★★ブログ引っ越しいたしました★★ 移転先→ A little something to say from California

<   2008年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
雨の合間の訪問者
ここのところ雨降りの日が続いている。
冬は一応「雨季」ということだけど、いや~今年の冬はよく降るなあ...

トロピカルなイメージとは違い南カリフォルニアは実は砂漠気候なので、年間の降水量も驚くほど少なく(場所によっては年間降水量が150ミリ程度だとか)、おかげで常に水不足状態。
雨は本当に天からの恵みと思わなければいけないのだけれど...やっぱりジトジトと鬱陶しい。

今年に入ってからは、午前中はなんとか青空が広がるものの、昼ごろからだんだんと灰色の雲が顔をだし、午後から夜にかけて雨が降る...というのがパターン化している。
昼前にはこんな青い空がのぞくのだけど...
f0027944_595069.jpg

野良猫や野鳥って、雨が降っている間はどうしてるんだろ?
先日のフワフワちゃんたちはアジトがあるから雨風はしのげるとして、そうでない野良猫ってどこでどうしてるのかな?

そんなことをぼんやり考えていたとき、ランディお兄ちゃんが熱心に外を見ているのに気付く。
f0027944_5122713.jpg

なになに?と思って視線の先を追ってみると...

あ、隣の建物の屋根の上に猫が...
f0027944_5203235.jpg

あのコ、アパートの敷地内でたまに見かけるけど、屋根の上にのぼってるのは初めて見た。
モロッコで猫三昧されてるnyanmamanさんちのコービーちゃんにちょっぴり似てるかな?
f0027944_5132292.jpg

誰にでもすり寄ってくるタイプではないんだけど、このコの写真、何度か撮ったっけ。
このコは片方の耳がね、曲がってる...というか、横に寝たままなの。
夏にはノミ取り首輪してる姿も見てるから、野良猫ではないみたい。
f0027944_5143034.jpg

ランディお兄ちゃんはどうもこのコが気になるらしく、目が離せない...^^;
f0027944_5221139.jpg

もともと「よその猫好き」で「社交的」なランディ。
バルコニーのフィーダーにやってきたハチドリにも、いつもなら「カカカカカ...」とやるのに今日は無視。
長い間、このグレーのニャンコに見入ってる。
f0027944_5271485.jpg
f0027944_533309.jpg

ま、10分ほどでこの猫は屋根の上をテケテケと歩いてどこかに行っちゃったんだけど、再び現れることを期待してか、その後もランディお兄ちゃんは窓越しに外をキョロキョロしてた。^^;

そろそろ雨雲が近づいてきてるから、早いところお家に帰りなよ、灰色猫さん。



ホント、野生の動物は雨のときってどこにいるの?と思ったらポチっと♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2008-01-30 06:02 |
椅子取りゲーム
我が家の黒猫娘ティーニーのお気に入りは...

長いことずっとJの椅子だった。
f0027944_275620.jpg

暇さえあればこの椅子の上でゴロゴロ。

ところが...

最近になってライバル出現。  ↓↓↓
(それにしても最初のティーニーの一枚と比べると、みいちゃんの体の大きさがわかるというものよ... ^^;)
f0027944_2482956.jpg

暇さえあればここでまったりしているおデブ。
f0027944_2101375.jpg

で、このおデブちゃん、Jが椅子に座ろうとしても...どかない。
(ティーニーはJが椅子に座りたいそぶりを見せると自分はさっさとどいちゃう)
f0027944_2122149.jpg

何がなんでも...どかない。
f0027944_213464.jpg

意地でも...どかない。
f0027944_335661.jpg

なので最近は毎日のように

「みいちゃ~ん、どいてよ~~PC使いたいんだけど~」
「うにゅ~(イヤ~)うにゃ~(イヤ~)」
「ね~どいてよ~一日中そこにいたんでしょ~」
「ふにゃ~ん(イヤっていったらイヤ~)」
「ほらほら、こんなに椅子に毛がついちゃってもう~~」
「うにゃ~~ん(うるさ~い)」

というような会話が繰り広げられている。

最近ではJも諦めつつあり、後ろ手にみいちゃんをナデナデしながらPCに向かってたりして...
f0027944_2163725.jpg

まあ、こんな風にJと椅子との間に挟まれながら15分ほどすると、やっとみいちゃんはブツブツ文句をいいながら(ウニャウニャいう声が文句としか聞こえない)椅子を降りていくのだけれど...^^;
Jがトイレに行ったりキッチンに飲み物を取りに行ったりした隙に...さっさと椅子を奪ってる。
f0027944_2501923.jpg



「あ、椅子取られた~~!!」
「うにゃん?(だから?)」

f0027944_2212283.jpg

猫ってお気に入りの場所が数週間とか数ヵ月ごとに変わるもんだけどさ~
さて、みいちゃん...いつまでこの椅子に執着し続けることやら...^^;

ところで椅子を取られたティーニーはというと...
意外にもコダワリはそれほどなかったのか、別のお気に入りの場所でのんびり。
f0027944_236688.jpg




ここは実は何気にピーチも気に入っているらしいんだけど...
なんとなく使い方間違ってませんか?ピーチ様?? しかもスゴイ極悪人顔だし...


f0027944_2372880.jpg




ピーチ様、一歩前に出てせめて中に入りましょうよ...と思ったらポチっと♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2008-01-29 03:09 |
野鳥とリスと一緒に公園散歩
インド料理店でカレー三昧のブランチをした後、大きな池がある公園をウロウロ。
f0027944_11522540.jpg

ここには以前にも来たことがあってブログ記事にもしたのだが、いかにもアメリカらしい巨大な激甘シナモンロールを売るカフェがあり、池の周囲には数百羽のカモが人間から餌を貰い放題でヌクヌクと暮らしている呑気な場所。

カフェで鳥の餌も売ってるんだけれど、今日は持参しちゃったよ♪ ^^
カモも多いけど、白っぽいクチバシの黒い鳥はアメリカオオバン(American Coot)。
f0027944_1272513.jpg
f0027944_1295484.jpg
f0027944_1292563.jpg

おそらくアメリカのどこに行っても見かけるであろうこのリスは「ground squirrel」といって、地面に穴を掘って巣を作る。
f0027944_12121145.jpg

見た目が可愛いし人にも馴れるというので確かに人気の動物ではあるけれど、アメリカでは害獣扱いされる場合も少なくないらしい。

人間に感染する病気を持っている場合があるということで、ペストとしてネズミなどと同じように扱われる場合もあるし、地面にトンネルを掘り続けるので、家が建っている場所の地盤がガタガタになったなどという被害の話も聞いたことがある。

可愛いけれど結構困ったヤツなんだなぁ、リスって...
f0027944_1303457.jpg

f0027944_12111838.jpg

この辺りでは珍しいカナダガン(シジュウカラガン)↓の姿が。日本にも「迷鳥」として行ってしまうことがあるという渡り鳥。
f0027944_12261348.jpg

今日は一日中あまりいいお天気ではなかったけれど、雲の間からほんの少しだけ差した日の光が水面に反射していた。
マガモのオスはお尻の部分の羽毛がクルンと丸まっていて、シルエットがなんとも可愛いのだ。^^
f0027944_1226294.jpg

歩き回ってカモやリスたちと遊んでいたので、ちょうどいい腹ごなしになったぞ♪




リス可愛いのに害動物なんて残念!と思ったらポチっと♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2008-01-27 12:48 | 動物
局所麻酔持ってきてあげよっか?
(今回使用した写真と記事の内容は関係ありません ^^;)

グリーンカード(アメリカ永住権証明カード)の更新を10年ぶりにすることになり、指定された場所に出向いて写真を撮ってもらうことになった。
以前このための写真を撮ったときに、ピアスは外すようにと指示されたこともあって、今回は出かける前に家ですべてピアスを取っ払っていくことにした。
f0027944_053816.jpg

実は若気の至りでポコポコと穴を開けてしまっていた私の右耳には2つ、左耳には4つと合わせて6つもピアスの穴があるのだが...

そのうち、各耳の一番上、耳たぶではなくて耳の上部の軟骨のところにつけているピアスはボディジュエリー仕様になっていて、それがなんとなく「一度外したら自分ではもう簡単にはピアス穴に戻せないのではないか??」という感じがするのである。
f0027944_062526.jpg


ここで、ボディジュエリーのことはよく知らない...という人もいるかと思うので解説を...

f0027944_07228.jpgボディジュエリーといってもたくさんの種類があるのだが、これはcaptive bead ringと呼ばれるもので、限りなく円に近いCの字型のサージカルステンレス(医療用ステンレス)の隙間の部分に、その隙間よりもほんのわずかに直径が大きい球(両極に浅いくぼみがある)をパチンとはめ込むことにより、隙間を閉じて使うタイプである。

ちなみに私がつけているのは、C字の部分の直径は1センチ、その部分のステンレスの太さは1ミリほど。止め具になっているボールも直系2ミリほどと小さい。

穴を開けたときに、ピアス屋のお兄ちゃんにパチンとこのボールをはめ込んでもらって以来、実はなんと一度も外したことがない。 
だって一度外すと戻せなくなりそうだったし...
え?ピアスしたままちゃんと耳洗ってるから汚くはないと思うけど...^^;
f0027944_072685.jpg

で、Jにこのことを説明し、「自分でまたちゃんとピアス穴にはめて、パチンとボールを隙間に入れられるかなんか不安...」とポロっといったところ、なんとヤツはこういったのである。


「局所麻酔(local anesthesia)持ってきてあげよっか?」
(↑真剣)

......

......

......

... (は????)( ̄O ̄;)


とってもかみ合ってない妙な会話の続きは
↓をクリックで。^^;


セルフ縫合セット?!
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2008-01-26 00:27 | アメリカ人って...
フワフワちゃんと遊んだ日
最近、気になるコがいる。

それは、このコ。名前は「フワフワちゃん」 ^^
f0027944_319281.jpg

フワフワちゃん(もちろん私が勝手に名づけた)を初めて見たのは、1ヶ月前。
私が住む部屋あるアパートの棟のすぐ隣の棟に、物置と思われるスペースがあるのだが、なぜかここの横の部分には穴が開いている。
以前からここに猫たち、おそらくアパートの住人たちが飼っている猫と、ノラちゃん数匹が一緒になってここをアジトにしているらしいということは知っていたが、なんと仔猫が生まれちゃったようなのだ。

写真に写っている白×キジの猫は母親猫らしい。
すぐそばにいるキジトラはお父さん?
でも猫は、母系家族を主体にする場合が多いとも聞くので、一緒にいるから父親とは限らないような気もする。 
フワフワちゃん以外にも仔猫がいた可能性も高いと思うのだが、とりあえず現在見かけるのはこのコだけ。
f0027944_322499.jpg

私が知る限り、ここをアジトにしている猫は5~6匹。
長毛猫が1匹いるようなので、そのコがフワフワちゃんの父親かもしれないが、よくわからない。
うちのロン毛のみいちゃんの兄姉はみんな短毛だったし、純血種ではない場合、短毛の猫から長毛が生まれる可能性も十分あるからだ。

わかっているのは、おそらく生後2ヵ月半くらいと思われるフワフワちゃんが、ものすごく可愛いということ。^^
f0027944_3405377.jpg

そんなフワフワちゃんと、初めての接触に成功!
カメラ片手にジャラシ棒で頑張ったぞ!

というわけでフワフワちゃんの続きは
↓をクリックにゃ~♥


さあ来~い!フワフワちゃん!!!
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2008-01-24 04:41 |
エセ・ジャパニーズフード Vol.2
これまでに何度かブログには書いてきたが、私とJはベトナム料理の大ファンである。
新鮮な野菜たっぷりでヘルシーだし、日本円にして2,000円ちょい出せば二人ともお腹一杯になるところも嬉しい。
(高価なベトナム料理店もあるのだろうが、そういうところには行かないし...^^;)

私たちの住む近くには「リトル・サイゴン」と呼ばれるかなり大型のベトナム人街があり、このあたりのどんな小さな、見た目がショボくて地味なベトナム料理店に入っても、出される料理はすこぶる美味なのである。

昨夜もそんな「謎のベトナム料理屋」風の小さなレストラン...というより「定食屋」とか「食堂」と呼んだほうが似合う店を適当に選んで入ってみたところ、大成功!
とっても美味しくて満腹になって、料金は二人で21ドル、日本円にして約2,240円だった。^^v

この小さな食堂の周りにはベトナム人が経営する小さな店がたくさん。
そしてスーパーマーケットもあったので入ってみることにした。
いきなりスーパーの前にはこんなものがどーん...
f0027944_493997.jpg

中に入ったとはいえ、特に必要なものもなかったので、暇つぶしにウロウロ。
店員さんもお客さんもベトナム人がほとんどのようで、いきなりJのようなのが入ってくるとやたらと目立つなあ...私は東洋人だから結構溶け込んじゃうんだけどね。^^

グルグル歩き回っていると、楽しいものがたくさんあることに気がついた!
楽しいものとは...そう、ちょっと前、いやかなり前に、中国や東南アジアで売られているらしいお菓子類に、なぜか日本語の文章が書かれていて、それがまた妙~~な具合に間違っているのが面白い...ということで、そんなオカシナお菓子たちを紹介したことがあるのだが...
ここもそんな妙ちきりんな日本語が書かれたパッケージがあちこちにあったのである!
(前回のオカシナ日本語お菓子の記事はこちら

前回は面白がって買ってきちゃったのだけれど、結局食べなくて無駄になったモノも少なくなかったので、今回はコンデジ持ってたし、店内でこっそり撮影してきたぞ~。

まずはこれ。コアラのマーチのバッタもん!!^^
コアラのマーチの絵柄は可愛いと思うけど、こっちのこれは...コアラに見えんぞ。
デッサンが狂いまくりのヘタクソな絵も、ある意味とってもチャイナな感じがしてていいなあ♪
f0027944_4185653.jpg


って、まあくだらないんだけど、続きは
↓をクリックでね。^^;


トウモロコシの米のビスグシトはいかがですか?
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2008-01-23 05:15 | グルメ的 in California
冬の月
その夜も、猫は月を見上げた。
f0027944_1439513.jpg

音もなくサラサラと流れるように夜空を走る雲の亀裂からは漆黒の宇宙が見え隠れし、
巨大な氷の結晶のような月はまた今夜もそっと下界を見下ろしていた。

人間になりたいと初めて願ったのも、そんな冷たい冬の夜のことだった。
f0027944_1359322.jpg

猫よ、おまえに九つの命を与えよう。
九度生きて、九度とも人間に愛され、またその人間を心から愛することができたならば、
十度目に生まれ変わるときには、望みどおりおまえを人間にしてやろう...と、
あの晩の月は猫に約束した。
f0027944_1435359.jpg

猫はいつか人間になることを夢見て生きてきた。
そのために、生まれ変わるたびに出会う人間に愛されるよう努め、
同時に最大の愛を与えることを目標として生きてきた。
f0027944_14275749.jpg

最初に約束をした晩以来、月が猫に語りかけてくることはない。
猫である自分の生き様を天から静かに観察しているのだろうか。

その小さな顔で夜空を仰ぎ、猫は思う。

わたしはこうして努力していますよ。
お月様、わたしとの約束は覚えてらっしゃいますよね。
f0027944_2230071.jpg

その目に青白い月の光を反射させながら、猫は夜空を見上げずにはいられない。





************************************
*********************************
*****************************
**************************
**********************
******************
**************
**********
******
**




そんな自己陶酔的なお話を書いてみたくなるほど、魅力的な冬の月夜。
真ん丸に見えるけど、実際には満月には2日ほど足りない。
夜空を撮るのって、三脚を用意するのが面倒な私はあまり挑戦したことなかったのだけれど、結構面白そう。

どうやったら月が撮れるのかわからなかったので、とりあえずシャッタースピードを少しずつ変えつつ様子を見ることにした。
プロの写真家だったらこういうときに、被写体を見ただけで色々な設定を頭の中で計算できるのかもしれないけど、写真の学校に行ったわけでもなく自己流でカメラに触れてきただけだという私みたいなのは、自分で実験しながら感覚を覚えていくしかない。^^;
なのでここでこんな実験を...
f0027944_516670.jpg

ISOって何?→「デジタルカメラの基礎知識(8) ISOとはなにか?」

ちなみに私は最大300ミリのズームレンズしか持ってないので、フォトショで拡大することを想定して、72 DPIだけど最初から「3888ピクセル×2592ピクセル」とかなり大きく撮っている。
DPIが低いまま小さく撮っちゃうと、あとでデジタル的に引き伸ばしたときに、ボヤボヤしちゃうからね。
でもまだ月や夜空の撮影ってよくわからない。
せっかく新しい被写体に興味を持ったことだし、今後も色々と試してみようとは思うけど。^^


ところで、夜空写真を撮りたいと思ったきっかけは、最近お邪魔している髭彦さんの短歌&写真のブログ「雪の朝ぼくは突然歌いたくなった」でとってもキレイな夜空の写真を見かけたから。
木々のシルエットの後ろに月が光る一枚に魅せられて、
ああ、私も月とか夜空を撮ってみた~い...と思ったのである。^^
f0027944_1437425.jpg

月と地球の距離は約38万キロといわれている。
(実際には約25日周期で+-2万キロ変化しているとか)
38万キロの距離を越えて、カメラのレンズにその姿を映しこんでくれるというのはなんだか不思議。

それにしても月写真のポラロイド風加工って、自分でやっておきながら、変だと思う。
ポラロイド写真ってそのリリカルさが好きなんだけど、月の撮影はちょっと無理だろうし。^^;

古代より人間と密接な関係を築いてきたお月様。
冬の月は秋の月と比べてじっくり見上げられることが少ないかもしれないけれど、寒空に浮かんだその姿は、ヒンヤリとした光を放っていてなかなか美しいものである。
あ、最初の1枚はもちろん合成ね。^^
f0027944_2149459.jpg

ちなみに今月は22日の火曜日が満月だそう。
西暦5000年までの月の満ち欠けチャートはこちら→月齢カレンダー(日本語)




22日の満月をちょっとだけ見てみたくなったらポチっとね♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2008-01-22 00:48 |
好きな写真で作るカレンダー
先日、みけねこひめさんちで「アタシ様倶楽部」の会員でもある「ひめ」ちゃんが可愛い切手風のアートになっていました。
オモシロそうだったので、さっそく真似っこ♪ ^^

一枚一枚の大きさは80×92と小さいです。
f0027944_314155.jpg

一枚一枚写真をPCからアップロードして作るのですが、連続して12枚作ると「最近の12枚入りシート」としてこんな風にまとまってトップページ上にしばし表示されるようです。
(同時に他の人が誰も使ってなかったら...だと思うけど)
f0027944_301794.jpg

切手風加工が簡単にできるサイトはこちら↓ 日本語サイトです。
Make STAMPS!

写真を選ぶときには、顔が左上に近い場所にあるものを選ぶといいかも...
というのは、左下の角にあるみいちゃん、顔の上にババーン!とスタンプを押されていて、なんだか顔にパンチを受けてぶっ倒れたような姿になっているので...
あ、右上すみっこのピーチ様もなんだか鼻血風...?

そういえばフォトショップ用に、アメリカの切手風のアートに加工できるアクションファイルをダウンロードをして使ってみたこともあったけれど...

コレ↓
f0027944_3175749.jpg

でもきっとこういうのもネット上で簡単にできるサイトってあるんだろうな~と思って探してみたら...
ありました。^^

bighugelabs.comという写真加工お遊びサイトの中の「Framer」というセクションがそれ。
作ってみたのはこんな切手と...そのほかにもいくつかの種類の加工ができて結構オモシロイです。
でもこれ、サイズがデカいな~。切手というより切手風ポストカードのノリ。
(ブログに乗せるためにこれでも一回り小さくしてあります)
↑で紹介した日本語のサイトのほうが、昔風の可愛い切手ができるよね。
f0027944_3263573.jpg

でも、ここでは切手以外の加工もできて楽しいかな。
これはやっぱりかなり大きいけどポラロイド風。
f0027944_3283527.jpg

↓USA切手やポラロイド加工ができるサイトはこちら。↓
BIGHUGELabs Framer

英語のサイトなので、必要な方は↓の説明書きを参考にどうぞ。でも操作はとても簡単です。
f0027944_3292641.jpg


そしてこのBIGHUGELabsには結構オイシイと思われる加工がありました。
なんと、好きな写真をPCからアップロードしてカレンダーを作るというモノ。
これは、小さな子供やペットがいる人にはかなり嬉しいかもね。^^
f0027944_1532711.jpg
↑ブログに載せるために大きさは調整してあります。↓
f0027944_1544190.jpg


まあ、そんなに凝ったものが作れるわけでもないのですが、無料であっという間にできるのはなかなかいいかな。月別に1枚1枚作れます。

↓カレンダー加工のページはこちら。↓
BIGHUGELabs Calendar


一応日本語の補助説明書きを載せておきます。^^
f0027944_3391472.jpg


このBIGHUGELabsって英語サイトだけど、なかなか面白い加工が無料でできるので、英語サイト慣れしている人は、トップページを覗いてみるのも楽しいかもしれません。
BIGHUGELabs



ありそうでなかったカレンダー加工は結構オイシイかも...と思ったらポチっと♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2008-01-20 03:52 | ART
外出禁止令
少し前、私たちが現在住んでいるアパートのオーナーが変わった。
f0027944_4375922.jpg

オーナーといっても400戸もある大型アパートのことだから、個人の買い物というわけではなかったのだろうが、ともかく誰かに、いやどこかのグループに買収されたのである。
で、オーナーチェンジに伴って、アパート内の細かなルールが少々変わったのだが、
その中の一つが

「ペットの猫は外に出さないこと」

であった。

しかも「1月15日以降アパートの敷地内で見かけた猫は、即シェルターに連絡して捕獲に来てもらいます」
と、そんな添え書きまでしてある。
f0027944_4271489.jpg

何それ、本気で言ってるの?
それともただの脅し?

ちなみに理由は...おそらく糞害だと思われる。
ここのアパートは今時珍しくかなりの大型犬を飼っている人も入居OKなのだが、以前から敷地内を散歩させる飼い主の中に犬の糞をきちんと始末しない人がいること、そして外出自由の猫があちこちで用足しをすることが問題になっていたのである。
f0027944_429497.jpg

まあ、我が家の猫は私たちの方針で完全室内飼いなので、
こんな警告が出されても別に心配することもないのだけれど...

私が知る限り、つまり定期的に敷地内で見かける、このアパート内で飼われている外出自由の猫の数は...10匹程度。
けれどそれは私たちの部屋の周辺で見かけるコだけなので、敷地の広さも考えるとおそらくもっともっといるはず。

それまで自由に外に出ていた猫たちって、果たして家の中の生活で満足するのだろうか?
というか、それまで外出自由だった猫を、そんなに簡単に完全室内飼いにできるものだろうか??
f0027944_436395.jpg

そして1月15日は過ぎた。
アパートの敷地内で遊んでいた数匹の猫たちは、外に出られないまま家の中でイライラしていてるのかなあ...

...と、余計な心配していたというのに...
f0027944_5115635.jpg

まだ外をウロウロしている猫の姿を多く見かけるのである。
それも、まだアパートの管理オフィスが営業時間中の昼間に。

彼らが野良猫ではないのは明らか。
毛並みもとてもキレイだし、やたらと人懐っこく、体型もポッテリ気味のコが多い。
ここの敷地の外から遊びに来ている猫もいるのだろうが、やっぱりそのほとんどがこのアパートの住人に飼われている猫だろう。
f0027944_5122431.jpg

私だったら、もし仮に単なる脅しだとしてもあんな警告を受けた後は、怖くて我が子同様の猫たちを外に出しておくことなんてできないと思うんだけどなあ...

あんなのどうせ口ばっかでしょ?...とでも思ってるのか?
f0027944_5133234.jpg

私は他人の家の猫の飼い方について何かいうつもりはないし、
私自身の飼い方を押し付けるつもりもない。
だから、あんな警告があった後にまだ猫を外出させる人たちに個人的に何かいうつもりもない。

でも...大丈夫なんだろうか???^^;
よそのコなのに心配しちゃうよなあ...
(まあ、室内飼いにしようとしたものの、出せ~出せ~と大騒ぎしたため、リスクを背負っても仕方なしに出した...という可能性もあるけれど)
f0027944_5135054.jpg

「捕獲してシェルター送り」なんて本気でいってないといいけれど、
でも万が一...ってこともあるし、外に出ているコたち、気をつけてね。



こんな警告の後に外に出すってのはやっぱり怖いなあ...と思ったらポチっと♥
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2008-01-18 06:34 |
鳥の話
「数撃ちゃ当たる」方式をモットーにしている私の場合、とにかく外付けHDDの中に放り込まれたまま...という写真の数がとんでもなく多い。

なのでときどきはそんな写真たちの救済処置を...というわけで、本日は去年の秋に訪れた砂漠の動物園「The Living Desert」で見かけた鳥たちの話などを...^^

f0027944_429789.jpg
動物園内で見かける、
来園者が二重のドアを通って
中に入れるようになっている
鳥専門の大きな檻のことを
「Aviary(アヴァイアリー)」
という。

Aviaryのいいところは、
目の前に針金や鉄棒といった
障害物ナシに
鳥たちを見られるところで、
これは写真を撮りたいものに
とってはとても嬉しい。

数十種類の小さな鳥が自由に
飼育されている場合もあれば、
猛禽を含む大型の鳥、数種が
一つのAviaryの中で一緒に
暮らしている場合もある。
(餌をしっかりもらっていれば
猛禽といえどむやみに
他の鳥を襲ったりは
しないのか?)


f0027944_432419.jpg


で、なぜかここのAviaryには
カラスまでもがいた。

日本ではカラスといえば
害鳥の代表のような扱い...
いや、実際に害鳥なのだろう。

南カリフォルニアで
こうしたカラスは
ときおり見かけることもあるものの、
日本ほどは目にしない。

とはいえやっぱり野鳥として
「人気もの」というわけではない。
けれどこうして
Aviaryの中で見かけると、
なんだかキレイな鳥のようにも
見えるから不思議。


Aviary以外にも鳥が飼われている檻はたくさんあった。
これは...普通にあちこちで見られるBlue Jay(アオカケス)だと思うのだけれど、数羽いる中のこの個体だけ、なぜか不自然なまでに人間のそばに寄ってくる。
ひょっとしたら以前はペットとして飼われていたのかも。
f0027944_522185.jpg

このカケスになんだかやたらと興味を示すJ。
「もう~、先に行くよ~!」という私を無視してかそれとも聞こえてないのか、
いつまでもいつまでも構っている。
(カケスにボソボソと話しかける30代後半のオトコというのも結構ヤバイものがあると思うのだが...)
f0027944_5422932.jpg

...で、可愛いくなっちゃってつい手を出したら、そのクチバシで指先を突付かれたらしい。
「イテテッ!!!!」



(...アホか...)


のんびり、まったり、鳥のお話の続きは
↓をクリックしてね。


哀愁のハゲワシ
[PR]
Top▲ | by mari_ca | 2008-01-17 04:14 |

| ページトップ |

Copyright © 2005-2010 A little something to say from California. all rights reserved.
Any use of these images on this site without permission is STRICTLY PROHIBITED.
当ブログ記事内の写真及びにイラスト(配布しているアイコンは除く)の無断複写・転載は固く禁じます。


By: TwitterButtons.com

★ごあいさつ★

 

どれか一つ↑
ポチっと応援
ありがとうございます♪


「白背景+トップ画像」だけの、シンプルなオトナ向けスキンばかりです。初心者にも簡単にできる詳しい解説つき!
エキブロスキン配布中♪

★NEWS...kinda★
★PROFILE★
★Rest in Peace★
★More to check out★
★猫アイコン製作★
Memo and such...

Click for Orange, California Forecast

無料カウンター





California Time

最新の記事
★★ブログ引っ越しのお知らせ★★
at 2012-05-13 04:18
はだかんぼ
at 2012-01-23 15:49
死の谷の奥でひっそりと動く岩
at 2012-01-07 14:56
八割れ仔ハム
at 2011-12-26 15:40
アリクイ・ベイビー...?
at 2011-10-26 16:58
モルショー初体験!
at 2011-10-14 16:47
お持ち帰り専用、ミニ・猫カレ..
at 2011-10-08 15:05
カテゴリ
全体
動物


海獣
大型ネコ(トラ・ヒョウなど)
Nature
お持ち帰り用カレンダー
ART
アメリカ人って...
ライフスタイル
日常
異国文化
グルメ的 in California
小旅行
ちょっとびっくりな話
ねこマンガ
猫動画
Hamster
モルモット
Viva! めりけんらいふ
アタシ様倶楽部
Grave Hunting
家族がらみ
音楽がらみ
San Diego
仕事
Breaking News
その他
未分類
以前の記事
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
★猫LINKS★
★写真&MISC. LINKS★
★SKIN編集LINKS★
★Font Links★
★会員登録しています★

おサカナさん♪