★★ブログ引っ越しいたしました★★ 移転先→ A little something to say from California

<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
しょっぱい顔の初ナデナデ
えー、親バカ記事が続きますが、温かい目で見守ってやってくださいませ。^^;



我が家にやってきて早くも一週間以上がすぎた「しーちゃん」ことシド君。
最初の日と比べると、驚くほど懐いてくれたよ♪

f0027944_12122896.jpg


やっぱりオイシイもので釣るのが一番なんだよねー。
モルモットって食いしんぼだし。^^

初日はホントに緊張してたしーちゃん。
声をかけて名前を呼んでも、なんというかこちらをしっかり見てくれない。
表情も心なしか硬い感じだったんだけど...

今ではこんな顔さえも見せてくれるまでに♪
一つ前の記事に載せた写真と比べると、緊張感が違うのがわかるんじゃないかな。

f0027944_12151852.jpg


それどころか、こちらの手から食べてくれるようにもなった。
プププ...なんだかブサカワだなあ、この顔↓ (笑)

f0027944_12174987.jpg


しかも、まだちょっとビビリな感じだけど
ナデナデまでさせてくれるようになったし。

ナデナデされて気持ちいいのか、緊張のあまり固まってるのか?? 
しーちゃんの体が小さすぎて、手のひらでは撫でにくいので、指でナデナデ。^^


いや~こりゃまたブサカワ...というより、はっきりいってブサイクちゃんな顔だこと。(爆)

f0027944_12205625.jpg



赤目のアルビノってことで、なんていうかしょっぱい顔してるのよね、シド君は。(笑)

9(キュウ)ちゃんは、飼い主の贔屓目を抜きにしても
どちらかというと正統派のイケメンのような気がする。

純白の毛、真っ黒いつぶらな瞳に同色のアイラインがチャームポイントかしらん。

f0027944_1226684.jpg


10(テン)ちゃんは...地味カワイイ感じ?
ガングロなせいでパッと見どこに目があるかわからないんだけど
あら、よく見ると意外と(?)端整な顔立ちしてるじゃないの♪ というかなんというか。^^;

f0027944_12281840.jpg


うーん...お兄ちゃんたち2匹と比べると
やっぱりしーちゃんはファニーフェイスというかブサカワちゃんのような気がする。(笑)

f0027944_1222647.jpg


あ、でもそれはね、愛を込めてブサカワちゃん♪って呼んでるのよ。
うちに来てたった1週間だけど、もうすっかり「家族の一員」になっちゃったしーちゃん。
しょっぱい顔だろうとなんだろうと、私たちにとっては可愛くてしようがない。

これからもずっと楽しく仲良く一緒に暮らしていこうね、しーちゃん♪









ポチありがとでしゅ♪
しょっぱい顔でもやっぱり可愛いシド君にポチっと応援ありがとう♥










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-01-26 12:51 | モルモット
天然モヒカンのツムジ星人
ツイッターではすでに報告しちゃったんだけど...

実は...

実は...

家族が増えちゃった!!! (*^▽^*)ゞ




...ってコラ、mari_caがいい歳こいて妊娠でもしたのか?! 
などと早とちりはしないよーに!!(爆)



出会いとはホントに予期せぬときにやってくる。


で、紹介します。




シド君ですっ!!! 



f0027944_1423036.jpg


チャームポイントは、天然モヒカンと、これでもかというほど体中にあるツムジ。
ミルクティーのような甘い毛色。
そして、チェリーのシロップ漬けのような赤い目。



そうなのよ~。
まさかの3匹目。^^;
も~これで打ち止め!
これ以上は絶対に無理!


はぁ...(ため息)







このツムジ星人のモヒカンちゃんとの出会いは、行きつけのペットショップだった。
猫缶を買いにいったつもりだったのに...(10ちゃんもそうしてうちに来たような?)

ペットショップに行くとハムスターやモルモットを覗くのが趣味となっているんだけど
この日は2段になってるモルモットのコーナーの上の段には、野うさぎみたいな色のモルがいた。

そして下の段には...

なんじゃこりゃ?
f0027944_1419940.jpg


クリーム色っぽいモサモサのなんだかよくわからない小さなモノが
チョコチョコチョコチョコと元気に動き回っていた。^^;

「なんだか妙~~なルックス...(笑)」
「寝癖つきまくったって感じ?」
「宇宙から来た謎の生物というか」
「頭からお尻までモヒカンだし...(笑)」

しかも目が赤いんで(白ウサギの目が赤いことがあるのと一緒で、色素が薄い)
なんだかモルモットとはまったく別の生き物を見ているかのよう。

f0027944_16162973.jpg


モルは2匹で十分!
狭い賃貸暮らしにはもうこれ以上ケージを置く場所がないし...

そう思っていたはずだったのに!!

どういうわけかこのモヒカンのチビちゃんから目が離せなくなってしまった私たち。
ど、どうしよう...謎の生物的な見てくれも含め、こりゃどうにも可愛い...可愛すぎる。
まだハムスターよりも一回りくらい大きいだけ。
手のひらサイズだよ。





「どうする? 連れて帰る?」
「う~ん...でも、このコの値段だけじゃなくて、ケージも買わなきゃだし...
そうなると100ドル簡単に超えるし...第一いったいどこに置くのよ??」
「リビングの模様替えすればもう一つくらいケージが置けるよ」
「まあ、干草とか餌はすでにあるし...そのあたりは2匹も3匹もあんまり変わらないか...(とほほ)」
「買うなら今だよ。今ここで、欲しいって思ってるんだったら」

f0027944_16275318.jpg


私よりもJのほうが欲しそうな感じではあった。


「今ここでこれくらいお金を使ってもさ、今後このコと一緒に何年もの楽しみがやってくるんだよ♪」
(Jってば...モルモット普及委員会とかそういうところからの回し者のようだぞ)





結局、どうしてもそのまま店を出ることができなくて、家に連れてきてしまった。^^;
モルモット代35ドル+エクストララージのケージが70ドルちょっと。(Jが払ってくれた)




と、いうわけで...




ははは...増えちゃったよーん... (-∇-)

f0027944_16322222.jpg


シドと命名したのはJ。

そのツンツン頭とモヒカンっぷりがあまりにもパンクだというので
シド・ビシャスからそっくりそのまま名前を頂戴した。



でも...すでにかあちゃんは

しーちゃん♪とか呼んじゃってるし。(笑)

せっかくもらったカッコいい系の名前も一気に可愛い系になってしまった。^^;

f0027944_16373914.jpg


現在、しーちゃんはかあちゃんの寝室に隔離中。
もう少し慣れてきたら、なんとかリビング周辺にケージの置き場を確保して
寝室からこっちに引っ越してくる予定。

初日はかーなーり緊張してて、小さなダンボール箱を横にした簡易寝床から出てこなかった。
餌は食べてるらしいんだけど、ドアを開けて人間が近づいてくると、さっと箱の中に逃げちゃう。

でも...48時間経った頃には...
なんと呼びかけに対して好奇心旺盛な態度を見せるまでになってたよ♪ ^^

もともと人の手をそれほど怖がってる風でもなかったし(9ちゃんなんて最初は超ビビリだった)
結構すぐになつくかな...とは思ってたんだけど、48時間とは素晴らしい!!

f0027944_16543897.jpg


実をいうと、たったの48時間でしーちゃんがここまでリラックスしてくれたのは
9ちゃんのおかげでもあったかもしれない。^^

初日に緊張しまくってた、小さなしーちゃん。
2日目に、おしゃべり好きの9ちゃんを抱っこして、しーちゃんのケージの隣に座った。

9ちゃんは、抱っこされている間ずっとプィプィと独り言みたいに鳴いているコである。
このときも、何も知らない9ちゃんはプィプィプィ...

すると、ダンボールの簡易寝床の奥でじっとしていたしーちゃんが
箱から飛び出すように出てくると、そのままケージの中を跳ねるように走り回りだしたのだ。
ついでにプィプィプィと小さく鳴きながら。^^

モルモットは、鳴き声を交わすことで不安を軽減することもある...といわれている。
9ちゃんの声を聞いた、しーちゃん、新しい環境にもモルがいると知って、嬉しかったのかなあ♪

f0027944_1782362.jpg


9ちゃんの声を聞いてから、しーちゃんは一気にリラックスしたように見えた。

私もJも、しーちゃんに一生懸命話しかけている。
モルモットやハムスターを手懐けるには、声を使うのが一番いい。
こちらの顔を覚えさせるよりも、声を覚えてもらうのが簡単だからだ。

優しく話しかけながら、オイシイものを少々与える。
それを繰り返していけば、あっという間に信頼関係を築くことができる。^^
小さな動物が懐いてくれるというのは、やっぱり嬉しいねえ~♪





というわけで、ニューフェイスの「しーちゃん」ことシド君をよろしくね~♪



★追記★
⇒しーちゃん初動画!
 ^^


ポチありがとでしゅ♪
まだまだ赤ちゃんのしーちゃんが早く馴染んでくれますように♪ と願ってポチっと応援ありがとう♥










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-01-20 23:32 | モルモット
殺し屋(Killer)と呼ばれるクジラ
ものすご~~~~く久しぶりに、San Diegoのシーワールドに行ってきた。^^

f0027944_1463188.jpg


最後に行ったのいつだったっけ?
と思い出そうとしたのだけれど、簡単には思い出せないほど昔のことらしい。

過去の記録を見てみると...
2006年の夏、両親がこちらに遊びに来たときに行ったのが最後らしかった。

そんなに長い間ここを訪れてなかったとは、海獣好き宣言をしているくせに、自分でもびっくり!
それに、2006年の訪問が両親と一緒だとなると、Jと一緒に行ったのはそれ以前ってことか。

というわけで、久しぶりのシーワールド遊びである♪

f0027944_1481615.jpg




海獣大好きのくせに、どうして海獣だらけのシーワールドにあまり行かないのかというと...

一番の理由は、入場料が高めなのでついケチ心をおこして躊躇してしまうということ。
(現在のSan Diego Seaworldの入場料は大人69ドル×2人=1万円以上)

二番目の理由は、どうせ海獣を見るのなら野性の海獣を見るほうが興奮するから...である。
海に面したカリフォルニアでは、野生のアシカやアザラシやラッコはもちろん、
巨大なゾウアザラシの群れを見ることだって十分可能であるから、だ。

f0027944_1414882.jpg


けれど、現在シーワールドでは、一日分の入場料と同じ金額で
今年の末まで行きたい放題の年間パスを販売している。

一日で69ドルはちと高いけど、今は1月だし、今年いっぱい行き放題となるとオイシイかも...
San Diegoは車で1時間ちょっとだし、San Diego動物園の年間パスも持っているし
我が家にとっては「遠出」というほどの距離でもないし。

というわけで、これまた久しぶりに(実は過去に年間パスを購入したことアリ)
一年間行きたい放題のパスを買ってしまうことにした♪ ^^

f0027944_14564694.jpg


ここの目玉といえば、やっぱりシャチのショーであろう。

まあ、シーワールドって過去に何度も遊びに来てるし、シャチやイルカのショーも何度も見たし...
今更シャチのショーなんて見ても、そんなに興奮しないんじゃないか...と思ってたんだけど


いや~~~~~~年甲斐もなく
かーなーり胸が躍りました!!!!! (^~^;)ゞ


なんていうか、シャチってこんなに可愛かったっけ?! という感じ。


ジャンプしてる姿を見ただけでは、その大きさがあまり想像つかないかもしれないけれど
人間の大きさと比べてみるとその巨大っぷりがわかるのではないかと思う。

こーんなに大きな海獣が、まるで可愛がられて育った犬のように懐いてるんだもの。
それが可愛くなくてなんだろう!

f0027944_14262889.jpg


独特の白黒模様のせいで、よく見ないと目がどこにあるのかわからない...
というのも、彼らを必要以上に可愛く見せているような気がする。
ジャイアントパンダなんかもそうだけどね。^^

とにかく、25分のショーの間、なんだかワクワクしっぱなしだったよ。(笑)

f0027944_14284827.jpg


シーワールドなどで芸をするように仕込まれている海獣というのは
果たしてそれを楽しんでいるのか?? と考えたことがある人は少なくないと思う。

私たちも当然そういったことは考えるわけだが、ここのシャチのほとんどがシーワールド内で生まれているし、彼らにとってみればこのプールが世界であるし...まあ、嫌々やっているというわけではないのかもしれない。

スタッフによると、彼らは「シャチに芸をするようにいう」のではなく
「芸をしてくれるようにシャチに丁寧に頼んでいる」のであるらしい。

つまり、イヤだったらシャチはそういうことを拒否するかもしれないということだ。
昔のサーカスじゃあるまいし、芸をしなかったら罰を与える...というわけでもないだろうしね。

ちなみに動画も撮ってみました♪

http://www.youtube.com/watch?v=2Go-FIfOIcw




見事な芸を披露するデッカいシャチくんらにびっくり!
(いったいどうやっていろんな芸を仕込むんだ???)






でも...

ホントのこというと、たくさんの観客の前でジャンプを披露するシャチくんたちよりも
一日2回あるショーの合間に見せる顔のほうが、ちょっと好きだったりするんだよな。

彼らは、客がいないときにもスタッフと一緒に練習したりしているのだけれど ↓↓
そういうときの姿のほうが、なんだかいいな~と個人的には思ったわけ。

f0027944_14242773.jpg

f0027944_14203523.jpg


ショーが行われてない時間には、こうしてシャチくんらとコミュニケーションを図ることも可能である。
ふふふ、お客さんとのこういうふれ合い(?)は、ショーとは違ってなんだかオカシイ...^^

f0027944_1525047.jpg


こちらは...ちょっとした身体検査のようなものが行われている様子。↓↓
このシャチはメスで35歳、これまでに3度出産しているのだが、再び妊娠を期待されているので
なんと超音波検査にて、いろいろとチェックされているらしい。

ちなみに1回目のショーが始まるかなり前で、検査に立ち会っていたスタッフの一人が
興味深そうに見ている私たちにいろいろ教えてくれたのであった。^^

f0027944_156433.jpg


そういえば...
シャチのショーといえば、トレーナーの一人が一緒にプールの中に潜りシャチと共に泳いで
そのあとシャチの鼻先の上に立つようにして、ポーンと放り投げられるようにジャンプ+ダイブする...
というのが定番の芸でもあったように思うのに、そういうのはまったくなかった。

今から一年近く前、フロリダのシーワールドで、シャチのショーのトレーナーの女性が
体重5トンを超えるシャチにプールの底まで引きずりこまれ溺死するという事故があった。
(シャチはトレーナーにジャレついただけ...という説もある)

やっぱりあれ以来、この芸はなくなっちゃったのかも...
万が一を考慮して、というのもあると思うけれど
あの事故があったことで、同じような芸は観客を不安にさせるからかもしれない。

f0027944_15134932.jpg


何はともあれ、年間パスも買っちゃったことだし、
今年一年は動物園での写真や野生動物の写真に加え
シーワールドでの海獣たちの写真がブログ記事として登場するであろうと思われます。(*^o^*)


シャチイルカの仲間では最大の種であり、オスの体長は最大10m、体重は6-9tに及ぶ。
メスはひと回り小さく、全長は7-8m、体重は4-6t。
肉食性。海洋の食物連鎖の頂点に位置し、武器を使う人間を例外にすると自然界での天敵は存在しない。多くの生物を捕食することから、獰猛で貪欲な捕食者として知られているが、知能が高く利益にならない戦闘は避ける傾向もあり、食べる必要のないものを襲うことは少ない。(ウィキペディアより)



※私が大好きだったマナティの巨大水槽がシーワールドから消えていた...
スタッフに尋ねると、マナティたちは他の水族館やシーワールドに行ったのだそう。
ホントにホントに好きだったのに、がっかり~~~~!! o(;△;)o エーン






★撮影場所★
San Diego Sea World
入場料
10歳以上:$69.99
3~9歳:$61.99
2歳以下無料
今なら一日入場料と同額で年間パスが買えます。





Thank you for voting!
デッカくて可愛いくて芸達者なシャチたちにポチっと応援ありがとう♥










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-01-16 15:48 | 海獣
Don't try to rest too much in peace -あれから2年
我が家の総領猫としてそのリーダーっぷりを発揮していた「お兄ちゃん」こと
キジトラ猫のランディが腎不全で永眠してから、今日1月9日で丸2年になる。

f0027944_1224261.jpg


2年かぁ...

仔猫だったころから14年半一緒に暮らしたので
彼の一生の7分の1と同じ時間がすでに過ぎたことになる。

なんだか信じられない。
もうそんなに時間が経ってしまっただなんて。

f0027944_28248.jpg


最初の結婚をして間もないころ、仕事も車もなかった私は猫を飼いたいと思った。
あちこち仔猫を見てまわった末に我が家にやってきたのは、大きな耳のキジトラのオス。

時間だけはたっぷりあった私と24時間一緒にいたせいか
ランディとかあちゃんはあっという間に相思相愛になってしまった。
頭がよく、こちらのいいたいこともすぐに理解する、賢い仔猫。

足が長くてスタイルがよく、くっきりとしたシマ模様は彼をまるで小さなトラのように見せ
遊びに来る友人らはいつも「ランディってカッコいいよねー!!」と褒めそやす。
すでにすっかり親バカモードに入っていた私は、まるで自分のことを褒められたように嬉しかった。

みいちゃんという弟分ができると、面倒見の良い父親のように世話をしてくれ
そんな頼もしいお兄ちゃんに、小さかったみいちゃんはベッタリと甘えきっていた。

数年後、ピーチという妹分ができると、今度もランディお兄ちゃんは実にマメに世話をした。
小生意気な性格に育ったピーチではあったが、ランディお兄ちゃんにだけは頭が上がらない。

f0027944_1345987.jpg


私の魂の一部であったランディが死んだあと、ペットを亡くした誰もがそうであるように
しばらくの間は何をしていても涙がジワっと出てくるので困った。

シャワーを浴びているときや、夜、ベッドに入ってからなら別にかまわない。
(寝際に泣くと翌日目が腫上がっていて大変なのだが)

けれど、仕事中にふとランディのことを思い出して泣きそうになるのは非常にマズい。
私は仕事場にプライベートなことを持ち込まない主義だから。

死後2~3ヶ月はそんな状態だったのだが、時間の経過とともに落ち着くことができた。


今では、ランディのことを思い出して泣くことは滅多にない。
もちろん、深く思い出してしまったときは、涙がじわりと頬を伝うこともある。
でもまあ、泣くというのは一種の排泄であるからして、泣きたいときは泣けばいいのだ...
ごくたまに、ポロリと涙を流しながら、私はそう考えているわけではあるが。


ランディお兄ちゃんのことを慕いに慕っていたほかの猫たちはどうなのだろう。
ティーニーはJの連れ子ならぬ連れ猫だったので、ランディと暮らした期間は1年くらいでしかない。
けれど、みいちゃんとピーチは違う。
この2匹はお兄ちゃんが育てたようなものなのだから。

10年以上も一緒に暮らしていたのだから、完全に忘れてしまうということはないような気がする。
突然いなくなってしまったお兄ちゃんの姿を脳裏に描いたりするものなのだろうか、猫というのは。



みいちゃんは、ランディが死んでから一ヶ月くらい、鳴き続けた。

お腹が減ったときの「アーン♪」という甘え声ではなく、それは明らかに悲痛な叫びだった。
部屋の中をウロウロと歩き回ったかと思うと、「わああん、わああん」と大声で悲しそうに鳴く。
それまでに見せたこともなかったそんな鳴き方を、一日に何度も何度も繰り返すのである。
心から大好きだったお兄ちゃんの姿を、みいちゃんは必死で探していたのだと思う。

f0027944_252030.jpg


2年経った今でも、忘れることはない。
いや、10年経っても、20年経っても、いつまでもいつまでも忘れない。

トラ模様の美しい毛皮。
額を撫でることから始まって、その背中にスッと手のひらをすべらせ、尻尾の先っちょで終わる。
不思議な感触の耳。いつまでも触っていたい肉球...と、その間の袋のような隙間。
死期が迫ったころにはすでに白内障にもなっていたとは思うけれど
それでも極上の宝石のようだった真ん丸い目。

喉を鳴らす音が極端に小さかったお兄ちゃんは、こちらが耳を押し付けないとゴロゴロが聞こえない。
抱っこが大好きで、かあちゃんの肩にその小さなアゴを乗せて...が定番抱っこスタイルだった。
そうやって抱っこしたまま、音楽に合わせて踊るように部屋の中をクルクル回った。
私がトイレに入ると、自分も一緒に入るのだと主張して譲らず、
ドアをカリカリ引っ掻きながら、入れてもらえるまでニャアニャアと鳴き続けたっけねえ。

お返事猫だったので、名前を呼ぶといつもきちんと答えてくれたランディお兄ちゃん。
みいちゃんも結構答えてくれるけど、ランディには敵わないよ。^^



2年の間、私とJは以前から決めていたように
ランディの遺灰を旅先で、私たちが「美しい」と思った場所にほんの少しずつ散骨してきている。
それはホントにホントに少量ずつで...一度に撒くのは小指の爪ほどだ。
指先でつまんだ遺灰を、「バイバーイ!!!」と風に乗せて飛ばしてきた。

かなりたくさんの土地でそうしてきたため、遺灰は最初の半分くらいの量になっただろうか。
最近では、小旅行に行くときの決まり文句は「ランディ持った?」である。^^;

f0027944_325086.jpg
撮影場所:上から左⇒右
デスバレー国立公園 ・ クリスタルコブ州立公園
アンテロープバレーカリフォルニアポピー保護区州立公園 ・ モノ湖のトゥーファと呼ばれる石柱群
キングスキャニオン国立公園 ・ カリツォプレーン国定公園
ブライスキャニオン国立公園 ・ レインボーフォール@デビルズポストパイル国定公園
ジュリアファイファー州立公園 ・ ナローズ@ザイオン国立公園




今年か来年あたり、私とJは共同で週末用の車を買おうかと計画している。
これまではJのカムリであちこち行っていたのだが、やっぱりセダンでは限界があるので
そんなに高いのでなくていいから、四駆のSUVをローンで一台購入しようかというわけなのである。

安い買い物ではないので、衝動買いできるものではないけれど
これが実現すれば、週末の行動範囲も今よりかなり広がるだろう。

さらに美しいエキサイティングな場所に行き、またほんの少しランディお兄ちゃんを散骨しよう。
世間では「安らかに眠れ」なんていうけれど、ランディ、キミにそんな暇はないよ!(笑)
かあちゃんのバックパックのポケットに入って、またあちこち一緒に出かけよう。
美しい地球をとうちゃん&かあちゃんと体験し、その一部になろう。
ね、お兄ちゃん! ^^

f0027944_3314717.jpg




Thank you for voting!
優しく頼りになったイケメン猫のランディお兄ちゃんを偲んでポチっと応援ありがとう♥










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-01-10 05:01 |
サメのプールと滑り台
f0027944_13505675.jpg


クリスマスの直後、ラスベガスに行ってきた。
今回のメンバーは、J母&J姉、Jの姪のBちゃんとそのチャイニーズ彼氏のW君...と私たち。

f0027944_13524022.jpg


ラスベガスのカジノ街というのは2つのエリアに分かれている。
ベガスのカジノ街はここから始まったという、昔からあるダウンタウンと
おそらくここ20年くらいで急速に発展してきた通称『ザ・ストリップ(メイン通りのラスベガス大通りのニックネーム)』と呼ばれる比較的新しいエリア。

私とJだけでベガスに行くときは、いつもこの『ストリップ』エリア周辺に宿をとる。
夜遅くなって外を歩いても安全だし、これでもか!と金をかけて作られた成金趣味のカジノつきのホテルは、古臭いダウンタウンのカジノよりも楽しいからだ。

f0027944_16151758.jpg


けれど今回は、とにかく安いホテルに泊まりたいとBちゃんらがいいだした。

まあ、寝るだけなら別にダウンタウンのショボいホテルでもいっか...
食事したりカジノをウロウロするのはどうせストリップエリアだし...

というわけで、久しぶりにダウンタウンのホテルに宿泊することになった。

(最新のホテルだって、不満があるときはあるわけだし...
そんな経験の詳細は...⇒過去記事:『怒りのARIA』


どうせダウンタウンのホテルだし~... と、期待してなかったんだけど...
実際のところ、泊まったこのホテルはダウンタウンの中では一番いい感じではあった。

それに、ちょっと面白いプールがあったのである。

古いホテルだからプールそのものはそんなに広くないんだけど
楕円形のプールの真ん中部分になんとサメなどが泳ぐ大きな水槽が置かれているの。

f0027944_15415872.jpg


なので、プールの水につかりながら大きな魚やサメを眺めることができるようになっているわけ。

しかも... w(°0°)w w(°0°)w
この水槽のド真ん中を横切るようにして、なんとウォータースライダーが!

f0027944_15473672.jpg


スライダーをシュルシュルと滑りながら、左右にサメやら何やらが見えるとは!!
おおおおお、これはなんだか結構興奮する設定ではないか!

特に私は水族館大好きなので、こんなレアな体験はやっぱり逃したくないような気がする。



というわけで子供たちに混じってオッサンとオバちゃんは
エレベーターに乗って上階部分にあるスライダーの入り口へと向かったのです。



で、まずはワタクシから...おおおお、ちょっと緊張するわ、これ。

f0027944_1552980.jpg


はい、行きますよ~!!

と、滑り出したのではあるが...
これが実は想像以上のスピードが出ることに、スタートして3秒後に気付いてしまった私。

もっと優雅に滑るものかと思っていたら、もうどうにも誰にも止められない状態に。(汗)
声にこそ出さなかったものの、内心「あわわわわわわわわわわわわっっっ!!!!!」と叫んでいたぞ!

しかも、予想以上に激しい水しぶきが体を包み、もちろん顔にもバシャバシャ...
わ、わ、わ、これはマズイ!
実は、そんなに水しぶきがかかるとは思わなかった私は、コンタクトをしたままだったのである。

ひょえ~~~、こんなのやってコンタクト失くしたらマヌケすぎや!!
しかも、今回の小旅行に限って、いつもは持ってくる「万が一のためのもう一組のコンタクトレンズ」を持参してこなかったし、ついでにいえばメガネも持ってくるの忘れた。
ここで水流でコンタクトが流れ出ちゃったら、何も見えないままベガス旅行を続行しなければならん!!

短い間にそんなことを思った私は、とにかく両目をギュッと瞑ることしか考えられなかった。
当然ながら、滑り落ちる間には、サメもなーんにも見えてないし~。

f0027944_15563626.jpg


ざっぱーん!!!

気がつけば体はスライダーから放り出されるようにして、プールの中にいた。
もちろん、何が何でもコンタクトを守るため、両目はしっかり瞑ったまま...^^;

ああ、これと同じようなことをもうだいぶ前に経験したような気がする。
そうだ、あれは友達に誘われてジェットスキー体験したとき。
ひっくり返って海の中に放り出されたとき、コンタクトは失くせん!!と、とにかく目を瞑ったっけ。(笑)



はぁ...サメも何も見てる余裕なんてなかったし
なんだか予想とは違ったけど、とりあえず一度滑ってみたから経験値アップってことで。



そんなことを考えていると、Jがトンネルの中をシュババババと滑ってくるのが見えた。

あ、もう来た!と思うまもなく、ものすごい水しぶきとともにプールに突っ込んでくる!!


f0027944_1671160.jpg


んぎゃ~、プール中に軽い津波が...

やっぱりこういうのって体重が重いほうが重力に逆らえないのかなあ。
だって後からスルスル滑ってきた小さな子供たちは、ストン...という感じでプールに落ちるんだもの。





...ザブンと水から顔を出したJを見てビックリ。

だって、知り合ってから9年、これまでに見たことないような楽しそうな顔してたから。

そして「またやってくる!!」といい残し、ヤツはあっという間にエレベーターの中に消えていった...

f0027944_16202766.jpg


ちなみに、防水カメラを持っていたので、滑ってくるJを撮ろうと思ってたんだけど...
すんごい勢いで滑り落ちてきたので、ぜんぜん撮れんちゅーの!!

f0027944_16182485.jpg





ハイ...これまでも私とJのあちこちでのエピソードを読んできてくれた人には予想がつくと思う。



いい歳こいたオッサンであるこの人、
このスライダーを少なくとも10回は滑りました。

ヽ(  ̄д ̄;)ノ



プールの水は一応温水なんだけど、お湯ではないし、しかも屋外。
「ジャグジーで温まって、もう部屋に戻りたい」と私がいうとやっとストップしたものの
そうでなかったたら、Jのヤツ、おそらく20回は滑っていたのではないかと思われる。

でも10回だってかなりのもんだよ。
きっと周囲にいた子供たちは「あのオッサンよくやるな~」と思っていたのではないか。

そして極めつけがコレ。

滑りすぎて背中が赤くなってます。 ( ̄ε ̄;)

f0027944_16402091.jpg


ちなみに、10回も滑ったJがいうには、しっかりと目を開いていてもサメは見えなかったらしい。
とにかくスピードが速いし、なんだかよくわからないうちに水の中に放り投げられた感じだと。

ということは...私だけが何も見てなかったわけじゃなかったってことね。(笑)
そう考えるとちょっと「目を瞑ったせいで損した気分」が減ったような気がした。^^;







★過去のイラスト記事「Viva! めりけん・らいふ」は⇒こちらでどうぞ。^^






Thank you for voting!
↑いくつになっても少年の心を忘れない...というか、脳内園児のJにポチっと応援ありがとう♥















..... Ads by Excite .....
[PR]
Top▲ | by mari_CA | 2011-01-04 14:51 | Viva! めりけんらいふ
お持ち帰り専用、ミニ・猫カレンダー・2011年1月
日本から17時間遅れて無事に新年を迎えました♪
いつも遊びに来てくれるみなさま、あけましておめでとうございます。^^
f0027944_1625139.jpg


2011年かあ...(しみじみ)
思い出してみれば、私がブログなんぞを始めたのは2005年の12月のこと。
つまり、もう丸5年(!!)も続けてきたわけですね。

今と比べるとまだまだブログ人口は少なかったあの頃。
私自身も、ブログとやらにはいったいどういったことを書けばいいものやら...? 
と、なんだかよくわからないまま、短い独り言を書き連ねていたのが始まりでした。

やがてあちらこちらから当ブログに遊びに来てくれる人の数が増え...
今では毎日3桁もの人が覗きに来てくれているというのは、本当にありがたいものです。

ブログとは、誰かに見てもらって、読んでもらってナンボだと個人的には思っています。

楽しく、ときには興味深いコメントを残してくれるみなさん、
コメントはしないけれど、たまに遊びに来てるよ♪ というみなさん、
面倒くさいだろうに、ランキングのポチまでしてくださるみなさん、
本当にありがとうございます。^^

今年もまた、カメラを持ってあちこち走り回る予定です。
みなさま、またぜひお付き合いくださいませね♪





...で、1月ですからね。
やっぱりカレンダーは配布しないと...♪

(カレンダーの二次配布は厳禁。HP・ブログに貼り付けることは構いませんが、
商用目的ではなく個人で楽しむためのものに限ります)


f0027944_16445345.jpg
f0027944_16475124.jpg
f0027944_16485618.jpgf0027944_16495353.jpg


新年早々のハム暦(ごよみ)は、なつかしのシューマイちゃんです。^^
f0027944_16522558.jpg


「お持ち帰りの方法」
ウィンドウズ:
1.カレンダーの上にカーソルをおき、
2.画像の上で右クリックするとポップアップメニューが表示されるので、
3.そこから「名前をつけて画像を保存」を選択し、任意の場所に保存。

Mac:
1.カレンダーの上にカーソルをおき、
2.マウスボタンを押したままにするとポップアップメニューが表示されるので、
3.そこから「画像をディスクにダウンロード」を選択し、任意の場所に保存。






というわけで(何が?)

今年もどうぞよろしくお願いいたします♪ ^^
みなさんにとっての2011年が、良い1年でありますように♪




Thank you for voting!
↑今年もよい年でありますように♪ 世界中の戦争がなくなりますように♪ と祈ってポチっと応援ありがとう♥

















..... Ads by Excite .....
[PR]
Top▲ | by mari_CA | 2011-01-01 17:07 | お持ち帰り用カレンダー

| ページトップ |

Copyright © 2005-2010 A little something to say from California. all rights reserved.
Any use of these images on this site without permission is STRICTLY PROHIBITED.
当ブログ記事内の写真及びにイラスト(配布しているアイコンは除く)の無断複写・転載は固く禁じます。



Happy Shooting!
by mari_CA
By: TwitterButtons.com

★ごあいさつ★

 

どれか一つ↑
ポチっと応援
ありがとうございます♪


「白背景+トップ画像」だけの、シンプルなオトナ向けスキンばかりです。初心者にも簡単にできる詳しい解説つき!
エキブロスキン配布中♪

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
★NEWS...kinda★
★PROFILE★
★Rest in Peace★
★More to check out★
★猫アイコン製作★
Memo and such...

Click for Orange, California Forecast

無料カウンター





California Time

最新の記事
★★ブログ引っ越しのお知らせ★★
at 2012-05-13 04:18
はだかんぼ
at 2012-01-23 15:49
死の谷の奥でひっそりと動く岩
at 2012-01-07 14:56
八割れ仔ハム
at 2011-12-26 15:40
アリクイ・ベイビー...?
at 2011-10-26 16:58
モルショー初体験!
at 2011-10-14 16:47
お持ち帰り専用、ミニ・猫カレ..
at 2011-10-08 15:05
カテゴリ
全体
動物


海獣
大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
Nature
お持ち帰り用カレンダー
ART
アメリカ人って...
ライフスタイル
日常
異国文化
グルメ的 in California
小旅行
ちょっとびっくりな話
ねこマンガ
猫動画
Hamster
モルモット
Viva! めりけんらいふ
アタシ様倶楽部
Grave Hunting
家族がらみ
音楽がらみ
San Diego
仕事
Breaking News
その他
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
more...
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
★猫LINKS★
★写真&MISC. LINKS★
★SKIN編集LINKS★
★Font Links★
★会員登録しています★

おサカナさん♪