家であったマロリーは、かつて「なぜあなたはエベレストを目指すのか」と聞かれ
「Because it is there(そこに山があるから)」と答えたというけれど

あたかも住宅の壁を登る蟻のように、ロッククライマーたちが夢中になって岩登りをする理由も
やっぱり、そこに岩山があるから...なのだろうか。

f0027944_156165.jpg
f0027944_1562625.jpg


ヘルメットを被っている人もいるけれど、もし事故が起こって落下しちゃったとしたら...
下もおそらく岩だろうし、こんなヘルメットごときじゃ頭を守ってくれないよねえ??
と、Jと話していたのだけれど、

あ、これって、頭上から落ちてくるかもしれない小さな石ころなんかから頭を守ってるのかも。
f0027944_1564415.jpg


てっぺんまで登ったときの達成感というのは、かなりのものなんだろうな~とは想像がつく。
眺めもよさそうだしね~。きっとキモチいいんだろうなあ。
f0027944_15122531.jpg


だってこんな低い岩に登っただけで、ウハウハしてる人もいるんだから...^^;
この岩、ほんの4メートルくらいなんだから、情けないというかなんというか...(笑)
f0027944_1517491.jpg


どうでもいいけど、みんな、いったいどうやって降りてくるの?
登るのより大変そうじゃない? 
f0027944_1521174.jpg


...って、そんな心配するヤツは、ロッククライミングなんか最初からしないか。(笑)
f0027944_15212666.jpg


そういえば子供のころ、実家の近くに大きな石がゴロゴロ置かれている場所があった。
今になって思うと、おそらく庭石などにする石を業者がそこに置いていたのではないかと思うのだが
私たちにとってはいい遊び場で、「石の公園」などと勝手に名前までつけていた。

小さな子供にとっては、ほんの50~60センチくらいの高さの石の上に立つことだって面白い。
危ないからあそこで遊んじゃダメ!と母親に叱られつつも、よくそこで遊んだものである。

楽しそうに巨大な岩の壁を登っていくロッククライマーたちを見上げていたら
昔、石の公園で石から石へと飛び移って遊んでいたあの日の自分を思い出した。
f0027944_1529264.jpg






Thank you for voting!
やっぱりそこに岩山があるから...なんだろうなと思ったらポチっと応援ありがとう♥







★撮影場所★
Joshua Tree National Park
ロサンゼルスの東、約220kmの場所にある、巨大な砂漠公園。
⇒公式サイト(英語)
⇒Map
⇒ジョシュアツリー国立公園とは(日本語)










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-10-21 16:15 | Nature
コモドのコドモ animal
2ヶ月ほど前、ロサンゼルス動物園(以下LA動物園)でコモドドラゴンの卵が孵り
22匹の赤ちゃんが生まれたと聞いていたので、ぜひ見てみたいと思っていた。

コモドドラゴンの繁殖に成功している動物園は少なく(全米で10園以下)
ここ、LA動物園でも、今回が初めての繁殖成功例だとかで
孵化したときはちょっとしたニュースになったのを覚えている。



というわけで、久しぶりにLA動物園へGo!

(トカゲ系がダメな人、今日はスルーしてね!!)



...ところが...
コモドドラゴン舎には成体しかいなかった。

Komodo Dragon学名:Varanus komodoensis 和名:コモドオオトカゲ
絶滅危惧種
f0027944_0124255.jpg


あれ? コモドのコドモは何処に? ...と思い、そしてふと気がついた。

親が世話をする哺乳類と違って、これは爬虫類なんだから
卵から孵った幼体がここにいるわけないのでは?

まだ小さいから展示してないのかなあ...
私たちと同じようにチビドラゴンを見に来た人も多かったように思う。
だって、いつもはそんなに賑わってないと思うコモドドラゴン舎にかなりの人が集まっていたから。

ま、展示してないなら仕方ないか...
レアな生き物の幼体だから見たかったんだけどね~
などと思いながら他の動物を一通り見て、帰る前に入り口近くの子供向けコーナーと
そのすぐそばにある特別展示(人工保育中の生き物や特別なケアが必要な個体がいるところ)を覗いていこうとしたところ...

あああ、チビドラゴンたち、こんな地味なところにいるじゃんいるじゃん!!
結構見たかった人がいたんじゃないのかな...
成体を展示してあるところに、園内のどこに行けば幼体が見られるか書いておけばいいのに。

f0027944_0251862.jpg


ひゃ~まだ小さいねえ。
孵化直後の体長が、およそ30センチから50センチ(尻尾含)というから
生後2ヶ月の今はそれよりちょっと大きいくらいかな。
ペットショップで見かけるような、普通の人にも飼えるトカゲと同じような印象だね。

f0027944_027632.jpg


ところがこのおチビちゃんたち、大人になるととんでもなくデッカくなるのである。

どのくらい大きくなるかというと...

体長2メートルから3メートル、体重約70kg!
巨大な個体では、体長3メートル13センチ、体重はなんと166kgにもなるという。

クギのような歯を60本持つ、知られている限り地球上で一番巨大な(一番重い)トカゲ。
しかもバリバリの肉食爬虫類なのである。

30年以上も生きるという彼らの姿は、まるで肉食恐竜なのだ。



インドネシアのコモド島、そしてその周辺の数島に住むこの大トカゲ、
動物園で見る個体はあまり動いてないことも多いけど、実際にはこんなに獰猛らしい。^^;
(2:15以降、人によっては衝撃映像かもしれません。観覧は自己責任でどうぞ)
⇒http://www.youtube.com/watch?v=q7CQInAXoqY

なんと自分の体の大きさの10倍もの大きさの獲物をしとめるというからスゴすぎる!





コモドドラゴンは獲物をしとめるときに、ほんの一咬みすればいいらしい。
その場で殺さなくとも、この一咬みによって咬み付かれた動物は数日のうちに死んでしまう。

長い間、この「一咬みで殺せる」というのは

コドモドラゴンの口中には食べ残しを栄養とする7種類以上の腐敗菌が増殖しており、噛み付かれた獲物は敗血症を発症して死亡する

が理由だと考えられてきたのであるが、つい最近になってから新しい研究成果が発表されている。

f0027944_11524436.jpg


メルボルン大学のフライ氏らによる新説は次の通り。

コモドオオトカゲは獲物の血液の凝固を妨げ、失血によるショック状態を引き起こす毒を持っている。毒は、ノコギリ状の歯で噛み付いて引っ張るような動作により、歯の間にある複数の毒管から流し込まれる。これは、毒の注入に特化した結果、牙としての強度や殺傷力が弱い毒蛇などと異なり、歯自体の強度と殺傷能力を保ったまま毒の注入を可能とする構造であると推測される

参考資料:ウィキペディア
フライ氏の研究チームによる発表はこちら⇒毒で獲物を仕留めるコモドオオトカゲ(日本語)




どっちにしても怖いよ、これは...^^;
実際に、野生のコモドドラゴンに襲われ死亡した人間のケースも記録に残っているみたいだし。


幼体のときは結構可愛いのになあ...

f0027944_11395351.jpg


ちなみに「幼体が木の枝の上にいる」のは、コモドドラゴンの成体に食べられないため、だとか。
共食いしちゃう生き物なんだね...

たいていの生き物というのは、子孫を残すことが生きている上での最終目標だと思うんだけど
自分の子供たちまで喰らっちゃうとなると、何がなんだかよくわからんと思うのは私だけ?

f0027944_1142243.jpg


22匹の幼体のうち、11匹がOhio州のColumbus Zooへ行くことになっているらしい。
その他の個体も、絶滅危惧種ということで「SSP=Species Survival Program(種の保存プログラム)」に従って各地の動物園へと送られるという。
LA動物園に残るのは、すでに成体である2匹だけ。

そっか、チビドラゴンたちはみーんな他の動物園に行っちゃうんだね。
今回見られてラッキーだったなあ。

f0027944_12234057.jpg


現在、コモドドラゴンの野生種は2500匹程度存在すると考えられている。

絶滅危惧種となってしまった理由は「開発による生息地の破壊(現在は生息地が世界遺産として登録されている)」「餌の減少(餌となるシカなどを人間が狩りつくしてしまった)」などであるという。

f0027944_12364756.jpg


チビドラゴンたち、各地の動物園で元気に成長して欲しいね!^^
やっぱりあんまり大きくならないうちに運ぶんだろうなあ。
3メートルにもなってから移動させるのはハンパなく大変そうだもんね。(笑)






Thank you for voting!
大人になったら怖いけど...まだまだ可愛いチビドラゴンくんたちにポチっと応援ありがとう♥







★撮影場所★
Los Angeles Zoo
5333 Zoo Drive, Los Angeles, CA 90027
⇒公式HP
⇒Map










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-10-18 13:08 | 動物
両手でゴシゴシ
猫というのはそれはそれは丁寧に自分の体を毛づくろいするイメージがあるけれど...

ハムスターやモルモットも、それなりに毛づくろいする生き物である。^^

それなりに...というのは、猫と比べるとかなり大雑把なのね。(笑)

それでは、ヒマそうな(?)9(キュウ)ちゃんに実際にやってもらいましょうか♪
f0027944_14185648.jpg


片手を使って顔やヒゲをキレイにする猫との一番の違いは、ネズミ系は両手をいっぺんに使って
頭の上から鼻先まで、ぐりんぐりんとこすること...かな。(笑)

写真じゃちょっとわかりにくいよね。
動画撮ればよかった。^^;
f0027944_14342210.jpg


つまり両手をいっぺんに上下に動かして、豪快にグリグリやるわけ。
髪の毛が短い人間が、両手を使って顔と頭をゴシゴシやってるところに似てると思う。

ぶきっちょそうに、こんな風に片手でゴシゴシやったりもするけどね。
f0027944_14344823.jpg


そういえば、ハムスターは片手だけ使うことはなかったような...見たことないだけかな?
f0027944_14355741.jpg


指と指の間をガジガジガジ。
f0027944_1436448.jpg


足を使ってカイカイカイ。
これは犬や猫と同じね。^^
9ちゃんの足の裏はこんな風にツルツルのサンゴ色なのです。

それはともかく、モルの足って体の大きさに対してものすごく短いんだけど...
この短い足がいったいどこまで届くのかは疑問だなあ。(笑)
f0027944_14372336.jpg



「イケメン度が上がったでしゅかね、おかあしゃん?」

...うーん...あがったようなあがってないような...
っていうか、昔の宍戸錠に似てない? あんたのその顔? (:.o゚з゚o:.).:∵ぷっ
f0027944_14473023.jpg


イケメン度もあがった(ということにしておこう)ことだし
オヤツが欲しくなってしまった9ちゃん。

「撮影のギャラでしゅよ」
f0027944_14531839.jpg


あーはいはい、わかったから、そんなに乗り出すな~!
ケージの入り口から落ちるぞっ!
f0027944_14535892.jpg


9ちゃんが一人で盛り上がっている間、10(テン)ちゃんはといえば...




通称ラスタハウス=10ちゃんの寝床の入り口から顔だけ出して、ウトウトしていた。^^
f0027944_14562098.jpg


9ちゃん、10ちゃん、今日も仕事で疲れたかあちゃんを癒してくれてありがとうね♪




ところで、先日YouTubeでこんな動画見つけたんだけどね、いやあ、こりゃスゴイ!
やっぱり中に小さい人が入ってるんじゃないのか、これ。^^;

⇒http://www.youtube.com/watch?v=_W-wCg7dJ9Q

ちなみに飼い主の女性がモルモットの「パンキン」ちゃんに与えてる英語コマンドは次の通り。
・Wave(ウェイブ)もしくはSay Hello(セイハロー)=手を振る
・Do a circle(ドゥアサークル)=おまわり
・Go to the hoop(ゴートゥザフープ)=輪くぐり
・Give me paw(ギブミーポー)=お手

また、飼い主の女性が頻繫に言っている「Good girl」というのは
いわゆる「いいコね~」ってやつね。^^
ペットや、小さな子供に対してもよく使う決まり文句ってとこかな。
もちろん、オスや男の子には「Good boy」になるわけ。


それにしてもスゴイわ、パンキンちゃんとこの飼い主さん。
うちのモルたちにも芸を仕込んでみよっかしら...
9ちゃんは生意気なところがあるから、おっとりした10ちゃんのほうが素直に芸を覚えてくれるかも。
っていうか、どっちにせよ根気がないと教えられなそうだよね~。^^;
面倒くさがりで飽きっぽい母ちゃんには無理かな...(笑)






ポチありがとでしゅ♪
イケメン度があがった...ような気がする9ちゃんにポチっと応援ありがとう♥










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-10-15 13:57 | モルモット
27匹
モルモットの餌を買いに、いつも行く大型ペットショップへ行った。

以前にも書いたのだが、南カリフォルニアを中心に展開する二大大型ペットショップでは
鳥や魚、小動物は売っているものの、犬や猫の販売は一切していない。

これは、まずは里親が必要な犬猫を迎え入れて欲しいから...なのだそう。

店内にはそんな里親募集中の猫が常に数匹いる。
(犬の場合は、週末にシェルターからスタッフと共に出張してきている光景をよく見かける)




この日は、これまでに見かけたことがないほどたくさんの猫たちが里親希望者を待っていた。

f0027944_1323518.jpg


店の中には、里親待ちの猫たちがいる小部屋が常設してあるのだが
この日はたくさんのケージが持ち込まれており、各ケージに猫が数匹ずつ入れられている。

今日はまたずいぶんと多いなあ...と思っていると
シェルターからの出張里親探しイベントらしかった。

f0027944_1326768.jpg


野良猫出身の猫たちではないみたい。
だってみんなとっても人懐こいんだもの。
可愛いのでつい見入ってしまう。

ケージのすきまから指を入れて猫をかまっていると
シェルターのボランティアが買い物客の女性と話をしているのが聞こえてきた。

「...27匹の猫と暮らしていた女性なんだけど、急死しちゃったのよ」


...え? 
27匹?!

f0027944_13294098.jpg


思わず耳を澄ませて会話に聞き入ってしまった。

「かなり高齢の女性が飼い主だったんだけど、突然体調を崩しちゃってね。
入院したんだけど、残念なことに3日後に亡くなっちゃったのよ。
残されたのは、突然飼い主を失った、爪のない27匹の猫たちってわけ」

f0027944_13324367.jpg


猫を引き取ろうという知り合いは一人もいなかったのだろうか。
27匹の猫はシェルターに持ち込まれ、ここでこうして里親となるかもしれない人を待っていた。

27匹ねえ...
それも、みんなディクロウ(爪の除去)手術済みとは...
飼い主の死去というのは突然の不幸ではあるものの
これもまた、多頭飼育崩壊の一例であるのだろうか。

f0027944_13392071.jpg


以前、80代半ばの愛猫家の女性を知っていた。
あれはもう、今から15年も前のこと。
7匹の猫と暮らし、家中に猫グッズを置いている女性だった。

あの頃、日本の某猫雑誌にアメリカの猫がらみエピソードをコラムとして紹介していたので
そんな彼女のことを知人から聞き、猫三昧な彼女の生活を写真付きの記事にしたことがあった。

取材...という形でこの女性を紹介してもらったわけだが
そのときの彼女の話で印象に残った言葉がある。

「私はもうおばあちゃんだし、先が長くないのはわかってるわ。
だから、万が一のとき、どの猫がどの友人や家族のメンバーのところに行くのか
少し前からちゃんと決めてあるのよ」

f0027944_1347121.jpg


そっか...飼い主が老齢になってもまだ、こうして猫を飼おうとするときには
そういった将来のことまでしっかりと決めておくべきなんだなあ...と思った。



いや、そうではない。

今日私が生きているというのは、幸運が重なったおかげなのであって
日本人の平均寿命まではまだまだある私でも、明日突然事故にあって死んでしまう可能性がまったくないとはいえないのではないか。

そうなった場合、ペットたちはどうなるのだろう。
私だけが死んで、Jが生きているとすれば、彼は当然ペットたちの世話をし続ける。

けれど、明日、もしくは来週、もしくは来年。
二人一緒に突然他界してしまう可能性というのは、まったくのゼロではない。
そう考えると、我が家のペットたちも、万が一のときはどこに行くのか決めておくべきなのかも...

f0027944_13522134.jpg


27匹の猫さんたち、キミたちの人間のママも、もう少し考えてくれていればよかったのにねえ...

里親を待つ猫たちはどのコもホントにホントに人懐っこかった。
亡くなってしまった飼い主の女性に、彼らがどれだけ可愛がられていたのかよくわかる。

f0027944_13555219.jpg


実は...写真には写っていないのだけど、ああ、連れて帰りたい...と思った1匹がいた。

そのコは薄いグレーにシマシマ模様の、スリムで小柄なメス猫で
私たちがケージ越しに話しかけると、その場フミフミが止まらなくなってしまうコだった。^^;

抱っこしてみない? とボランティアの女性がいうので
でも諸事情からこれ以上猫は飼えないから...と答えると
それでもいいわよ、このコ、あなたたちが好きみたいだから抱っこしてあげて...という。

ケージの入り口を開けて、女性がその猫を取り出す。
促されるままに、小さな細い体を、そっと抱いた。

すると...あららららら、ますますフミフミがエスカレート。(笑)
私の腕の肉のフミ心地がよかったのか、一心不乱にひたすらフミフミフミフミ。^^;
しかも、それがもう、どうにも止まらない状態になってしまって...(笑)

f0027944_1435223.jpg


ああ、人恋しいんだね...キミ。
亡くなった飼い主のおばあちゃんのことも、いつもこうやってフミフミしていたんだろうね。
きっと、温かくくつろげるステキなおうちで暮らしていたんだろうに。
大好きだった人間のママが死んじゃったなんて、猫たちにはわからないもんね...

私がそんな風に切なくなっている間にも、彼女のフミフミは止まることがなかった。^^;

f0027944_1461043.jpg


あまりにもいじらしいそのコを、連れて帰りたい...と私もJも一瞬思ったのだけれど
我が家は賃貸で、大家さんとの契約上、猫の数はこれ以上増やせないのが現実なのだ。

そうでなかったとしても、なんといってもうちには「超神経質」で「超気難しい」ピーチ様がいる。
私とJが一緒に暮らすことにしたせいで、ティーニーと同居することになったピーチは
同居開始から2年半以上経つ今でも、ティーニーの存在が面白くないのである。

賃貸でなかったとしても、新しい猫を迎えたりした日には
そんなピーチが激怒するのは目に見えている。

里親を待つ猫たちには同情するものの、現在飼っている猫の気持ちを第一に考えたい。
ピーチも13歳だし、飼い主として、これから先ストレスの溜まる老後を送らせたくはないのである。

だから、ピーチの性格を考慮して、次の猫を迎えるのは彼女が天寿をまっとうしてから...
と、決めているのである。

f0027944_14165521.jpg


Good Luck - 幸運を祈るよ。
27匹の猫たちにはそういうことしかできない。

みんないいコだから、きっと里親が見つかるよ。
そしてまた、天国に行ってしまった人間のママがしてくれたように、たくさん可愛がってもらえるよ。
ね、そうだよね。






Thank you for voting!
27匹すべてに温かい里親が見つかりますようにと祈って...ポチっと応援ありがとう♥






今日の写真はすべてコンデジで...でした。
27匹の里親を見つけるべく頑張っているシェルター:Cat Connection Rescue Network
サイトはこちら⇒http://catconnectionnetwork.org/














.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-10-12 15:16 |
猫と海獣とシーフード
週末にサンディエゴに遊びに行ったときのこと。

よく行くシーフードレストラン(というよりチープなカフェ)で昼ゴハン♪ ヽ(*´∀`*)ノ

日本と違って「とても美味しい魚が良心的な値段で食べられる店」が少ないので
こういう穴場的なところを見つけると、しつこく何度も何度も通うのである。(笑)
f0027944_13565616.jpg


お腹いっぱいになったあとは、腹ごなしに近くをウロウロ...

f0027944_13421743.jpg


こういうところにつないであるヨット?セールボート?って、個人の持ち物だよねえ?
そんなお高いモノには縁がないのでよくわかんないけど。

まあ、車なんかよりもずっと高いんだろうな~というのは私にも想像がつく。
それに、維持費なんかも加えたら、かなりお高い趣味になるんだろうと思うわ。

世の中にはそれなりのお金持ちが結構いるのね~...なんて、貧乏人的意見を持ったりして。^^;

f0027944_144295.jpg


以前の会社の上司がセールボートの所有者だったっけ。
外国で開催されるセールボートの競技にも参化するほどの人だった。

そんなに高い給料貰ってんの?と思っていたら、実はかなりのお坊っちゃんらしいことが判明。
やっぱりこういう趣味はお金がないとダメなんだろうな~。

ま、私には無縁の世界だけどね。(笑)

f0027944_14101841.jpg


ヨットハーバーにはこんなサビサビの船もあった。
周囲に停めてあるのは、磨かれてピカピカの船ばかりだというのに。

これはいったい何?? 船に詳しい人がいたら教えてくださいませ。

f0027944_1411141.jpg


レストランのすぐ前がこのようなヨットハーバーになっているわけ。

そういえば以前、レストランの店員が魚の切れ端をポーンと海に投げているのを見たことがあった。
何してるの?と思ったら、なんと野生のアシカがそれを見事にキャッチ。^^;

一応野生動物なので、給餌に対しては賛否両論あるだろうけど
釣った魚の残りを海鳥や海獣に与えるなんてことは、大昔から行われていたことなんだろうなあ。

この日はそんな光景を見ることはなかったけれど、おそらくいつも残り物を貰っているらしい一頭が
レストランのすぐ前の海の中をウロウロしてる。(笑)

「ママ! 見て見て! あそこ!」

可愛い男の子が指差す先にいるアシカくんが見える? ^^

f0027944_14185626.jpg


海辺で見かけたのは海獣だけではないよ♪





のんびりまったりしている猫さんも発見~。^^

f0027944_14245757.jpg


野良猫? いや、毛並みもキレイだからお散歩中の飼い猫さんかな。

f0027944_1425507.jpg


外出先で猫を見かけると、どうしてもカメラを向けちゃうんだよね~。

f0027944_1427146.jpg


「変なかあちゃん。猫なんて自分のうちにたくさんいるのに」

ティーニーはきっとそう思ってるに違いない... ^^;

f0027944_14284751.jpg







Thank you for voting!
好きなモノを見るとカメラを向けちゃうのは普通!と思ったらポチっと応援ありがとう♥








★記事に登場したSan Diegoの美味しくてチープなシーフードレストラン★
Point Loma Seafood
2805 Emerson St.
San Diego, CA 92106
http://www.pointlomaseafoods.com/
海の近くにシーフードレストランは数多くあるけれど...
料金ばかり高くて味は普通かそれ以下のところばかり。
ここはファストフード的な小さな店だけど、味は抜群♪











.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-10-09 15:31 | 日常
モチばぁちゃん
モチちゃんって、いつうちに来たんだっけ?

f0027944_14575484.jpg


そういうことに無頓着というか、猫たちの誕生日さえもよく覚えてない私たち...^^;
えっと...たしか2009年の6月だったような気がする。

生後3ヶ月くらいっていわれたような記憶があるから、誕生日は2009年の春ごろだと思うの。

日本のペットショップで小動物を買う場合って、きちんと誕生日も教えてくれるの?
我が家の場合、里親募集として店頭にいた10(テン)ちゃんは仕方ないとして
先代ハムのシューマイちゃんも、今うちにいるモチちゃんも、9(キュウ)ちゃんも
誕生日はいつ?って聞いたんだけど、ペットショップの店員さんは知らないようだった。
生後〇ヶ月くらいです...とはいわれたんだけどね。

f0027944_157356.jpg


とにかく...モチちゃんはもうすでに、生後1年半くらいになっているハズ。

人間なら、生後1年半なんてまだまだ赤ちゃんまっさかりだけど...
ハムスターの1歳半は、人間にするとなんとすでに60代くらいなのだそう。

あらあら、モチちゃん、いつのまにかモチばぁちゃんになってたのね~。^^;

f0027944_15215676.jpg


モチちゃん、ホントにホントに可愛いんだ♪

「モ~チちゃん」と呼ぶと...

まずは眠そうな顔が寝床からちょこんと出てきて
それから、何?何? 何かくれるの~?と飛び出してくる。
そして、その小さい体で、精一杯自分の存在をアピールするんだもの。

まあ、何か食べ物をもらえるから...という期待のせいともいえるけど
でもさ、ちっちゃなモチちゃんにとっては、私なんてゴジラだよ、キングコングだよ。

そんな自分の数百倍も大きな生き物に、己の存在をアピールしてるのって、すっごく可愛いの。

f0027944_1526576.jpg


小さなレモンくらいの大きさしかないモチちゃんの
おそらく綿棒の先っちょの綿くらいしかないだろう小さな脳ミソで
かあちゃんの声を認識してるんだな~と思うと、もう可愛くて可愛くてたまらない。

だから、そんな小さくて可愛いモチちゃんが、この世に生まれてきてからまだ1年半なのに
人間でいえばもう60代のバアちゃんだなんて、考えるとなんだか切なくなってくる。

f0027944_15302335.jpg


でもね、そんな風に考えたらペットなんて飼えないもんね。^^
いつかやってくるお別れのことを考えて切なくなっているよりも
今、一緒に楽しい暮らしをしているということを喜ばなければ♪

モチちゃん、これからもまだまだ、ちっちゃな幸せと癒しをよろしく頼みます♪





これはハムスターのトイレということで売られていたのだけれど...↓↓
f0027944_15423126.jpg



モチちゃんはこれ、砂浴び用に使ってるの。
そーいや先代のシューマイちゃんも同じように使ってたような気が...(笑)

どうやって砂浴びするかというと、トイレ砂(猫用ではなく小動物用)の上で
クルクル回りながら背中を砂にこすり付けるようにするのである。

これが可愛いんだ、また。^^
(↑親バカ全開)
f0027944_15453490.jpg




そんなモチちゃん、またもやものすごい量の餌を貯蔵していたので、動画撮影してみました。



いやはや、そんなに溜めてどーすんの、モチちゃん?! ^^;






※溜め込むことができるほどの量の餌を与えなければいいのに...という意見もあるかと思いますが、我が家では、餌を溜め込むことができる環境というのも、ハムスターの習性を考えた環境エンリッチメントとして考えているので、毎日食べきれるだけの少量の餌を与えるという飼育法はしていません。






Thank you for voting!
↑まだまだ若いぜ、モチちゃん...♪ということで、ポチっと応援ありがとう♥











.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2010-10-07 16:59 | Hamster

| ページトップ |

Copyright © 2005-2010 A little something to say from California. all rights reserved.
Any use of these images on this site without permission is STRICTLY PROHIBITED.
当ブログ記事内の写真及びにイラスト(配布しているアイコンは除く)の無断複写・転載は固く禁じます。



Happy Shooting!
by mari_CA
By: TwitterButtons.com

★ごあいさつ★

 

どれか一つ↑
ポチっと応援
ありがとうございます♪


「白背景+トップ画像」だけの、シンプルなオトナ向けスキンばかりです。初心者にも簡単にできる詳しい解説つき!
エキブロスキン配布中♪

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★NEWS...kinda★
★PROFILE★
★Rest in Peace★
★More to check out★
★猫アイコン製作★
Memo and such...

Click for Orange, California Forecast

無料カウンター





California Time

最新の記事
★★ブログ引っ越しのお知らせ★★
at 2012-05-13 04:18
はだかんぼ
at 2012-01-23 15:49
死の谷の奥でひっそりと動く岩
at 2012-01-07 14:56
八割れ仔ハム
at 2011-12-26 15:40
アリクイ・ベイビー...?
at 2011-10-26 16:58
モルショー初体験!
at 2011-10-14 16:47
お持ち帰り専用、ミニ・猫カレ..
at 2011-10-08 15:05
カテゴリ
全体
動物


海獣
大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
Nature
お持ち帰り用カレンダー
ART
アメリカ人って...
ライフスタイル
日常
異国文化
グルメ的 in California
小旅行
ちょっとびっくりな話
ねこマンガ
猫動画
Hamster
モルモット
Viva! めりけんらいふ
アタシ様倶楽部
Grave Hunting
家族がらみ
音楽がらみ
San Diego
仕事
Breaking News
その他
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
★猫LINKS★
★写真&MISC. LINKS★
★SKIN編集LINKS★
★Font Links★
★会員登録しています★

おサカナさん♪