★★ブログ引っ越しいたしました★★ 移転先→ A little something to say from California

<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
アフリカゾウのおっぱいだゾウ
San Diego Zoo's Safari Park(旧称Wild Animal Park)では
ゾウの赤ちゃんがホントに頻繁に、それこそポコポコと生まれている。^^

えっと...2010年の8月にここを訪れたときも、まだ赤ちゃんといったチビゾウくんが2頭いたけれど...
⇒過去記事「遊び盛りの仔ゾウ兄弟

今回もまた、まだまだ生まれて間もなそうなチビちゃんがいたよ♪

f0027944_450533.jpg


ネットで探してみたら...
2010年の12月27日にここでアフリカゾウの赤ちゃんが生まれたニュースがあった。
きっとその赤ちゃんだね、このコは。^^

f0027944_5112085.jpg


2010年にこの場所で生まれた赤ちゃんゾウの数はなんと4頭。
これは、同園としても最多記録なのだそう。

一番年下のこのチビゾウくんは男の子。

お母ちゃんの周りをウロウロ、トコトコついてまわる。
とにかく可愛いのである♪

f0027944_5122580.jpg


San Diego動物園から車で40分くらい離れたところにあるこのSafari Parkは
もともとはSan Diego動物園の繁殖機関としてスタートした施設なので
いろいろな動物たちにこうして仔を産ませることに関してはベテラン中のベテラン。

だから、ゾウたちがこうしてどんどん赤ちゃんを産んでいくのも当然の結果なのかもしれない。^^

f0027944_5303094.jpg


ここ、普通の動物園と比べてとにかく広いもんな~。
ゾウたちも、まるで野生の中と同じように...とはいえないけれど
それに近い状態であちこちフラフラ歩き回ったりして、それなりにシアワセそう。
地面も、冷たく固いコンクリートじゃなくて、土だしね~。

f0027944_531497.jpg


少し大きくなった別のチビゾウくんには、いっちょまえに小さな牙が生えてきている。

f0027944_5352195.jpg


お母ちゃんの真似をして、一緒に水を飲んでるよ。^^

f0027944_536266.jpg


ゾウの鼻って、ホースみたいになってるようだけど...

鼻先を水の突っ込んで、そのままズズズズズ...と
ストローを使うみたいにを吸い込むわけじゃないんだよね。

適当な位置まで吸い込んだ水を、今度は口に流し込むわけ。

やっぱりストロー使うみたいに鼻から直接奥に流し込むように飲むってのは変なのかな。^^;

f0027944_5392569.jpg


おチビちゃんはまだお母ちゃんのおっぱい飲んでるのかな~。^^

f0027944_5454644.jpg


と、ここでふと思った。

アレ?

ゾウのおっぱいって、どこにあるの?
このチビゾウ君が鼻先を突っ込んでるのは、両前足のあたり??

これまであまり深く考えたこともなかったけれど
ゾウのおっぱいって、牛や馬などの家畜はもちろん、キリンなどもそうであるように
下腹の辺りについてるものだと思ってたら...

なんと! (゚ロ゚)





まるで人間のような位置におっぱいがついているではあーりませんか!!!



f0027944_655468.jpg



し、知らなかった~~~~!! w(゜o゜)w

これまでゾウの写真を撮ったことは何度もあったし
赤ちゃんゾウの写真もたくさん撮ったと思う。

それなのに、ゾウのおっぱいの位置をこれまでよく知らなかったというのは
自称趣味の動物写真家を名乗る私にとって、結構衝撃的なのであった。(笑)

f0027944_6101656.jpg






Thank you for voting!
チビゾウくんたちの健やかな成長を願って...ポチっと応援ありがとう♥






★撮影場所★
San Diego Zoo's Safari Park
(旧称:San Diego Wild Animal Park)
15500 San Pasqual Valley Road, Escondido, California 92027
もともとはサンディエゴ動物園の動物繁殖施設。
1800エーカーという広大な敷地で、可能な限り本来の生息環境に近い状態で動物が飼育されている。
檻の中に閉じ込められた動物とは違い、みんな活き活きと幸せそう♪
サンディエゴ動物園とは年間パスを共通しているので、パスを買うとどちらにも行き放題になる。
夏はかなり暑くなる場所にあるので、帽子など、熱射病対策を忘れないように。
⇒HP
⇒Map











.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-04-24 06:16 | 動物
モルモル・リモデル
かつて、故シューマイちゃんや故モチちゃんのハムスターハウスを改造しまくって楽しんだけど...
9(キュウ)ちゃんたちのモルケージは特に大掛かりな改造をしたことはなかった。

寝床の上にDIY屋で切ってもらった板を乗せて、その上でゴロゴロできるようにはしてあったけど
こんなの改造というまでもないしね。^^;

ところが今回、思い切ってモルケージにロフトをつけてみたのである♪

メインの部分に使用したのはコレ!
キッチンなどに取り付け可能の、ワイヤー製の簡易棚。
100円ショップに毛が生えた程度の店で見つけて購入。^^

f0027944_6373618.jpg


それを、ケーブルタイとかプルタイと呼ばれるプラスチックのコイツでケージにくっつけて...

f0027944_6412191.jpg


渡り廊下に当たる部分は、ネットで見つけて気にいったこれを使う。(1つ10ドルを3つ購入)

f0027944_6423280.jpg


これもワイヤー棚にギュッと縛り付けて...

f0027944_643521.jpg


これだけだとイマイチ頼りないので、ワイヤー板を曲げたのを隣りに置いて支えにする...っと。
ちなみにこれは、モル用のプレイサークルだったのを1枚取り外して使うことに。^^;
こういうのが6枚くっついて、プレイサークル1セットとして売られてるからね。

f0027944_6471446.jpg


作業中だというのに10(テン)ちゃんは呑気にお食事...(笑)

f0027944_6494055.jpg


ハイハイ、10ちゃん、できたよ~♪

f0027944_6512123.jpg


9ちゃん、新しいケージはどうかな?!

ところでロフト部分には、写真だとはっきり見えないかもしれないけれど
薄い透明のプラスチック板(アセテート)を取り付けてある。

最初、それはナシでもOKかな...と思ったんだけど、高さ30センチもあるのに
9ちゃんが一度ここからケージの床部分めがけてダイブしたんで...ね。^^;
手足が短くて決して運動神経がいいとはいえないモルにはちょっと危険かな...と。

f0027944_6531412.jpg


むふふ...9ちゃんたら、すでにロフト部分が気に入った模様。

f0027944_6554754.jpg
f0027944_6564728.jpg


しーちゃんのケージには、これまでハウスの上の板さえも置いてなかった。
つまりしーちゃんは常に床部分だけに暮らしていたわけで...
今回の改造はしーちゃんに取って初めての、しかも大掛かりなリモデルなのである。

f0027944_732578.jpg


最初は、ハウスの入り口から顔を出した状態でちょっと上を仰ぎ
突然にして現れた屋根の一部をクンカクンカして「何じゃこりゃ?」とでもいうような顔をしていたけれど
その上にジャンプして乗ることができると悟った後からは、もう飛び乗りも飛び降りも朝飯前!^^

あっという間にロフトへの道もマスターしたよ♪

f0027944_6595436.jpg


ハウスの屋根の上部分は、これまでも9ちゃんや10ちゃんがいっつもそこでゴロゴロしてることから
ああ、モルってそこが好きなんだなー...と思ってはいたけれど
しーちゃんとて例外ではないわけで...ハイ、このとおり♪^^

f0027944_78204.jpg


それに...あれ?と思ったのは、ケージ改造してから
しーちゃんのワイヤー部分への咬み癖が見られないこと。

しーちゃんのこの「ガジガジ」は、主に「出せ出せ~~外に出せ~」だったんだけど...
こうして常に外界が見える状態になると、そこまでヒステリックにワイヤーを咬む必要がなくなったのか?

って、まだ改造して間もないので、ホントにこの咬み咬みがなくなったとは言い切れないけど。^^;

f0027944_7264115.jpg


ま、とりあえずモルたちは改造ケージを楽しんでいるようなので、めでたしめでたし♪ 

f0027944_7334279.jpg
f0027944_734076.jpg



ポチありがとでしゅ♪
ロフト満喫のモルたちにポチっと応援ありがとう♥










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-04-18 07:35 | モルモット
奇跡の青色
子供の頃から蝶が好きだった。

実家の裏にひっそりと植えられていたサンショウの木に、キアゲハが卵を産みつける。
その幼虫を捕まえ、自室でプラスチックのケースで飼っては、蝶になるまで育てていた。

母親は「女の子なのに芋虫なんて気持ち悪い」と眉をひそめたけれど
食欲旺盛な緑色の幼虫がやがてサナギとなり、ある朝それがぱっかりと割れ美しい蝶が出てくる様子は
子供だった私にとって、胸がドキドキするほど魅力的な、小さな自然の神秘だった。

San Diego Zoo's Safari Park(旧称Wild Animal Park)では今、蝶の温室が開催されている。
これまでにも何度か行ってはいるけれど、今年はちょっと気合を入れて初日に訪れてみた。^^

f0027944_22171472.jpg


湿度の高い温室の中は...

鮮やかな蝶たちがヒラヒラと舞い、そのあまりの光景にため息が出るほど。

f0027944_22195436.jpg
f0027944_22221920.jpg
f0027944_222165.jpg


たくさんの種類の蝶がいたのだけれど、やっぱり目玉はこれ、ブルーモルフォであろう。
片方の羽が子供の手のひらほどもある、大きな大きな蝶である。

私は、モナーク(オオカバマダラ)と同じくらい、このモルフォが大好き♪

f0027944_2222174.jpg


え?

こんな地味な茶色で、まるで蛾のような模様がある蝶のどこがいいのか...って?(笑)


このモルフォ蝶、羽の外側は確かに地味な感じではあるけれど...
実は、羽の内側はこーんな見事な青色をしているのである。

f0027944_22255059.jpg


奇跡の色とも呼ばれるこの青い色は、金属的光沢を持って信じられないほどに美しい。
その美しい青い羽をチラチラさせながら飛び回る姿は、まさに飛ぶ宝石の名にふさわしい。

f0027944_22281456.jpg
f0027944_22321662.jpg


大きな大きな蝶なので、ヒラヒラ飛び回るというよりも、バサバサといったほうがいいかもしれない。
まるで紙で作ったオモチャの蝶が、ピアノ線で吊るされてあちこち羽ばたいているといった印象なのだ。

飛び回るモルフォたちの動画⇒http://www.youtube.com/watch?v=wS7Z-nD71dY

モルフォたちは、平気で人の頭や肩に止まったりする。

f0027944_2240553.jpg
f0027944_22445066.jpg


自分の身体に蝶が止まってくれるというのは、蝶好きの自尊心をくすぐる。
まるで蝶たちが、こちらが蝶好きであることを理解してくれたように勘違いできるからである。^^;

モルフォたちはそんな人間の幼稚な心境を知ってか知らずしてか
そっとこちらの身体のどこかに舞い降りてきて、ときには数分もの間、そのままじっとしているのだ。

頭の上に止まられたりすると、モルフォの重さを感じることもできる。
それはおそらくマッチ棒1本か2本程度の重さなのであるが
彼らの重さを感じることができるということさえも
蝶好きなものにとってはなんだか感動する要因の一つであるのは間違いない。(笑)

f0027944_22521422.jpg


温室の隅にはこんな風にモルフォたちが集まってたりもして...

f0027944_2256161.jpg


青い色が見えないと、モルフォだと知らない人はギョッとするかも?
かなり大きな蝶だしね...^^;

f0027944_22563568.jpg


子供の頃に育てていたキアゲハたちは、羽化直後しばらくは大人しかった。
羽が完全に乾いてもなお、そっと差し出した指先に促されるままに乗ってきて
やがて私がそれっと外に離してやるまで、手の上でじっとしていた。

蝶の温室に行くと、あの頃のキアゲハたちのことを懐かしく思い出す。^^

f0027944_2312698.jpg
f0027944_232212.jpg






Thank you for voting!
モルフォの青色に魅せられちゃったらポチっと応援ありがとう♥




★撮影場所★
San Diego Zoo's Safari Park
(旧称:San Diego Wild Animal Park)
15500 San Pasqual Valley Road, Escondido, California 92027
もともとはサンディエゴ動物園の動物繁殖施設。
1800エーカーという広大な敷地で、可能な限り本来の生息環境に近い状態で動物が飼育されている。
檻の中に閉じ込められた動物とは違い、みんな活き活きと幸せそう♪
サンディエゴ動物園とは年間パスを共通しているので、パスを買うとどちらにも行き放題になる。
夏はかなり暑くなる場所にあるので、帽子など、熱射病対策を忘れないように。
⇒HP
⇒Map











.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-04-11 23:16 | 動物
室内飼いの春
少し前に夏時間になってから、ますます日没時間が遅くなった。
冬の間は会社を出るともう真っ暗に近かったけれど、今では帰宅後も外はまだ明るい♪

暖かくなってきたので、夕方以降もバルコニーに出てまったりすることができるようになった。
文庫本片手にブランコに寝そべると、仕事の疲れも多少は癒される気がする。^^

f0027944_130506.jpg


私がそうやってバルコニーに出ると、ピーチ様が後をついてくる。
完全室内飼いの我が家では、猫たちにとってバルコニーが唯一「自然を感じられる場所」。

f0027944_1333374.jpg


この日の夕方は暑くもなく寒くもなく、なんともキモチよい。
気難しがりやのピーチ様もご機嫌の模様。

f0027944_1344736.jpg


鳥の声に耳を澄ませ、あっちをキョロキョロ、こっちをキョロキョロ。^^

f0027944_1354352.jpg
f0027944_1373589.jpg
f0027944_1392446.jpg


そういえば2年前に死んだランディお兄ちゃんはバルコニーが大好きだったっけ。
あの頃はまだ、ここに引っ越して間もなかったし、しかも冬だったからバルコニーは殺風景だった。

空っぽの植木鉢がいくつか転がるだけだったつまらないバルコニーの床。
それでもランディお兄ちゃんは、嬉しそうにゴロゴロとひっくり返っていた。^^

f0027944_13345382.jpg


あれからかあちゃん、頑張ってお花をたくさん植えたよ。
古く狭いバルコニーも、それなりに見栄えがするようになったよ。

f0027944_1314398.jpg


そんなことを考えていたら、今日は珍しくみいちゃんまでが外に出たいといってきた。^^
バルコニーには私の部屋からガラスの引き戸を開けて出られるようになっているんだけど
ガラスの向こう側に座ってこっちを見ているみいちゃんの口が、にゃ~と動くのがわかる。

はいはい、出してあげましょね~。

f0027944_13164935.jpg


表情豊かなピーチ様と比べ...みいちゃんたら、楽しんでるんだか何だかよくわからん...(笑)

f0027944_13194613.jpg


まだ暑い日々が始まる前のこの季節。

バルコニーは猫にも人にもお手軽なパラダイスとして活躍してくれるのである。

f0027944_1333130.jpg


※3匹目のティーニーは? と思った方がいるかもしれませんが、ティーニーはバルコニーには出しません。このコは歳が若いせいもあるのかもしれませんが、たとえバルコニーであっても、興奮しちゃって手に負えなくなってしまうのです。^^;興奮ついでに隣りの屋根にでもホイホイ登っていっちゃって、そのままタッタカターと走っていってしまう可能性がないとはいえないので、出さないことにしてあるのです。





Thank you for voting!
久々に登場のピーチ&みいちゃんにポチっと応援ありがとう♥










.....Ads by Excite.....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-04-07 13:44 |
お持ち帰り専用、ミニ・猫カレンダー・2011年4月
4月です。

この一ヶ月、なんだかいろいろなことが起こりすぎて、まだ悪い夢を見ているようにも感じます。
大地震と大津波から3週間。
原発の問題もまだ解決してないし...
いったい日本はどうなるのだろう、と不安に思わない人はいないでしょう。

先日砂漠の公園に遊びに行った際に、小さな可愛い花があちこちに咲いているのを見つけました。

年間降水量はほんの数センチ(今冬は悪天候のせいで降水量は平均よりも多かった)という乾いた土地では、種となってじっとそのわずかな雨を待つ植物たちがたくさん生きています。

そして、春になるとこうして小さいけれどたくましい花を咲かせるのです。

f0027944_15303170.jpg


日本も、今はとってもツライとき。
けれど、頑張って、きっと近い将来こんな砂漠の植物のように花を咲かせてくれると信じてる。



4月のカレンダー、お気に召しましたらお持ち帰りくださいませ。

(カレンダーの二次配布は厳禁。HP・ブログに貼り付けることは構いませんが、
商用目的ではなく個人で楽しむためのものに限ります)



f0027944_1555756.jpg
f0027944_15553665.jpg
f0027944_15573567.jpgf0027944_1558640.jpg


今月のネズミ暦は...我が家で一番の甘えんぼ、しーちゃんです。^^
f0027944_15594813.jpg



「お持ち帰りの方法」
ウィンドウズ:
1.カレンダーの上にカーソルをおき、
2.画像の上で右クリックするとポップアップメニューが表示されるので、
3.そこから「名前をつけて画像を保存」を選択し、任意の場所に保存。

Mac:
1.カレンダーの上にカーソルをおき、
2.マウスボタンを押したままにするとポップアップメニューが表示されるので、
3.そこから「画像をディスクにダウンロード」を選択し、任意の場所に保存。



Thank you for voting!
↑派手じゃないけど、たくましく美しい。そんな砂漠の花のような日本の復興を信じてポチっと応援ありがとう♥

















..... Ads by Excite .....
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2011-04-01 16:07 | お持ち帰り用カレンダー

| ページトップ |

Copyright © 2005-2010 A little something to say from California. all rights reserved.
Any use of these images on this site without permission is STRICTLY PROHIBITED.
当ブログ記事内の写真及びにイラスト(配布しているアイコンは除く)の無断複写・転載は固く禁じます。



Happy Shooting!
by mari_CA
By: TwitterButtons.com

★ごあいさつ★

 

どれか一つ↑
ポチっと応援
ありがとうございます♪


「白背景+トップ画像」だけの、シンプルなオトナ向けスキンばかりです。初心者にも簡単にできる詳しい解説つき!
エキブロスキン配布中♪

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
★NEWS...kinda★
★PROFILE★
★Rest in Peace★
★More to check out★
★猫アイコン製作★
Memo and such...

Click for Orange, California Forecast

無料カウンター





California Time

最新の記事
★★ブログ引っ越しのお知らせ★★
at 2012-05-13 04:18
はだかんぼ
at 2012-01-23 15:49
死の谷の奥でひっそりと動く岩
at 2012-01-07 14:56
八割れ仔ハム
at 2011-12-26 15:40
アリクイ・ベイビー...?
at 2011-10-26 16:58
モルショー初体験!
at 2011-10-14 16:47
お持ち帰り専用、ミニ・猫カレ..
at 2011-10-08 15:05
カテゴリ
全体
動物


海獣
大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
Nature
お持ち帰り用カレンダー
ART
アメリカ人って...
ライフスタイル
日常
異国文化
グルメ的 in California
小旅行
ちょっとびっくりな話
ねこマンガ
猫動画
Hamster
モルモット
Viva! めりけんらいふ
アタシ様倶楽部
Grave Hunting
家族がらみ
音楽がらみ
San Diego
仕事
Breaking News
その他
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
more...
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
★猫LINKS★
★写真&MISC. LINKS★
★SKIN編集LINKS★
★Font Links★
★会員登録しています★

おサカナさん♪